FC2ブログ

    Welcome to my blog

    「減税」をすればするほど、どうなるのでしょう?

    みっちゃん

    みっちゃん

    tax-cuts-620x330.jpg

    【減税】

    法律の改正によって税負担額を減少させること。免税点や諸控除の引き上げ,税率の引き下げなどによって行なわれるものを一般減税,特定の所得を課税の対象から除くなど,特定の者にだけ利益を与えるものを政策減税と呼ぶ。減税必ずしも税負担の絶対額の減少あるいは税負担率の減少を意味しない。たとえば所得課税の場合減税が行なわれても所得が増大することによって税負担額が増大することは起こりうるし,累進税率である場合税負担率が増加することもある。財産課税の場合,評価が引き上げられることによって,税負担額および税負担率が増加することがある。消費課税の場合には,減税が行なわれてもそれに対応して価格が引き下げられず消費者の負担が不変あるいは増大することもある第2次世界大戦後における日本の租税政策では,減税が毎年のように行なわれてきたが,税収は増加の一途をたどり税負担率もほとんど減少せずむしろ増加する傾向にあった。これは巨額の自然増収が実現されそのうちの一部が減税にあてられていたためである。








    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 おごる平家は久しからず--。

     平安末期に政権を握った平家の興亡を描いた『平家物語』は、いかに権勢を誇った者でも、地位や権力を鼻にかけておごり高ぶれば、いつか奈落の底に落ちてしまうというこの世の常を、後世に生きるわれわれに伝えてくれています


     しかし、先人たちの教訓は生かされないまま、あやまちは繰り返されてしまったようです。【予算編成権】【国税査察権】【武器】に、政治家やマスコミ、他省庁をひれ伏させ、“最強官庁”の名をほしいままにしてきた【財務省】で、【常識では考えられない不祥事が連続している】のです。…

    財務省

    岡本薫明(おかもと しげあき)
    岡本薫明(おかもと しげあき)

    詳しくはこちらをご参照💛

    パヨクを生み出す本丸 = 文部科学省

    面白いけど笑ってはいけない! (国民の敵はここにいる) 


     大多数が【東大法学部を卒業】し、国家公務員総合職試験という難関を突破し、“官庁の中の官庁”といわれる【財務省に入ったエリート中のエリートたち】が、なぜ【ここまで稚拙な不祥事を繰り返す】のか、【多くの人が憤りを感じる】とともに、【理解に苦しんだ】ことでしょう。

    女性 ブーイング 01

     【「官僚の劣化」】指摘する声もありました。しかし、財務官僚として長年にわたりその中枢で働いてきた筆者にしてみれば、【財務省の「おごり」と「欺瞞」】今に始まったことではありません

    女性 怒る 不信感

    「セクハラ、改ざん、口裏あわせ」という不祥事として、ようやく表面化してきたにすぎないのです。

    ポイント

     【財務省の「欺瞞」が最も顕著】なのが、長年にわたる【消費増税をめぐる議論】です。

    女性 ポイント これ

    財務省は国債と借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」が1000兆円を超えたと喧伝し、【増税を煽り続けています】が、これは政府の【負債だけに着目する実におかしな議論】です。

    ポイント 女性 重要 5

    詳しくはこちらをご参照💛

    実は「日本経済新聞」は、経済・金融を正しく理解していないんです

    なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ 

     【世界標準の考え方】に則れば、【国の財政状況】正しく見るためには、日銀を含めた【「統合政府」としてのバランスシートを元にすることが必要】です。

    ポイント 000

    それで見ると、【日本はほぼ財政再建が終わっている状態】で、【健全な財政状況】だということがわかります。

    ポイント 001

     こうした【事実を直視せず】国の財政状況【正しく国民に伝えない財務省】の姿勢【「欺瞞」そのもの】です。【経済成長を否定】し、歳出権拡大による【天下り先の確保】という【自らの省益確保のため】【増税を煽り続ける】のは、将来的な【国益を損なうもの】です。

    女性 ダメ5

     それにもかかわらず当の財務官僚は自らのことを「悪者になってでも、あえて国民に不人気な増税という選択肢を選ぶ国士」だと【勘違いしているしている】のです。【この思い上がりにこそ財務官僚の決定的な「おごり」がある】のです。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、私たち多くのまじめに働く日本の庶民の知らないところで、国賊とも言える官僚ども「勘違い」「思い上がり」について、元大蔵省の官僚でもあった著者が、その隠された暗部白日の下に晒して下さっている良書となります。

    読書 女性 4-35

    さて、本書は主に財務官僚の劣化ぶりに関して書かれているのですが、もちろん、他の省庁の官僚にも同じことが言えるわけで、三流官庁と名高い文部科学省腐りきった体質は、すでに周知の事実ですね。

    これ 女性

    キャプチャ-47
    【東京医科大学】今年の入試で前文科省局長の息子以外でも不正 複数の受験生、試験結果のデータが改ざん~ネット「日大のアメフトなんかよりよほど深刻な問題なのに 日本のテレビはほとんど報じないなw」

    その三流官庁と名高い文部科学省こそが、「パヨク」を大量生産する元凶になります。

    前川喜平

    詳しくはこちらをご参照💛

    パヨクを生み出す本丸 = 文部科学省

    面白いけど笑ってはいけない! (国民の敵はここにいる) 

    そして、そんな三流官庁と名高い文部科学省癒着しているのが、朝日新聞に代表されるマスコミであり、

    加計学園問題について話し合う取材班の社会部・水沢健一、特別報道部・岡崎明子、編集委員・氏岡真弓、特別報道部・星野典久(右から)の各記者
    加計学園問題について話し合う取材班の社会部・水沢健一、特別報道部・岡崎明子、編集委員・氏岡真弓、特別報道部・星野典久(右から)の各記者

    詳しくはこちらをご参照💛

    文部科学省と朝日新聞の「癒着」

    偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 

    未だに戦時中の悪弊を温存したまま、国家統制下にあるすべての「学校」です。

    女性 ポイント これ

    詳しくはこちらをご参照💛

    テレビ朝日の『トットちゃん!』と福山雅治の「トモエ学園」 ~ 知っておかなければならない一番大切なこと

    消費税は民意を問うべし ―自主課税なき処にデモクラシーなし― 

    これからも、こういった国賊と呼べる私利私欲に満ちた公僕連中については、私たち日本国民「官僚叩き」として徹底的に晒し者にしていかなければなりませんなぜならば、彼ら公僕は、私たち日本国民が選んだわけではないからです。また、公僕にしかなれないような連中に、自浄作用を期待しても、そんな能力がないからこそ公僕にしかなれないわけで、最初から無理なお話になりますので、彼らを当てにはせず私たち日本国民の手で処分するしか方法がないのが現状になります。

    女性 ポイント ひとつ

    ところで、財務官僚の発する「欺瞞」の数々を、容赦なく暴かれている著者書物をご覧いただきますと非常によく理解ができるのですが、正しい金融政策を継続している「アベノミクス」によって、私たち日本国民が望んで止まなかった明るい経済状況に、ようやく戻りつつある現状です。

    abenomikusu_20180722202455f56.jpg
    【アベノミクス】世帯所得24年ぶり伸び 賃上げ広がる 厚労省調査

    ただし、上記リンク先のtwitterの反応をご覧頂きましても分かるように、「実感がない」とか「年金や所得税が増えているから実質マイナス」等々必ずしも満足されている方ばかりではないのも事実です。

    ポイント 32

    昔から言われたことですが、一人前の給料というのは、ご自身の年齢「万円」を掛けた額月給として貰うこれが出来ていらっしゃる方が、果たして現在どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

    女性 悩む 02

    先ほどの厚生労働省の調査結果では、2016年1世帯当たり平均所得560万ぐらいになっていますが、現在の私たち日本の「平均年齢」は、「団塊ジュニア」(1971年(昭和46年)~1974年(昭和49年)生まれ)と呼ばれる第二次ベビーブームの世代やや上46歳ぐらいになるのですが、

    46(歳) × 万円 × 12か月 = 552万円 

    となり、これに賞与が加わりますので、ほぼ平均以上の所得になっているはずです。

    正直に書かせて頂きますが、この平均以下の所得しかないのであれば、それは「ご自身の努力が足りない」わけで、国家や政府を悪者とするのではなく奮起して頑張っていただきたいものです。

    女性 希望 2

    詳しくはこちらをご参照💛

    「天は人の上に・・・」の本当の意味 ~ 福沢諭吉 『学問のすゝめ』

    この国を滅ぼさないための重要な結論 《嘘まみれ保守》に憲法改正を任せるな! 

    で、問題は、twitterの反応にありましたように、「年金や所得税が増えているから実質マイナス」という部分になります。

    女性 ポイント これ

    「年金」に関しましては、誤解なされていらっしゃる(→可処分所得が減っているという点は間違いありませんが、それは将来のご自身の年金額に反映されます。ただし、高所得者ほど不利益を被りますが・・・)ようですが、実はこれ「財務官僚が垂れ流すデマ」のせいで、それに便乗して拡散している「阿呆なマスコミ」の影響になりますが、

    ポイント 21

    詳しくはこちらをご参照💛

    ケネディ大統領が暗殺された理由は?

    馬渕睦夫が読み解く 2019年世界の真実──いま世界の秩序が大変動する 

    「所得税」に関しましては、非常に正しいご認識をなされています。加えて申し上げますと、「所得控除額縮小」という「増税」が、私たち日本国民の判断を仰がずに、勝手になされているため、「可処分所得」が減少しているわけです。しかも、それは働き盛りで、子育ても忙しく何かと物入りの多い、まさに「団塊ジュニア」(1971年(昭和46年)~1974年(昭和49年)生まれ)と呼ばれる第二次ベビーブームの世代「可処分所得」に著しい影響が見てとれます。

    女性 ポイント これ

    詳しくはこちらをご参照💛

    明日を今日よりも豊かにするためには。。。アリとキリギリス

    日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル 

    翻って、私たち日本の税収は、バブル期を超そうかという勢いです。

    これ 女性

    一般会計税収
    息を吹き返す税収~2018年度60兆円超えでも違和感なし 第一生命経済研究所

    であれば、当然「減税すべき」でしょう?

    ポイント 女性

    経済が回り始めれば「税収」伸びます経済を回すことなく「税率」を引き上げても、「税収」絶対に伸びませんそれどころか疲弊して「税収」は減ります

    ポイント 23

    こんな単純明快なことが、分からないのがマスコミです。

    ポイント 22

    いま私たちの日本求められているのは、さらに経済を回すための「所得減税」です。

    基幹3税の推移
    息を吹き返す税収~2018年度60兆円超えでも違和感なし 第一生命経済研究所

    「団塊ジュニア」(1971年(昭和46年)~1974年(昭和49年)生まれ)と呼ばれる第二次ベビーブームの世代中心として、額に汗して働く日本の庶民税負担に喘いでいる一方で、働かず税金も納めない世帯30%も占めている状況にある私たちの日本に、喫緊の課題として求められているもの「減税」であるということは、もはや誰が見ても明らかだと思うのですが、どういうわけか「東京大学法学部」を卒業しただけの連中には、その「アタマの悪さ」も手伝って理解することができないようなのですが。。。

    これ 女性

    日本の主な世帯構成
    総世帯数の5%にも満たない「標準世帯」 大和総研


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング

    関連記事
    最終更新日2018-07-29
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply