大宮島(だいきゅうとう)の『チャモロ人』も被害者です♥

    TowLoversPointView.jpg
    恋人岬からタモン湾を望む
    グアム(英語: Guam, チャモロ語: Guåhån)は、太平洋にあるマリアナ諸島南端の島。1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の領土になった。1941年から1944年までは日本軍が占領統治し、「大宮島(だいきゅうとう)」と呼ばれた
    グアム島に人類が住み着いたのはB.C.3000年~2000年頃で、東南アジア系民族チャモロ人がマレーシアやインドネシア、フィリピンから航海カヌーに乗って移住してきたことに始まると考えられる。そのことはラッテストーンと呼ばれる古代チャモロ遺跡が残存していることでわかる
    1521年にポルトガルの探検家マゼランがヨーロッパ人として初めてグアム島に到達。1565年にレガスピが来島してスペインの領有を宣言し植民地となり、フィリピンのマニラとメキシコのアカプルコを結ぶ航路が1568年に開かれ、スペインの大型船ガレオン船が太平洋を行き来するようになり、1年に1度6月ごろロタやグアム周辺に現れ、チャモロと物々交換を行った。 1668年にスペインのカトリック教会使節サン・ビトレスを中心としたイエズス会が布教活動のため訪れるようになった先住民はチャモロであるが、サイパンを含む北マリアナ諸島から移住させられたチャモロが多数いた。
    しかし、宣教師が祖霊崇拝を始めとするチャモロ人の伝統的な習慣や文化を厳しく禁止したため、不満を持つチャモロ人も多く、その不満は1669年のスペイン・チャモロ戦争として現れた。キリスト教に反抗的な村は全て焼き払われ、10万人いたとされるチャモロ人が5000人以下に激減した。

    USS_Maine_Mast.jpg
    現代にも記念碑として残るメーン号のマスト。

    『 メキシコ戦に味をしめたアメリカは、

    1898年、…今度はスペインと戦端を開くことになった。

    USS_Maine_h60255a.jpg
    メーン号

    アメリカはキューバのハバナを表敬訪問中の戦艦メーン号(→アメリカの軍艦)を

    ゛自ら゛爆沈させ260名ほどの犠牲者を出した上で、

    これを敵(→スペイン)の仕業だと因縁をつけ、

    スペインに宣戦布告をした。

    これによってカリブ海のスペイン領を占領し、

    中南米諸国を支配するきっかけをつくった。』

    USSMaine.jpg
    ハバナで爆沈したメーン号

    『1898年…米艦隊は極東のスペイン領のフィリピンを侵略するにあたって、

    フィリピン民族独立軍のアギナルド将軍に対し、

    スペイン撃退後のフィリピン独立を「約束」し、その協力をとりつけた

    ところがスペインが敗退降伏すると

    アメリカは「約束を反故」にし、フィリピン「併合」を宣言し、

    それどころかアギナルド゙軍を「攻撃」した。

    Philippines.gif
    米比戦争時のニューヨークジャーナルの風刺画。フィリピン人を銃殺しようとするアメリカ兵の背後には「10歳以上の者は皆殺し」と書かれている。

    明らかに(アメリカの)裏切りである。

    アギナルドは米軍との戦いに先立ち、その援助を゛日本゛に求めてきた

    犬養毅(いぬかいつよし)などによって、武器弾薬の支援もあった…

    敗北してスペインはキューバを放棄(させられ)、プエルトリコ、グアム、ミッドウェー、ウェーク、フィリピンを゛アメリカに割譲゛させられた。』


    【ポイント】

    先住民(プエルトリコ人、フィリピン人など)の意見とは関係なく

    スペインからアメリカが侵略戦争に勝利して奪い、植民地とした

    グアムにも、先住民がいたが、今でもアメリカの領土のまま

    map_ASIA_WW2_pre_USA.gif

    アメリカって、野蛮ですね♥

    大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)
    (2011/07/22)
    清水 馨八郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 大東亜戦争
    Published on: Mon,  06 2014 15:48
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment