ピノッキオ大統領♥

    Pinocchio.jpg
    『ピノッキオの冒険』(伊: Le Avventure di Pinocchio)は、イタリアの作家・カルロ・コッローディの児童文学作品。1883年に最初の本が出版されて以来、100年以上にわたり読み継がれている著名な作品である。
    ある日、大工のチェリーが意志を持って話をする丸太を見つける。そこにゼペットじいさんが現れ、丸太を木の人形にし、ピノッキオと名付ける。ところがこのピノッキオは勉強と努力が嫌いで、すぐに美味しい話に騙される。話をするコオロギなどの忠告にも耳を貸さず、人形芝居の親方に焼かれそうになったり、狐と猫にそそのかされ殺されそうになったりする。終盤に巨大なサメに飲み込まれるが、マグロに助けてもらう。真面目に勉強し働くようになったピノッキオは、最後に夢に現れた妖精によって人間になる。苦難を乗り越えて人間の少年へと変化するまでの逸話が書かれている。
    なお、ピノキオのオリジナルのストーリーは、政治的風刺を、特に法制度の仕組みに対する風刺を含んでいる。

    FDR_in_1933.jpg
    フランクリン・ルーズベルト

    『 ルーズベルトは国民に対し、

    「私は二度でも三度でも繰り返して言いたい。皆さんの息子さんたちを、決して外国の戦争に引き出すことはない。」

    と言い続け、国民を騙して大統領に当選した。

    この言をくつがえして国民を戦争に立ち上がらせるためには、さらに大きな騙しの手を打たなければならない。

    そのためには、今度は日本がパールハーバーを攻撃するよう挑発し、

    自国の兵士を2000人余り見殺しにするという犠牲まで払うことになった。

    …以上によって、…日米戦争はアメリカが計画的に日本に侵略戦争を仕掛けてきたものであることが明らかである。

    戦後マッカーサーのねつ造した東京裁判史観の、

    「日本の軍国主義者が共同謀議して、中国大陸に対する侵略戦争を起こした」

    という歴史認識も゛誤りである゛ことがわかる。

    「殴られたら、すぐ殴り返す」という開拓時代からのカウボーイ的精神は、

    今なおアメリカ人の気質の中に連綿と受け継がれている。

    アメリカは恐ろしい国なのである。

    アメリカ人は弱い人間を徹底的に狙って叩く

    殴られたら殴り返す国、撃たれたら撃ち返す国であることを忘れてはならない…

    その実例はたくさんあるが真珠湾攻撃の日本に対するアメリカの対応

    近くは9・11テロに対するアフガン、イラク戦争の猪突猛進振りに、はっきりと見られる。』

    360px-Iraq_War_montage.png

    『 ヨーロッパで第二次世界大戦が勃発した当初アメリカは不介入を表明していた。

    だが…英国首相チャーチルは…参戦をルーズベルトに再三要請していた。

    …不介入を表明した以上、参戦には…よほど強い大義名分がなくてはならない

    そこであせった米国は、おとり船を大西洋に出してドイツ潜水艦の攻撃を誘ったが、

    ヒットラーはその手に乗らなかったそこで日本に向かってその罠を仕掛けたのが真珠湾

    操られたルーズベルト―大統領に戦争を仕掛けさせた者は誰か操られたルーズベルト―大統領に戦争を仕掛けさせた者は誰か
    (1991/10)
    カーチス・B. ドール

    商品詳細を見る


    戦後、日米戦が

    ルーズベルトが巧妙に仕掛けた謀略であることを告発した書物は、

    数多く出版されている

    その中でも第一級の資料は、

    ルーズベルトの長女の夫…が身内から告発した書「操られたルーズベルト」である。

    真珠湾攻撃の゛前日゛、家族との朝食の席で大統領は

    私は決して゛宣戦゛はしない私は戦争を゛造る゛のだ明日戦争が起こる

    と話していた…

    このことを知っていたのは、大統領と、ハル国務長官とスチムソン、ノックスの陸海軍長官の4人だけだった

    その半年前にスチムソン陸軍長官は、

    「私達の戦争準備はすべて終わった。あとはハル国務長官、あなたの出番ですね。」

    ともらした。

    それは、戦争に゛持ち込めるか否か゛は、

    日米交渉でハルがいかに

    日本に開戦の決断をさせるかにかかっているということを示唆した発言と受け取れる。』

    amerijka24_5_18_000.jpg
    米軍が日本人捕虜に対して、どのような感情を抱いていたかを示す1枚の写真
    (しゃがんで撮影している人間も・・)

    ルーズベルトは誰かに操られていたんでしょうか♥

    ハーバード大学教授も、こう言っています♥

    ハーバード大学でも世界でも、それが当たり前なんです♥

    大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)
    (2011/07/22)
    清水 馨八郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 大東亜戦争
    Published on: Sat,  11 2014 13:31
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment