FC2ブログ

    Welcome to my blog

    崔 吉城  朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実 ― 文化人類学者が読み解く『慰安所日記』

    みっちゃん

    みっちゃん

    朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』



    どんな本かはこちらから♥

    朝鮮戦争のときに、韓国の味方であるはずの国連軍が・・・ 


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2018-02-02
    Posted byみっちゃん

    Comments 2

    There are no comments yet.
    -  

    靖国神社にも韓国人が祀られていますし、戦後を知る現在80歳代の方に話を聞けば、時敏の娘、孫を強姦し、に本に売りにきた朝鮮からの人々が多かったと、見ている人が言っています。奴隷(ペッチョン)への扱いがひどく、日本へ逃げてきた在日も多いです。日本軍は、両班(ヤンバン)のそういった残虐な行いをやめさせたり、韓国は、伐採が激しいかったので、何億本も植樹しました。

    2018/02/21 (Wed) 15:08 | EDIT | REPLY |   
    みっちゃん  
    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございます。

    本当に仰る通りだと思います。朝鮮半島の歴史には、「身分差別」や「男女差別」といった「人権侵害」が当たり前のように横行していました。これは、現在でも、全く同じだと思いますし、そんな不条理なことは改められるべきだと思いますし、抑圧された人々を解放するためには、私たちの日本も積極的に関わっていくべきだと考えています。

    ところが、何故か、日本においては、普段、そのようなことを公然と発言している連中が、実は、朝鮮半島における「身分差別」や「男女差別」といった「人権侵害」に「加担している」という現実があるのですが、その正体こそ、「言っていることと、やっていることが異なる・真逆」「ダブル・スタンダード」という特徴を持っている「左翼・リベラル」、つまり共産主義者が存在しています。

    当ブログは、そういった朝鮮半島における「身分差別」や「男女差別」といった「人権侵害」に「加担している」連中が許せない存在であると考えています。


    朝鮮人慰安婦には、何ら罪はない。そのことは本書をご覧頂くことで理解できます。

    一体どうして、余命幾ばくもない高齢女性が、公に「晒しモノ」にされて、「辱め」を受けなければいけないという必要があるのでしょうか?

    当ブログが、どうしても許せないのが、この一点です。

    それでは、これからも頑張ってまいりますので、宜しくお願い致しま~す☆彡

    2018/03/01 (Thu) 19:50 | EDIT | REPLY |   

    Leave a reply