クリミアに住んでいた「ユダヤ人」♥

    Sarkel.jpg
    ハザール帝国の遺跡(サルケル遺跡Sarkel、830年代に建設。写真は1930年代のもの)

    ハザール(突厥文字:Old Turkic letter R1.svgOld Turkic letter A.svgOld Turkic letter Z.svgOld Turkic letter A.svgOld Turkic letter G2.svg、英: Khazar、ヘブライ文字:הכוזרים)は、7世紀から10世紀にかけてカスピ海の北からコーカサス、黒海沿いに栄えた遊牧民族およびその国家。支配者層はテュルク系民族と推測されている。交易活動を通じて繁栄した。
    7世紀の中ごろ、西突厥の衰退と共にハザールはその後継国家ハザール・カガン国を形成し、独立を果たす。一方、南ロシアのステップでは、オノグル・ブルガールの部族連合「古き大ブルガリア」が成立した(635年)。アラブ・ハザール戦争(英語版)(642年 - 799年)が始まる。ハザールが西進すると古き大ブルガリアは崩壊し(653年)、一部はハザールにとりこまれ(黒ブルガール)、残りは各地に散らばってヴォルガ・ブルガール,ドナウ・ブルガールを形成した。

    Chasaren.jpg
    ハザール・カガン国の版図(650年頃が赤、750年頃が橙、850年頃が薄い橙)


     昨年11月に始まったウクライナ国内の政争が、

    今日世界を巻き込む深刻な事態に至った直接のきっかけは、

    2014年3月18日にロシアがウクライナ領クリミア半島の住民投票の結果を受け入れ

    ロシア領としたことでした。

    これに【アメリカが激しく反発】し、

    EU(欧州連合)我が国巻き込んで

    【アメリカ主導の対露経済制裁】が始まりました

    ukuraina tidu
    ウクライナ周辺図

    …黒海に突き出たクリミア半島は、過去幾多の国々の興亡の歴史を見てきました。

    紀元前7世紀頃にはスキタイ人が住んでおり、その後古代ギリシャ人が入植し、

    ケルソネソスなどの植民都市を築きました。

    その後、さまざまな民族が侵入しましたが、

    特筆すべきは13世紀に【蒙古民族のタタール人】が侵入して、

    やがて【クリム汗国】を建設…ソ連時代にはクリミアのタタール人たちは

    スターリンによって強制的にウズベキスタンに移住させられますが、

    その後帰還していまでも居住しています。

    ウクライナ地図
    ウクライナ地図

     もう一つの特筆すべきことは、9世紀頃からカスピ海の西岸周辺に栄えた【ハザール王国】が

    一時期クリミア半島を支配下に置いていたことです。

    このハザール王国については現在に致る歴史論争の一つになっています。

    その理由は、ハザール王国

    【ユダヤ教】を信奉する改宗ユダヤ人の国で…

    ユダヤ人の定義はユダヤ教徒であることですから、

    ハザール人はユダヤ人ということになります。

    このハザール人の末裔がいわゆる【アシュケナージ・ユダヤ人】であるか否かが、

    大きな争点となっているのです。それは当然です。

    もし、アシュケナージ・ユダヤ人がハザール人であるなら

    【現在のユダヤ社会における支配勢力であるアシュケナージ・ユダヤ人】は、【セム族】ではないことになります

    (※中東のヘブライ起源のユダヤ人はセム族。つまりユダヤ社会で多数派のアシュケナージ・ユダヤ人非セム族であるなら、純粋なヘブライ由来ユダヤ人ではないことになる。)

    これが事実であれば世界史がひっくり返るくらいの大事件なのです…

    かつて【クリミアにはハザール系ユダヤ人が住んでいた】ということを

    覚えておいて欲しいと思います。

    ukrainedemo.jpg

    cf4c78c0.jpg

    BhAsP7MCUAACK-h_jpg large

    USSR_Republics_Numbered_Alphabetically.png
    ソ連崩壊により成立した国々
    1.アルメニア、2.アゼルバイジャン、3.ベラルーシ、4.エストニア、5.グルジア、6.カザフスタン、7.キルギス、8.ラトビア、9.リトアニア、10.モルドバ、11.ロシア、12.タジキスタン、13.トルクメニスタン、14.ウクライナ、15.ウズベキスタン

    かつて、クリミアには、ユダヤ人が住んでいたんですね♥

    世界を操る支配者の正体世界を操る支配者の正体
    (2014/10/17)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日露関係
    Published on: Wed,  29 2014 05:02
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment