FC2ブログ

    問) 日本にとって、警戒する必要性がある3つの国は?

    tpp-logo.jpg

    環太平洋パートナーシップ協定(かんたいへいようパートナーシップきょうてい)(英語: Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement または単に Trans-Pacific Partnership、略称TPP、環太平洋連携協定、環太平洋経済連携協定、環太平洋戦略的経済連携協定、環太平洋経済協定)は、環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした多角的な経済連携協定 (EPA) である

    tpp-logo 2
    【インサイト】円高に負けない国際化-意外に大きいTPP合意の影響

    tpp-logo 3
    米がTPP復帰検討 トランプ氏、再交渉条件に










    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 歴史認識に限って言えばアメリカのメディアも政治家もそのほとんどが、「過去の戦争犯罪に対して謝罪も補償も十分ではないため日本には近隣諸国から信頼されていないというイメージを抱いている。【それはなぜか】

    女性 悩む 02

    日本による【謝罪と補償が不十分だからではない】。アメリカのメディアや政治家がもともと【「反日」であるからでもない】

    ポイント 21

     日本の戦争責任を政治問題化すべく【1980年代後半】から、アメリカや国連を舞台に、【在米のチャイナ・ロビー】【韓国・北朝鮮系と連携】して【反日宣伝を繰り広げてきたから】なのである。戦争責任を追及するアメリカの背後には、【在米中国人グループがいる】のだ。

    ポイント 女性

     日本の戦争責任を蒸し返し、改めて日本に謝罪と補償を求める在米中国人によるグループアメリカで初めて結成されたのは【1987年】のことで、その名は【「対日索賠中華同胞会」(Chinese Alliance for Memorial and Justice)】という。【ニューヨーク】においてまず準備会という形で結成され、1991年正式に結成された。このグループの主目的【「対日賠償請求運動を盛り上げること」】で、…その活動の広がりとともに【91年】3月15日、狙いを【「南京大虐殺」に絞った政治団体を結成】する。その名も【「紀念南京大屠殺受難同胞連合会」(Alliance in Memory of the Victims of the Nanking Massacre)】で、その目的は「南京大虐殺の非人間性を広く世界に訴え、終局的に日本政府から正式な謝罪と賠償を引き出すこと」である。

     結成半年後の8月2日、この団体の代表【チャオ・グオツェン(姜国鎮)】がニューヨークのホテルで記者会見し、「南京大虐殺の現場にいた【ジョン・マギー牧師】が撮影した事件のフィルムを発見した」と公表した。…

     こうしたニューヨークでの動きは、【中国系が多いカリフォルニア州にも飛び火】していく。【92年】5月2日、カリフォルニア州クパチーノを拠点として、やはり【中国系アメリカ人を中心】【「抗日戦争史実維護会」(The Alliance for Preserving the Truth of Sino-Japanese War)】が結成される。…

     この団体は…全米各地の中国系知識人たちとのネットワーク形成に力を入れ、【94年】6月10日には【他の7団体とともに「全米華人の天皇への抗議と賠償請求公開書簡」を発表】している。…

     以降、【これら中国系反日団体は統一行動をとるようになる】。…

    ポイント 23

     そして【1994年】(平成6年)12月、日本の戦争責任を追及する【アメリカ、カナダ、香港を中心】とする【世界中の30もの中国系、韓国系、日系団体が結集】して統一組織【「世界抗日史実維護連合会」(Global Alliance for Preserving the History of WWⅡ in Asia。以後「世界抗日連合」と略称)】結成した。…

    世界抗日戦争史実維護連合会

     【「世界抗日連合」】は、「南京大虐殺を目撃した」というドイツ人【ジョン・ラーベ】の日記を発掘し、「南京大虐殺はなかった」と明言した石原慎太郎衆議院議員に

    南京の真実 

    抗議する意見広告をニューヨーク・タイムズに掲載し、訪米された天皇陛下に対して抗議デモを繰り広げた。1年間で50万部という大ベストセラーとなった『ザ・レイプ・オブ・南京』の著者【アイリス・チャン】女史も実は【この「世界抗日連合」の会員】であった。

    アイリス・チャン
    アイリス・チャン

     しかもこの【「世界抗日連合」】は、日本の戦争犯罪を追及するアメリカの捕虜団体や【韓国系組織】、そしてドイツに対して補償を要求していた【ユダヤ系組織】とも【積極的に連携を深めてきた】。…

    ポイント

     【ユダヤ系で「世界抗日連合」と連携】しているのは、【サイモン・ウィーゼンタール・センター】である。「ガス室はなかった」という記事を追及して文藝春秋の月刊誌「マルコ・ポーロ」を廃刊に追い込んだ【ユダヤ系団体】と言えば、思い当たる人もいるだろう(ただしこのユダヤ系グループその後中国系の反日団体との連携を止めている)。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、「コミンテルン・キラー」と呼ばれる著者によるもので、2012年12月に発刊された書物になりますが、主にソ連・コミンテルンとアメリカのルーズベルト大東亜戦争第二次世界大戦、そしてその後のアジア諸国への「戦勝国による再侵略」引き起こした元凶であり、そのように歴史を見直す動きが、すでに起きていますといった内容がメインになります。これ一冊で、かなりの範囲がカバーできますので、今後どのように歴史の見直しが進んでいくのか知っておきたいという方々に非常にお勧めの良書です。

    読書 女性 2-8

    当ブログでも、一貫して取り挙げさせて頂いているテーマの1つが、「ソ連・コミンテルン」で、「共産主義」「社会主義」といったイデオロギーを持つ「ソ連・コミンテルン」を中心とした勢力が、20世紀において、世界を戦争へと引き込み現在にまで至る数々の紛争の種を蒔いた元凶だったという認識の下に色々書かせて頂いております。

    実際、当時のアメリカには、「ソ連・コミンテルン」に繋がる連中数多く存在していて、それらの動き読み切れず判断を誤ってしまった国の1つが、私たちの日本です。

    共産主義 110

    『 1920年代ソ連世界中にスパイを放ちます。日英も例外ではありません日本学界と論壇あっというまに共産主義にかぶれソ連シンパが大量発生します。

     インテリがかぶれるのは先進国に共通で、英国すらオックス・ブリッジにスパイが相当数入り込まれました(現在わかっている史料は明らかに氷山の一角なので、今後の研究が必要です)。当時の英国政界再編期で、アスキスとロイド・ジョージの対立で自由党が分裂していました。その結果、労働党が台頭し、保守党とともに二大政党制の一角に食い込みます。

     対外政策では、広がりすぎた帝国の維持に、難渋します。

     英国が警戒しなければならないのは次の3つでした。第一は、ドイツの復活です。ヴェルサイユ条約で軍事小国に叩き落としましたが、彼らの復讐心と潜在能力は脅威でした。現にドイツは、ソ連と組んで再軍備を企んでいました。

     第二は、ソ連です。共産主義というのは、「世界中の政府を暴力で転覆して、世界中の金持ちを皆殺しにすれば全人類は幸せになれる」という、幼稚極まりない思想です。難しい専門用語を使うけれども、要点だけまとめればこの程度の主張を堂々と宣伝しながら全世界にスパイを放っているのです。しかも、シレッとラパロ条約でドイツと同盟を結んでいます。独ソの間には、東欧の小国が存在しますから、東西の情勢を様子見している彼ら小国の意見を聞かないわけにはいきません。

     第三は、あまり言われないのですが、アメリカです。そもそもアメリカは独立戦争以来、親仏反英の国です。一族のなかにはアメリカに移住した者が多くいるとはいえ、貴族社会ではヤンキーフォビア(ヤンキーのアメリカ人は嫌い)の伝統が健在です。何より大英帝国の覇権を現実に脅かす能力がある一番手はアメリカなのですから、警戒しないわけがありません。そうなると遠交近攻英国にとっては日本との関係が重要になるのですが…。』


    詳しくはこちらをご参照❤

    100年前の「ソ連」と「ドイツ」と「アメリカ」を結びつけていたもの

    嘘だらけの日英近現代史 

    念のために書かせて頂きますが、どう考えても、当時イギリスにとってはその世界戦略上日本との関係が重要だった、にもかかわらず「日英同盟」は失効(1923年)となります。その後の流れは、反英、反米へと私たち日本の世論が誘導され、やがて私たちの日本は戦争へと引き込まれることとなります。

    ポイント 32

    ここで、当時のイギリスの状況を、もう一度整理してみましょう。

    当時のイギリスにとって警戒する必要性が高かった国が、

    ①ドイツ : 直前まで敵対国

    ②ソ連 : 共産主義国家

    ③アメリカ : 経済力をつけてきた新興国

    となります。

    で、この3つの国の違いは、どこにあるのでしょうか?

    女性 悩む 02

    『 1336年足利尊氏後醍醐天皇の建武の親政を粉砕し、政権を樹立します。2年後には将軍宣下(せんげ)を受けます。…

    伝足利尊氏像(浄土寺蔵)
    伝足利尊氏像(浄土寺蔵)

     室町において、言葉は武器でした。己の才覚のみで生き抜くしかない室町時代力とは何か鉄と金と紙です。とは軍事力とは経済力とは「言葉の力」です。「言葉の力」とは何か陰謀交渉演説権威文化的教養。物質力以外のあらゆる位相において「言葉の力」は存在します。

     力がすべての室町時代経済力は軍事力の基礎にすぎません。金がなければ奪えばいいそれが室町です。そうした室町において力となりえるのは軍事力です。ではその軍事力どのようにしたら身に付くのか言葉によって集めるのです。』


    詳しくはこちらをご参照❤

    習近平も金正恩も、スペイン語の「マラーノ(marrano)」です

    倉山満が読み解く 足利の時代─力と陰謀がすべての室町の人々 

    このように、「力」とは、「鉄と金と紙」という定義に従って、素直に考えたとき、すなわち、「鉄=軍事力」「金=経済力」「紙=言葉の力」であり、その中で、例えば、陰謀、交渉、演説、法、権威、文化的教養・・・等など、最も重要な要素「言葉の力」になります。

    現在の私たちの日本「言葉の力」とは何か、と考えたときに、頭に浮かぶ「ことば」がございませんでしょうか?

    女性 悩む 02

    それは、「メディア」です。「マスコミ」でも「マスゴミ」でも、何ら問題はありません。

    「言葉の力」とは、「メディアの力」含まれています

    女性 ポイント 10

    以上のことを念頭に置きながら、もう一度当時のイギリスにとって警戒する必要性が高かった国を確認してみますと、

    ①ドイツ : 直前まで敵対国 ⇒ 「鉄=軍事力」

    ②ソ連 : 共産主義国家 ⇒ 「紙=言葉の力」

    ③アメリカ : 経済力をつけてきた新興国 ⇒ 「金=経済力」

    となります。

    いかがでしょうか?3つの国の違いが、どこにあるのかが御理解いただけましたでしょうか?

    それでは、今度は、現在のトランプ政権のアメリカから見た、警戒する必要性がある国を3つ、同じように考えてみると、どうなるでしょうか?

    ①(     ) : 敵対関係 ⇒ 「鉄=軍事力」

    ②(     ) : 宗教・イデオロギーの相違 ⇒ 「紙=言葉の力」

    ③(     ) : 経済問題で対立 ⇒ 「金=経済力」

    女性 悩む 02

    また、折角ですので、私たちの日本から見た、警戒する必要性がある国を3つ、同じように考えてみると、どうなるでしょうか?

    ①(     ) : 敵対関係 ⇒ 「鉄=軍事力」

    ②(     ) : 宗教・イデオロギーの相違 ⇒ 「紙=言葉の力」

    ③(     ) : 経済問題で対立 ⇒ 「金=経済力」

    女性 悩む 02

    これは宿題ということで、本日はここまでとさせて頂きます。

    ヒントとなる参考動画は、こちら。その下は、おまけです(笑)



    TPP亡国論 

    亡国最終兵器-TPP問題の真実 

    machiko_20160326215031f88.png

    machiko 平蔵

    machiko TPP反対

    TPP反対 共産党 1

    TPP反対 共産党 2 TPP反対 共産党 3

    日英
    【英国】EU離脱後にTPPに参加検討着手 ハンズ通商政策担当相「多国間協定に地理的な制約は必要ない」~ネットの反応「太平洋関係ねえw」「オーストラリアやニュージーランドの国家元首はエリザベス女王だから大丈夫w」

    キャプチャ-22
    【慰安婦合意】TBS NEWS23 星浩「政権が変われば国際合意が破棄されるのはよくあること。TPPもそう。日本は大人の対応を」~ネットの反応「TPP発効してねえじゃんこのフェイクニュースメイカーが」「TPPには最終的かつ不可逆的って文言入ってんの?」

    子供 笑う 女性

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国際
    Published on: Mon,  29 2018 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment