FC2ブログ

    Welcome to my blog

    『中国人の王』と『日本人の首相』が治めた国♥

    みっちゃん

    みっちゃん

    W_hyoutan2091.jpg
    ヒョウタン(瓢箪)は、ウリ科の植物。なお、植物のヒョウタンの実を加工して作られる容器も「ひょうたん」と呼ばれる。瓢(ひさご)ともいう。最古の栽培植物のひとつで、原産地のアフリカから食用や加工材料として全世界に広まったと考えられている。乾燥した種子は耐久性が強く、海水にさらされた場合なども高い発芽率を示す。狭義には上下が丸く真ん中がくびれた形の品種を呼ぶが、球状から楕円形、棒状や下端の膨らんだ形など品種によってさまざまな実の形がある。ヒョウタンは、苦み成分であり嘔吐・下痢等の食中毒症状を起こすククルビタシンを含有し、果肉の摂取は食中毒の原因となる。

    History_of_Korea_375_ja.png

    新羅王 赫居世(支那人)は、馬韓から独立をする時、

    重臣である【瓢公(ここう)】を遣わせた。

    『 瓢公は、その出自の氏族名を明らかにしていない

    彼はもともと【倭人】で、むかし瓢(ひさご)を腰に下げて

    海を渡ってきて【新羅】に来たそこで、瓢公と称したのである。』

    Ancient_Korea_Taihougun 倭人土着

    【ポイント】

    倭人の瓢公は、縄文人由来の土着民の国々(馬韓・辰韓・弁韓)に来ても

    【言葉で困る】ことがなかった

    馬韓との交渉も、支那人である新羅王 赫居世の代役

    十分に務まったことが判る。

    赫居世
    赫居世(支那人)

    その後、新羅王 赫居世(シナ人)の長男、南解(支那人)が即位する。

    1_kne24240.jpg
    南解(支那人)

    『 王(=南解)は、【脱解(だっかい)】が賢者だと聞き、

    長女を彼と結婚させた(西暦八年)。

    脱解を大輔(=首相)に任命し、軍事や国政を委任した(西暦十年)。

    倭人が兵舟船百余隻で海岸地方の民家を略奪した(西暦十四年)。』

    『 脱解は、むかし多波那国で生まれた

    その国は【倭国】の北東一千里のところにある。』

    たばなこく

    【ポイント】

    この時代、倭国とは北部九州を指し東北一千里の多波那国とは、但馬辺り

    つまり、支那人が治める【新羅】の首相は、【倭人】だったということ。

    今風に言うと、「新羅」は、王が中国人で、首相が日本人で、その王女と首相は夫婦だったんですね♥

    韓国人は何処から来たか韓国人は何処から来たか
    (2014/01)
    長浜 浩明

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2014-10-05
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply