石油の次に貿易規模が大きい「可否」の物語♥

    A_small_cup_of_coffee.jpg
    コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場はアルコールや茶には遅れるが、世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料であり、家庭や飲食店、職場などで飲用され、また、コーヒーの専門ショップも多数存在する。また、抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」と当て字されている。石油に次いで貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。「コーヒー」はアラビア語でコーヒーを意味するカフワ (アラビア語: قهوة‎ ; qahwa) が転訛したものである。元々ワインを意味していたカフワの語が、ワインに似た覚醒作用のあるコーヒーに充てられたのがその語源である。一説にはエチオピアにあったコーヒーの産地カッファ (Kaffa) がアラビア語に取り入れられたものとも。日本では漢字で「珈琲」のほか「可否」「架非」「加非」「咖啡」などの字もあてられてきた。

    Coffee_Bean.png
    コーヒーの果実と種子(コーヒー豆)の構造

    『 …欧米列強の植民地政策とその実体を瞥見(べっけん)することは、

    果たして朝鮮系の人々が主張するように

    「朝鮮人は史上最も残虐だったとして知られる日本の植民地支配の下で生きた」か否かを検証する上で有効であろう。

    無題ahoahoahoahoaho

    植民地における圧制の比較

    当時の植民地統治の実態を調査してみると、

    強制労働経済的搾取、反抗的な分子が居住する村々の焼き討ち等に加えて、

    住民の強制移住あるいは隔離などが

    各地で行われていたことが明らかになる。

    o0481032002f974a34dd9f416d3817198adf57c62.jpg

    『 フランスもドイツもポルトガルもイギリスも

    アフリカの植民地で同じような強制労働を課している

    ヨーロッパの植民地当局は現金による納税を要求したから、

    アフリカの人々は否応なく賃金労働に従事することになった。

    これらアフリカ人の多くは実際には

    宗主国または民間投資家が管理する奴隷であった

    WorldCoffeeMap.png
    世界のコーヒー生産地と豆の名称

    例えばフランスの場合、マダガスカルでコーヒーを栽培・収穫するために

    発足した組織的な強制労働システムは、第二次大戦後まで続いていた

    また、ポルトガルの強制労働システムの下では、

    アンゴラで三十万人以上の現地人が命を落としている。』

    European_empires-s.jpg
    青色⇒白人の植民地 水色⇒白人の支配地域

    学校の先生たちは、こんな風に白人がやってきたことを、「日本」もやったんだって妄想しているから恐ろしいですね♥

    「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945
    (2013/08/23)
    ジョージ アキタ、ブランドン パーマー 他

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日朝関係
    Published on: Thu,  23 2014 14:42
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment