FC2ブログ

    中国人と『コウガイ』♥

    Schwarm_Wanderheuschrecke2.jpg
    1887年にドイツライプツィヒで描かれた飛蝗の絵
    蝗害(こうがい、英: Locust plague)は、トノサマバッタなど相変異を起こす一部のバッタ類の大量発生による災害のこと群生行動をしているバッタは、水稲や畑作作物などに限らず、全ての草本類(被害は紙や綿などの植物製衣服にまで被害が及ぶ)数時間のうちに軒並み食べ尽くしてしまう当然地域の食糧生産はできなくなるため被害地の住民は深刻な飢饉に陥いる。大量に発生したバッタは大量の卵を産むため数年連続して発生するのが特徴である。日本での発生は稀なため、漢語の「蝗」に誤って「いなご」の訓があてられたが、日本で水田に生息し、食用になる分類学上のイナゴ類がこの現象を起こすことはない
    バッタは蝗害を起こす前に、普段の「孤独相」と呼ばれる体から、「群生相」と呼ばれる移動に適した体に変化する。これを相変異と呼ぶ群生相、孤独相はそれぞれ生まれつきのものであるただし両親の遺伝子の組み合わせによるものではなく、親が暮らした集団の密度によるものであり別の個体との接触が主な原因と言われている。集団生活をしている親からは集団の密度が高いほどより群生相が強い子が産まれる。逆に集団密度が低くなると孤独相に近い子が生まれる。この特徴は世代を超えて累積的に遺伝する。
    中国ではトノサマバッタによる大規模な農被害、いわゆる蝗害(蝗災)が天災の一つに数えられている。その存在は多くの資料に頻繁に見られ、地域規模ですべての食料を食い尽くしてしまう。これが民衆に与える被害は甚大なもので、餓死者が大量発生するのはもちろん、人肉を食うといった事態も多発した。国家や地方政権に与える影響も当然大きく、それまで続いていた戦争が勝敗・優劣に関係なく停止したり、時に民衆暴動が起こり王朝が崩壊する場合もあった。

    thumb5.jpg

    長野朗(ながのあきら)

    戦前を代表する秀れた【シナ通、中国通】で…

    GHQに焚書された本は18冊もあり…

    没収された本の多い著者としては3番目にランクされる人物です。

    …1975年までご存命でしたから、戦後も中国共産党に関する本を出しておられます。

    洞察力も鋭いしシナという国に愛情を持ちつつも

    知的に冷徹に【この民族の本性を見抜いて】います

    しかも、扱う事象の幅が広い

    20120113chinaiphone4s.jpg

    『 支那人【群衆の力】を利用することをよく知っている国民である。

    支那を旅行する日本人で、一寸した車賃のこと位で、たちまち周囲に黒山築かれて困ることがある

    支那人と喧嘩でもしようものなら、すぐ相手は数百人位になる

    そして当の相手よりも取り巻き連殴れとかぶっ殺せ等と怒鳴る

    すると後ろの方に居る奴が石を投げつけたりする

    支那人は一人で敢然として進むものは少ないが、

    【大勢の陰に隠れて動く】ことはうまい

    自己の正当と信ずる意見を堂々と述べるものは、

    政治家にしても殆ど見当たらない

    排外運動でも起これば学者政治家新聞を通じて皆之に迎合し、

    四億人(当時の人口)の中に一人の例外もない

    日本人もそうした傾向はあるが

    未だ個性を発揮して自己の意見を堂々と述べるものは少なくない。』

    中国人って、突然変異で大量発生した「バッタ」のように、「群れ」で行動するんですね♥

    GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
    (2012/08/10)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Thu,  16 2014 16:08
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment