FC2ブログ

    Welcome to my blog

    兄弟の契りを結ぶワケ♥

    みっちゃん

    みっちゃん

    11111666664579244.png
    『水滸伝』(すいこでん、水滸傳)は、明代の中国で書かれた伝奇歴史小説の大作、「中国四大奇書」の一つ。施耐庵(あるいは羅貫中)が、それまでの講談(北宋の徽宗期に起こった反乱を題材とする物語)を集大成して創作されたとされる。なお、「滸」は「ほとり」の意味であり、『水滸伝』とは「水のほとりの物語」という意味である(「水のほとり」とは、本拠地である梁山泊を指す)。時代は北宋末期、汚職官吏や不正がはびこる世の中。様々な事情で世間からはじき出された好漢(英雄)たちが、大小の戦いを経て梁山泊と呼ばれる自然の要塞に集結。彼らはやがて、悪徳官吏を打倒し、国を救うことを目指すようになる。

    水滸伝完結BOX (集英社文庫)水滸伝完結BOX (集英社文庫)
    (2008/04/23)
    北方 謙三

    商品詳細を見る


    thumb5.jpg

    長野朗(ながのあきら)

    戦前を代表する秀れた【シナ通、中国通】で…

    GHQに焚書された本は18冊もあり…

    没収された本の多い著者としては3番目にランクされる人物です。

    …1975年までご存命でしたから、戦後も中国共産党に関する本を出しておられます。

    洞察力も鋭いしシナという国に愛情を持ちつつも

    知的に冷徹に【この民族の本性を見抜いて】います

    しかも、扱う事象の幅が広い

    14383.jpg

    『 水滸伝や三國志等を見ると、【血を啜って】兄弟の契りを結ぶ所がある。

    お互いの血を啜って同じ血をお互いの體(からだ)の内に流すことは、

    眞の兄弟に似たものにすることで、支那人が【血縁】を如何に重んずるかを現して居る。

    支那人は【猜疑心が強い】ために他人を信用しない

    そこで比較的に信用出来る【同郷と血縁】とで結合を造らうとする。

    支那人の妥協性と猜疑心支那人の妥協性と猜疑心
    (2012/10/01)
    桑原 隲蔵

    商品詳細を見る


    【血縁尊重】支那の社会、政治、経済の上に大なる影響を及ぼす。

    支那人は【血縁関係で結合を造る】ために、

    お互いの血をすすり合って兄弟分になったり、或いは同階級間に結婚を行ふ

    読書人階級、即ち【官僚階級は他階級とは婚姻せず】

    同族間の婚姻により階級の結束を堅めて行く、支那の時局を動かす個人の関係も

    彼等の表面の関係よりも寧ろ【血縁関係を見ないと分からないこと】がある

    女同士の暗中飛躍は中々馬鹿にならず、【支那人は女に甘い】から、

    この方面から案外能(よ)く動かさるる。

    10560489455.png

    経済方面から見ると、商店や手工業者の徒弟等は主として【血縁者を採用する】

    【同郷人を取る】かする。

    会社等にしても重役自分の【血縁者】を引いて会社を固めようとするから

    実際仕事の出来ない【不適任者を採用】することになるだけではなく

    【一族結託して】私利を図り会社を喰ひ物にするために、

    会社の経営は全く成り立たなくなる

    支那人の会社事業が多く失敗に陥る原因の一つはここにある。

    e89b9a955c4464d1f192ce7905b309f2_400.jpg

    同じく政治の上にも【血縁】種々の悪因を播いて居る

    一族の中で誰れか一人出世すると一族郎党、従兄弟、伯父母(おふぼ、伯父・伯母)、甥等

    の連中が集まって行って【寄食】する

    支那の大官(政府要人・高級官僚)の家庭を窺って見ると、

    使用人まで加へて百人から二百人位居る所がある

    かうなれば役人の月給で生活が足りやう筈がなく

    結局【官職を利用して私腹を肥さねばならぬ】が、

    支那人に云はすれば、収賄等は我々には【好いとか悪いとか云って居れない】

    それを【やらなければ生きて行けない】のだと弁明する。

    今の若い連中はこの家族制度の束縛から

    脱(のが)れようとして脱れられないのは

    親戚を疎外しては郷土に足が踏めず、【死して葬るの地無き】に至る

    o0481032002f974a34dd9f416d3817198adf57c62.jpg

    結局、中国人って、自分がお墓に入れてもらえないのは困るから、

    っていう理由だけで他人のことは、本当にどうだって良いんですね♥ 

    GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
    (2012/08/10)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2014-10-19
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply