頭の悪い日本語 「ダメ出し」♥

    unnamed.png


    日本の新聞・テレビ・出版界の無知、無能。あなたも、その影響を受けている?

    ダメ (囲碁)
    ダメは、囲碁用語のひとつ。下記のように「打つ価値のない場所」という意味と、「石の呼吸点」という両方の意味で用いられる。日常語で「してはいけない」「価値がない」の意の「ダメ」は、囲碁用語から転じたものといわれる。漢字では「駄目」と書くが、多くの場合カタカナで表記する。
    (価値のない場所)
    囲碁の終局時に、どちらの陣地でもない領域のことをいう。終局前にここへ打ったとしても、1目の価値をも有していない点。例えば下のような終局図があった場合、aの点が「ダメ」となる。終局の際、このダメを交互に埋めることとなる。かつて日本ルールでは、終局を確認した後に交互にダメを詰めてから整地していた。この作業を「駄目を押す」といい、とどめを刺す意味の駄目押しの語源となっている

    dame.png

    【ダメ出し】
     これはもろに誤用されており、…本来の意味は囲碁における「駄目」であり、

    もはや勝負に関係のない石を置くことである

    810a7d3e-s.jpg
    日本テレビ「ニノさん」

    「ダメ出し」は、そこから派生した演劇などの用語で、

    演出家が本番前に

    念を入れて俳優の演技についての注意をおこなうことである

    つまりなくてもいいのだが

    念のために言うという意味もあるし、

    最後の最後に注意しておくという意味でもある。



    それが、「ダメだと言う」の意味に誤解されて誤用されるようになり

    「朝日新聞」朝刊連載の『ののちゃん』でも誤用されていた

    例文)

    演出家は最終げいこで主役にくり返しダメ出しをした。


    これは、良く耳にしますね~♥

    頭の悪い日本語 (新潮新書)頭の悪い日本語 (新潮新書)
    (2014/04/17)
    小谷野 敦

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本語
    Published on: Tue,  21 2014 21:35
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment