朝鮮人は、奴隷の様な状況で、百貨店にお買い物♥

    Minakai_Dept__store_of_Hsinking.jpg
    三中井百貨店(みなかいひゃっかてん)は、20世紀前半の朝鮮および満州に店舗を展開していた日本人経営の百貨店。京城では丁子屋・平田・三越・和信と合わせて五大百貨店と呼ばれていた。
    中江勝次郎(1872年 - 1944年)が、滋賀県神崎郡南五個荘村金堂(現・東近江市五個荘金堂町)で三中井呉服店を創業したのが始まり。1905年に大韓帝国に渡り、大邱の西門市場付近に久次郎(西村)・富十郎・準五郎の兄弟4人で三中井商店を設立した。勝次郎の才覚で店舗を次々に出店し、朝鮮・満州地区に店舗(大邱・平壌・釜山・元山・晋州・大田・群山・木浦・興南・光州・新京など18店舗)を持つ百貨店チェーンを一代で創り上げた。当時の店舗はテナント方式を採用せず、全フロアを自社で経営していた。1921年には株式会社に改め、資本金も100万円に増資した。1924年に、勝次郎はアメリカ合衆国を視察した。北米の各地を巡り、人々の豊かな生活や近代的高層ビル、街を走る自動車などの近代都市の光景に感動し、シアーズ・ローバック(現・シアーズ)などの大手百貨店に関心を持った。京城府に戻った勝次郎は、その販売手法を参考に経営を改革し、1933年に三中井百貨店と改称した。日本にも店舗を持ち、一時期は当時最大であった三越の売上を超えていた

    『 …欧米列強の植民地政策とその実体を瞥見(べっけん)することは、

    果たして朝鮮系の人々が主張するように

    「朝鮮人は史上最も残虐だったとして知られる日本の植民地支配の下で生きた」か否かを検証する上で有効であろう。

    無題ahoahoahoahoaho

    植民地における圧制の比較

    当時の植民地統治の実態を調査してみると、

    強制労働経済的搾取、反抗的な分子が居住する村々の焼き討ち等に加えて、

    住民の強制移住あるいは隔離などが

    各地で行われていたことが明らかになる。

    o0481032002f974a34dd9f416d3817198adf57c62.jpg

    『 日本が朝鮮で行った最大の投資は、広範な鉄道網の構築だった。

    朝鮮総督府は常に資金面で窮乏しており、負債はかさむ一方だった。

    …総督府予算の財源は大半が借金で賄われた

    …ある日本人の学者はこう評している。

    朝鮮の福祉は本国の日本人の犠牲の上に成り立っているようなものだ」』

    幻の三中井百貨店―朝鮮を席巻した近江商人・百貨店王の興亡幻の三中井百貨店―朝鮮を席巻した近江商人・百貨店王の興亡
    (2004/03)
    林 広茂

    商品詳細を見る


    『 日本はまた朝鮮の産業開発に巨額の投資を行っている。

    …1938年には210万人の朝鮮人が近代産業の何らかの部門で碌(ろく)を食(は)んでいたことになる。

    …1930年代に百貨店が人気を博すようになると、朝鮮に消費主義が拡大していった。

    この現象は日本統治下で朝鮮人は「非人道的な、奴隷のような労働条件下」で生活していたとする…主張

    嘘であることを示している

    …ある推定では、朝鮮の百貨店の買い物客の6割から7割までが朝鮮人だったとされている。

    都市部に住む朝鮮人可処分所得があり

    近代的生活を営んでいたことを理解する上で重要である。』

    European_empires-s.jpg
    青色⇒白人の植民地 水色⇒白人の支配地域

    朝鮮人は、日本の統治下で、とっても楽しく暮らしていたんですね♥

    「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945
    (2013/08/23)
    ジョージ アキタ、ブランドン パーマー 他

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日朝関係
    Published on: Sat,  25 2014 02:24
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment