【真実】 日本が、朝鮮で、したかったこと♥

    imagesBEZ79IE6.jpg

    『…現国王の治世下で、野望も権勢もある王妃のいとこ閔泳駿が…

    政治権力の全てを掌握し始め、

    また全国の要職についていた閔氏一族は

    手当たり次第に人民から金品を巻き上げた

    朝鮮国内は全土が官僚主義に色濃く染まっている。

    官僚主義の悪弊がおびただしくはびこっているばかりでなく、

    政府の機構全体が悪習そのもの

    腐敗の海略奪の機関で、

    あらゆる勤勉の芽を潰してしまう

    職位や賞罰は商品同様に売買され、

    政府が急速に衰退しても、

    被支配者を食い物にする権利だけは存続するのである。

    日本人が「改革」と呼ぶ新しい秩序は…占領した時点から始まった。

    日本は朝鮮式機構の…悪弊と取り組み、是正しようとした

    …改革の基本路線は日本が朝鮮に与えたのである。

    日本人が朝鮮の政治形態を

    日本のそれに同化させることを念頭に置いていたのは当然であり

    それはとがめられるべきことではない。』

    日本のように朝鮮も変わることができたのなら、今頃は、もう少し違っていたのかもしれませんね~♥

    朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫)朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫)
    (1998/08/10)
    イザベラ・バード

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 朝鮮
    Published on: Wed,  01 2014 16:24
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment