黒い十人の女 (支那の場合)♥

    41M0IMP-8eL.jpg
    『黒い十人の女』(くろいじゅうにんのおんな)は、1961年に公開された日本映画
    和田夏十のオリジナル脚本、監督は市川崑。製作・配給は大映(東京撮影所)。1997年にはリバイバル再上映され、2002年9月21日には市川によるテレビドラマ(単発)としてセルフリメイクされた。2011年には劇団ナイロン100℃により舞台作品として上演された。
    テレビプロデューサーの風松吉は、美しい妻・双葉がいながら、多くの女と浮気していた。愛人たちはお互いの存在をそれとなく知っており、松吉が浮気者であるという事も重々承知しているものの、なぜか松吉から離れられないでいた。しかし、気の小さい松吉は、愛人たちが自分を殺そうとしていると思いこみはじめ、妻に相談する。

    黒い十人の女 [DVD]黒い十人の女 [DVD]
    (2012/11/16)
    船越英二、山本富士子 他

    商品詳細を見る


    thumb5.jpg

    長野朗(ながのあきら)

    戦前を代表する秀れた【シナ通、中国通】で…

    GHQに焚書された本は18冊もあり…

    没収された本の多い著者としては3番目にランクされる人物です。

    …1975年までご存命でしたから、戦後も中国共産党に関する本を出しておられます。

    洞察力も鋭いしシナという国に愛情を持ちつつも

    知的に冷徹に【この民族の本性を見抜いて】います

    しかも、扱う事象の幅が広い

    14383.jpg

    『 支那人が非常に権謀に富む性格を造り出されたのも、

    一つは【家庭の関係】からである

    支那の家庭は【門戸閉鎖的】で外面には全く分からないが、

    内部はかなり複雑して種々の関係が描き出されて居る。

    有産階級の家庭では【幾人かの妾】が居り、それに各々子供があるが、

    これ等の各群を繞(めぐ)って召使ひが附属し、支那の現状(軍閥割拠の状況)と同じやうな複雑な関係にある

    召使の数家族十数人に六七十人も附属して居る有様である。

    此等の子女は妾の子供も皆本妻の子になって居るが、

    【本妻と妾は敵対関係にある】ため、本妻に心から親として仕へて行く筈がなく

    妾間の争い及び本妻と妾間の闘争子女及び召使ひに波及し、

    【家庭内】で戦国策三國志のやうな【勢力争ひや策謀が行はれ】

    小供の時からかかる方面の才能が発達するやうになる

    10560489455.png

    支那人【親子兄弟の間】にさへ策略を弄する

    親が子供を買物にやっても【子供がコンミッションを取る】

    親はそれを調べると云ふ有様で、【互いに相信じない】。

    支那人は結局

    【自己の外(ほか)には本当に信ずるものは居ない】のである。』

    lgf01a201312281200.jpg

    中国人って、本当に哀れですね♥ 

    GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
    (2012/08/10)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Sun,  19 2014 14:49
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment