驚天動地だった「尾崎」の逮捕♥

    51pP8+0fSiL.jpg

    MY FIRST OZAKI スペシャルDVD&ブック尾崎豊コレクション: 『BEATCHILD1987』's Spin-off (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)MY FIRST OZAKI スペシャルDVD&ブック尾崎豊コレクション: 『BEATCHILD1987』's Spin-off (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)
    (2013/10/09)
    小学館

    商品詳細を見る


    20131018074606bba.png

    『 尾崎秀実を取り調べた宮下弘氏の著書によると、

    尾崎は10月15日の早朝に逮捕され、正午から取り調べが始まり、

    先に逮捕されていた宮城与徳との関係を追及していったところ

    夕方には【スパイ行為】を認めたと書かれている。

    そして翌日の16日に近衛文麿が政権を投げ出し18日に内閣を総辞職している。

    尾崎のスパイ行為による逮捕は、近衛にとっては驚天動地の出来事であったに違いない。

    ※宮城与徳:【米共産党員】。10月10日に逮捕され、宮城の自供により尾崎秀実やゾルゲがソ連のスパイであることが判明した。

    尾崎秀実はわずか数時間の取調べで、ソ連へのスパイ行為を自白した点について、

    取調べで尾崎にはひどい拷問がなされたと書いている人もいるのだが、

    宮下弘氏は

    「わたしはそういうやりかたは性格的にも反対ですし、いやしくも近衛さんの大事な人なんだから、

    拷問なんぞやりませんよ。」(宮下弘『特高の回想』p.216)

    と書いている。

    ひどい拷問があったと書く人は、

    「尾崎の回想録は特高に書かされたもの」

    と信じたいのだろうが、この回想録を普通に読めば、

    尾崎しか知りえない事柄がかなり詳しく、具体的に書かれており、

    しかも長くて論旨が明快であり、すでに判明している史実と矛盾することもない。

    そもそも尾崎が逮捕された時には

    アメリカ共産党員の宮城与徳が逮捕されていて、

    宮城の自供により、尾崎が諜報活動をしていたことや、

    尾崎と宮城が会っていたことはすでに特高が把握していた。

    宮下弘氏の著書によると、

    何度も会っているはずの宮城の名前が尾崎のアドレスブックになかったのだが、

    その点を巧妙に衝いて尾崎を観念させている。』

    Hotsumi_Ozaki.jpg
    尾崎秀実(オザキホツミ)
    1901年(明治34年)4月29日~ 1944年(昭和19年)11月7日)は日本の評論家・ジャーナリスト・【共産主義者】【朝日新聞社】記者、内閣嘱託、満鉄調査部嘱託職員を務める。 近衛文麿政権のブレーンとして、政界・言論界に重要な地位を占め、軍部とも独自の関係を持ち、日中戦争(支那事変)から太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直前まで政治の最上層部・中枢と接触し国政に影響を与えた共産主義者、革命家としてリヒャルト・ゾルゲが主導するソビエト連邦の諜報組織【ゾルゲ諜報団】に参加し、【スパイとして活動】し、最終的にゾルゲ事件として1941年発覚し、首謀者の1人として裁判を経て死刑に処された

    日本に居たスパイが共産主義者・朝日新聞記者だったんですね♥

    「共産主義者」 = 「戦争主義者」って怖いですね~^^

    マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!
    (2012/12)
    目良 浩一、今森 貞夫 他

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Fri,  03 2014 17:33
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment