FC2ブログ

    『宣教師』って、思ったよりも大変だった♥

    Bates.jpg
    マイナー・シール・ベイツ(Miner Searle Bates、1897年5月28日 - 1978年10月)は、アメリカ合衆国オハイオ州ニューアーク出身の歴史学者。イェール大学で博士号を取得、金陵大学(現:南京大学)副学長を歴任中華民国政府の顧問であった。1937年12月、南京攻略戦において、南京安全区国際委員会の一員として中国市民を保護する活動に従事した。1938年と1946年には蒋介石より勲章を授かっている。南京安全区国際委員会南京に中立地帯を設定し、南京市民を集中させ、その安全を戦禍から保護しようとした理由にはアメリカ人宣教師たちが中国における布教上の地位向上を求めていたことも含まれる。国際委員会の委員15人はアメリカ人7人イギリス人4人、ドイツ人4人で構成されアメリカ人宣教師が圧倒的な勢力を持ち彼らは中国寄りの態度をとることにより布教上の地位を確保しようとして日本軍と争うことまであった。委員長のラーベによると委員会の委員は、医師、教授などすべて宣教師であった

    Japanese-terror-in-China-a-documentary-recordh-j-timperley.jpg
    ティンパーリーの著書「What War Means(戦争とは何か)」

    『 「中国国民党新聞政策之研究」の「南京事件」という項目には、

    次のような詳細な説明もある。

    「(「What War Means(戦争とは何か)」の出版によって)日本軍の南京大虐殺の悪行が世界を震撼させた時、

    (中国の)国際宣伝処は直ちに当時南京にいた英国のマンチェスター・ガーディアンの記者

    ティンパーリーに宣伝刊行物…を書いてもらい、…一躍有名になったという

    このように゛中国人自身は顔を出さずに手当を支払う等の方法゛で…

    代言人になってもらうという曲線的宣伝手法は、

    国際宣伝処が戦時もっとも常用した技法の一つであり効果が著しかった。」』

    640px-Chiang_Kai-shek_Colour.jpg

    『 国際委員会が南京の不祥事を日本大使館に届けた「市民重大被害報告」

    それによると南京陥落後の3日間の被害届、…これは日本側による報告ではない

    国際委員会が受理した南京市民の被害届で

    目撃者がいる殺人事件は、南京陥落後3日間でゼロであった。

    誰一人として殺人を目撃していない

    ベイツ(=国際委員会のメンバー、宣教師国民党政府顧問)は、中央宣伝部の…

    計画に従って「虚構」の報告を書いたと考えられる。』

    20131002miyano01.jpg

    「南京事件」については、こちらも参考になります♥

    南京事件では中国人暴徒が日本人を襲った♥ 

    『…(南京の)安全地帯では「大虐殺」どころか、

    「殺人」の被害届すら僅かしかなかった

    それも目撃された殺人はゼロだった

    いったい、ベイツやフィッチの描写する

    「3日間で12,000人の非戦闘員の男女子供の殺人」

    「約30,000人の兵士の殺害」とは、どこで起こったことなのか

    …ちなみに日本軍が連行した中国兵は問題がない限り市民として登録され…

    敗残兵は苦力-労働者ともなっていた

    苦力は好待遇で、月額5円の給料を支給されていた

    日本軍の一等兵の本給は、月額5円50銭だった。』

    布教のためには、キリスト教宣教師は、嘘も平気なんですね♥

    英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
    (2013/12/02)
    ヘンリー・S・ストークス

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 世界史
    Published on: Mon,  13 2014 12:40
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment