クリミアと「幻のユダヤ人の国」♥

    100315_16.jpg
    マサンドラ・ワイン
    ウクライナワインは、長い伝統により充分に確立されている。ウクライナ産のいくつかのワイン銘柄は、隣国や欧州連合および北アメリカに輸出される。現在のウクライナに存在するワイン文化は、既に紀元前4世紀のクリミア南岸にあった。ブドウ圧搾機とアンフォラがその時期に作られた。一方でウクライナ北部(キエフとチェルニーヒウ周辺)のワインブドウ栽培は11世紀に修道士により始まった。エカチェリーナ2世(1729年 - 1796年)の治世にあった1783年に、クリミアはロシア帝国の一部になった。ミハイル・ボロンツォフ(en:Mikhail Vorontsov)伯爵は、最初のワインブドウ園を1820年ヤルタ近郊で始め、大規模ワイナリーを建設した。ブドウ栽培研究機関のマガラッチ(en:Magarach)は、その後1828年に設立された。有名な発泡性ワインの創始者はレフ・ゴリツイン(en:Lev Golitsyn)王子である。王子は、クリミア戦争(1854年から1856年)後にヤルタ近郊の所有地ノーヴィ・スヴェット(en:Novyi Svet)で、「ロシアのシャンパーニュ」を初めて製造した。後に、最後のロシア皇帝ニコライ2世(1868年 - 1918年)の治世下、現在マッサンドラ(en:Massandra)にある国営ワイナリーは設立された。ソビエト連邦の時代、2,500km²のウクライナはソビエト連邦最大のワイン供給国であった。1986年、およそ800km²のワインブドウ園が破壊されるという惨事が起き、それはミハイル・ゴルバチョフがソビエト連邦のアルコール消費制限キャンペーンを開始した当時であった。2000年以降、ワインの生産だけでなく輸出も急速に増加している。

    ukuraina tidu
    ウクライナ周辺図

    ウクライナ地図
    ウクライナ地図

    ・・・かつてクリミアにはハザール系ユダヤ人が住んでいた・・・


     ロシア人にとってクリミア半島は特別の思いが交差する領土なのです。

    クリミア半島は、ロシア帝国時代のロシアが第一次露土戦争に勝利して

    1783年にロシアに編入された土地で、

    その後、トルコイギリスなどとの2度にわたる死闘を通じて

    守り通した貴重な領土だったのです。

    軍港セバストポリには、露土戦争の強大なジオラマが観光名所の一つになっています。

    ウクライナ人でさえ、クリミア半島をめぐる戦いに自らの歴史のアイデンティティを感じているのです…

    Sevastopol004.jpg
    セヴァストポリ港

    クリミアをめぐる歴史はソ連時代にさらに複雑さを加えました…

    1944年ナチスドイツとの戦争の最中、

    反ファシスト・ユダヤ委員会…など【ユダヤ系ロシア人】たちが、

    【クリミア半島をユダヤ人の自治共和国にする】よう

    スターリン共産党書記長(首相)に訴えたのです。

    温暖なクリミア半島…は、

    ユダヤ人の故郷であるパレスチナの【カナンの地】

    乳と蜜の流れる豊かな地、とイメージされていたのです。

    たしかに、緑に覆われたクリミアでは、ブドウが取れ

    世界的にも有名なマサンドラ・ワインの産地でもあります。

    このクリミアの地を、

    ソ連国内の少数民族であるユダヤ人の居住区にしようとしたのです。

    …この訴えはソ連の最高意志決定機関である共産党政治局において議論されました…が、

    スターリンはこの提案を拒否しました。

    …なぜスターリンが拒否したのかについては、この提案の背後に【アメリカのシオニスト】の影響
    見たのが原因であるとして…フルシチョフは回想しています。

    この構想挫折後1948年

    パレスチナの地【ユダヤ人国家イスラエルが誕生】しました

    そのイスラエルは現在もガザ侵攻に見られるように

    パレスチナ人との間で軍事衝突を繰り返しています。

    USSR_Republics_Numbered_Alphabetically.png
    ソ連崩壊により成立した国々
    1.アルメニア、2.アゼルバイジャン、3.ベラルーシ、4.エストニア、5.グルジア、6.カザフスタン、7.キルギス、8.ラトビア、9.リトアニア、10.モルドバ、11.ロシア、12.タジキスタン、13.トルクメニスタン、14.ウクライナ、15.ウズベキスタン

    クリミアに「ユダヤ人の国」を造ろうとして、それが駄目になってから、イスラエルが建国されたのですね♥

    世界を操る支配者の正体世界を操る支配者の正体
    (2014/10/17)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日露関係
    Published on: Thu,  30 2014 01:16
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment