FC2ブログ

    Welcome to my blog

    シンギュラリティ(Singularity) ~ 「文系アタマ」が騙されてしまう「トンデモ妄想」

    みっちゃん

    みっちゃん

    Transhuman_Beitragsbild-800x500.png

    技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つである。

    物理的観点からの批判

    あらゆる指数関数的成長は永遠に継続することはできない。化学物質の反応、細胞分裂や生物の個体数など、限定された期間内で指数関数的振る舞いを見せる現象は存在するが、遅かれ早かれ、指数関数的現象は必要な資源基盤(化学物質や食物など)を消耗し、停滞・崩壊する。テクノロジーの発展が、一般的な指数関数的現象と異なると考える理由は無い。つまり、指数関数的成長には指数関数的入力が必要となるが、現実の世界においてはそれは不可能である












    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 一般の百科事典には【ユダヤ人】には【2つの種類】があると書かれている。一つは【アシュケナージ】のユダヤ人、もう一つは【スファラディ】のユダヤ人である。

    女性 ポイント ひとつ

     【アシュケナージ・ユダヤ人】についてはロシア、ポーランド、ドイツなどの【東ヨーロッパ】に【コミュニティ(共同体)をつくっていた人々】であり、【ロシアのポグロム】【ドイツのホロコースト】などで迫害されて西ヨーロッパ、さらにはアメリカなどに移住していった人々だと書かれている。

    女性 ポイント これ

     実はこの【アシュケナージ・ユダヤ人】こそ、【もとはカザール人であった人々】である。

    ポイント 31

     一方、【スファラディ・ユダヤ人】とは何か。

     一部は混血しているとはいえ、【彼らはアブラハム、イサク、ヤコブの子孫】なのである。1492年まで【スペイン】にいたが、【カトリック】の力が強くなり【国外追放】の憂き目にあい、スペインを後にして、主にジブラルタル海峡を渡って【北アフリカへと移動】していった。もちろんジブラルタル海峡を渡らずして【オランダ】や【フランスの南部】、さらには【ブルガリア地方】へ移った人々もいる

     【本当の血統】【受け継ぐユダヤ人】の多くは、【北アフリカのアラブ民族の中に根を張った】のである。

    ポイント 32

     1948年5月【イスラエルが再建】されるのであるが、【その原動力】となったのは【カザール人すなわちアシュケナージ・ユダヤ人達】であった。

    ポイント 女性 重要 5

    彼らが経済的、軍事的力をそれに注ぎ、世界的な彼らのネットワークを利用した。そして【建国後】【イスラエルに帰ってきた】のが【スファラディ・ユダヤ人達】なのである。

    ポイント

     したがって、【日本人】イスラエルに行かないかぎり【血縁的に正統なスファラディ・ユダヤ人を見ることはあまりない】

    女性 驚き 20

     ついでながら、イスラエルの人口半分近くアシュケナージ残る半分スファラディである。

     イスラエル建国まで【アシュケナージとスファラディ】は、【まったく別の世界の中で生きていた】。現にヨーロッパなどにおいても、【アシュケナージとスファラディ】では【シナゴーグ(ユダヤ教会堂)もラビ(ユダヤ教師)】【まったく別である】

    女性 驚き 両手挙げる

     このように【血縁的】に見ると、【ユダヤ人の中に】まったく混じりあうことのない【2つの民族】を見ることができるわけである。

    ポイント 女性

     現在、【ユダヤ人と称する人々】全世界に1500万人いるとされている。そしてそのうち【90%】を【アシュケナージ】が占めており、残りの【10%】が【スファラディ】であると言われている。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、1990年(平成2年)に発行されたもので、約30年ほど前の書物になりますが、その原書が出版されたのは1977年(昭和52年)で約40年ほど前になります。そして本書は、ユダヤ人によって書かれたユダヤ人に関する書物であり、その歴史的背景や、西洋近代以降現在に至るまで数々の諸問題を生じさせてきた「元凶」である、問題となる「2つの異なるユダヤ人」についての解説がなされており、いわゆる「ユダヤ人」について体系的に学ぶことができる良書となります。

    読書 5-1

    さて、先日予想されていたことが、とうとう実際の事件として起きました

    これ 女性

    CNN シナゴーグ
    ユダヤ教礼拝所で銃乱射 11人死亡、容疑者を拘束 米ピッツバーグ

    この行為は、日本共産党や立憲民主党といった連中と同じテロリストに該当する行為であり、決して許してはならない行為です。弁明の余地は、ありませんこれは「左翼リベラル」の連中のやる事と同じですから。

    女性 ダメ 原則 手のひら

    で、ここで考えなければならないのは、「なぜ、こんな事件を起こすほどに、彼はユダヤ人を憎んだのか?」ということです。

    女性 ポイント ひとつ

    この事件を、単に犯人が「反ユダヤ」だったからということで片づけてしまうから訳が分からなくなるんです。

    CNN シナゴーグ 2
    「ユダヤ人は死ね」 米銃乱射の容疑者、憎悪発言繰り返す

    問題なのは「なぜ、反ユダヤなのか?」です。「なぜ、ユダヤ人を憎んだのか?」というところです。

    ポイント 女性

    今から100年ほど前にも、ユダヤ人数々の軋轢を生み出していて、それがやがて悲惨な結末へと繋がったわけですが、それらは当時すでに十分予測されていたのだということを、私たちは当時の一流作家の書物で知ることができます

    詳しくはこちらをご参照💛

    ヒレア・ベロック  ユダヤ人 なぜ、摩擦が生まれるのか

    ユダヤ人 なぜ、摩擦が生まれるのか 

    また、本書を御覧頂くことで「なぜ、ユダヤ人が軋轢を生み出すのか?」ということも理解できるようになると思います。

    まずは、そういったところから「ユダヤ人」が一体何なのか知っておく必要が、私たち日本人にはあります

    何しろ私たち日本人は、「ユダヤ難民を救ってあげた」という「貸し」がありますし、それとは逆色々と「借り」もありますのでキッチリと「報復」する「権利」がありますので💛

    女性 ポイント これ

    詳しくはこちらをご参照💛

    軍国主義の日本が救った「欧州ユダヤ難民」、それを見捨てた「支那人とユダヤ人」

    トランプが中国の夢を終わらせる - プーチンとの最強タッグが創生する新世界秩序 - 

    さて、お話を変えることと致しまして、先日から、私たちは「数学」というものが何であるのかを、まったく知らない単なる「バカ」であり「アホ」だという前提の下で、感覚的直感的理解できる範囲で、少しずつ「数学的な何か」考えています

    これまでのところ、「足し算」と「掛け算」もともと知っていて

    詳しくはこちらをご参照💛

    友達は多い方がいい、というのは本当でしょうか?

    論理ガール 〜Lonely Girl〜 人生がときめく数学的思考のモノガタリ 

    「何か」を入れると「何か」が出てくるという装置である「ハコ」、それが「関数(函数)」だと理解し、「長方形」の「面積」と「単位」の概念を理解し、「因数分解」の公式や、「引き算」の概念も理解したところになります。

    詳しくはこちらをご参照💛

    「関数」が良いのか、「函数」が良いのか? ~ 私たちの未知なるモノ、そして無知なる私たち

    いまどき、人前では決してやらない方が良いこと ~ 「安かろう悪かろう」のアレ

    中華人民共和国で堂々と行われている少数民族への弾圧 ~ それを無視する「左翼リベラル」

    2019年表と裏で読み解く日本経済―米中覇権戦争が生むポスト平成の正体 

    詳しくはこちらをご参照💛

    数学的な考え方 ~ 結論だけではなく、「仮定」も、その両方ともが重要です

    日常に生かす数学的思考法―屁理屈から数学の論理へ 

    ですので、いま手元にあって使えそうなものというのは、

    〇足し算
    〇掛け算
    〇関数(函数)
    〇長方形の面積と単位
    〇因数分解
    〇引き算


    となります。

    ここで、「割り算」について考えてみましょう。

    ポイント 000

    私たちはすでに、長方形の面積の考え方から(以下の図もご参照。但し「×(掛ける)」を「・」で表記しています)、

    割算 1

    (何か)×a + (何か)×­b = (何か) × (a+b)

    であることを理解しています。

    ですので、

    割り算 2

    というのは、

    割り算 3

    であり、

    割り算 4

    というのが、

    割り算 5

    であることは理解しています。

    割算 1

    つまり、「割り算」を用いなくても「掛け算」だけで考えることができるんです💛(納得できない方がいらっしゃれば、上の図とにらめっこしてみて下さい。難しくはありませんので。)

    女性 ポイント ひとつ

    つまり、取りあえず、今のところは「割り算」というものを知らないままでも構わないということです。

    女性 足 寝転ぶ

    ん・・・・?

    そんなので「数学」が分かるわけがない。。。というお声が聞こえてきそうですが、「スーパーコンピューター」と呼ばれる、何かこうトンデモナイ能力を持っている多くの方々がイメージされていると思われるモノがありますが、その「スーパーコンピューター」というのは「電卓(つまり計算機)」の超高級版のことを言っているのですが、何をしている道具なのかと言いますと、「四則演算だけ」で、しかも「足し算」と「掛け算」だけなんです💛

    女性 ポイント 10

    昨今、巷で話題「AI」なんかもその延長上に過ぎません(笑)

    女性 ポイント これ

    しかし、どういう訳なのかサッパリ理解が出来ないのですが、当ブログで定義する「文系アタマ」の方々は、そのことをご理解されていないようで。。。例えば、「シンギュラリティ、すげー」・・・みたいに(笑)

    女性 笑う 1


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング

    関連記事
    最終更新日2018-11-03
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply