グローバリストのユダヤ人と、シオニストのユダヤ人は違うんです

2 0
Lieder_des_Ghetto_11.jpg

シオニズム(ヘブライ語: ציונות‎, Zionism)、シオン運動、シオン主義は、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しようあるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動。後者の立場を「文化シオニズム」と呼ぶことがある。「シオン」(エルサレム市街の丘の名前、英語発音ではザイオン)の地に帰るという意味である。








戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

それでは、この書物を見ていきましょう!




『 【ユダヤ人にも2派】あって、【アメリカ民主党のリベラリスト】と言われる人たちの中の【ユダヤ人の多くは、同じユダヤ人でもグローバルで考える人たち】で、【国境や国という概念が基本的にはない】

ポイント 31

ユダヤ人というのは国を持たなかった民なのですが、【シオニズム運動】によって【1948年にイスラエルが建国】されました。

イスラエルへ移住するユダヤ人たち
イスラエルへ移住するユダヤ人たち

【グローバリストのユダヤ人と、シオニストのユダヤ人は違う】わけです。

ポイント 21

同じユダヤ人でも、「国家」というものに帰属意識の強い親イスラエル派と、国境という概念がないグローバリストがいて、【アメリカのユダヤ人コミュニティは分断している】のです。

ポイント 女性

その結果が、共和党と民主党の分裂で、この構図が中東にも反映されて、ロシアとの構図にも反映されているのです。

 もう少し具体的に解説しましょう。【「旧約聖書」に登場するユダヤ人に、白人は1人もいません】【黒髪、黒目のセム系】と呼ばれる人たちです。

ポイント 31

【なぜ白人系ユダヤ人がいるのか】

女性 ポイント 10

白人系ユダヤ人というのは7世紀から10世紀にかけて存在した【ハザール王国のハザール人】とされています。

ハザール・カガン国の版図(650年頃が赤、750年頃が橙、850年頃が薄い橙)
ハザール・カガン国の版図(650年頃が赤、750年頃が橙、850年頃が薄い橙)

現在の【ウクライナ東部から、ロシア南部、カザフスタン西部を支配した国】で、ハザール国【ユダヤ教を国教化した】ことで白系ユダヤ人となったのです。』

日の丸

いかがでしょうか?

今回ご紹介させていただく書物は、すでに当ブログで御紹介させて頂きました、こちらの良書に引き続く第二弾の書物になります。

これ 女性

山口組分裂と国際金融 : インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係 
猫組長、渡邉哲也   山口組分裂と国際金融 : インサイダーが明かすヤクザとカネと世界経済の関係

ずばり「経済のオモテとウラ」について書かれている書物ですが、実業の世界に身を置かれていて、それなりに世の中の仕組みを御存じな方であれば、特段何の変哲もない常識が書かれた書物ですが、困ったことに、普通一般の方々であれば、驚愕される内容になってしまうのではないでしょうか❤

つまり、書かれている内容について、恐らくは、ほとんどの方々が「知らない」ということになります。

ぜひ、併せてご覧頂くことをお勧めさせて頂きます。

女性 外国人 読書 14

さて、本書のご紹介に当たって、一番初めに「原油」、「麻薬」、「武器」という3つのキーワードが書かれている点に触れましたが、これらを巡る「お金」の動き知っておいて損はないと思います。

昨日までのところでは、それら3つのキーワードについて、現代史をざっと確認してきました。

繰り返しになりますが、非常に重要な点が、いまから100年前のロシア革命で、すべてはここから始まっています。

ポイント 女性 重要 5

ロシア革命は、共産主義を実践することで社会主義社会を目指すという「左翼ユダヤ人」による革命で、史上初の社会主義国家・ソ連として生まれたわけですが、レーニンの後を受け継ぎ、スターンが独裁体制を敷くことで、ロシア革命に貢献した「左翼ユダヤ人」らが、次々と追い出されていきます

ヨシフ・スターリン
ヨシフ・スターリン

「左翼ユダヤ人」らを粛清したスターリンが指導して以来の社会主義国家・ソ連傀儡が、中国共産党毛沢東であり、中国共産党に籍を置き、のちの北朝鮮初代指導者金日正(きん にっせい)であり、これまた中国共産党に籍を置き、のちの日本共産党の名誉議長だった野坂参三(のさか さんぞう)です。

ポイント 31

そして、スターリンと対立し、もう一つの流れとなるのがトロツキー派です。

レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー
レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー

このトロツキーに連なるのが、のちの共和党の「ネオコン」であり、民主党の「リベラル」で、それらと対峙する形で登場したのがトランプ大統領なのです。

ブッシュ クリントン

Bush_Hillary_MObama ブッシュ ヒラリー ミッシェル

オバマ 内緒

ネオコン ヒラリー1

詳しくはこちらをご参照❤

リベラルと、ネオコンと、「ケーガン一家」 ⇒ すべて「パヨク」です

日本をダメにするリベラルの正体 

これはまた別の機会に書かせて頂きますが、私たちの日本は、すなわち大日本帝国は、これら2つの勢力を相手に、つまり明確に分裂する前の共産主義・社会主義を唱える「左翼」戦っていたんです。そして、背後には「ユダヤ人」がいたわけです。

『 昨年11月に始まったウクライナ国内の政争が、今日世界を巻き込む深刻な事態に至った直接のきっかけは、2014年3月18日にロシアウクライナ領クリミア半島の住民投票の結果を受け入れロシア領としたことでした。これにアメリカが激しく反発し、EU(欧州連合)や我が国を巻き込んで、アメリカ主導の対露経済制裁が始まりました。…

 黒海に突き出たクリミア半島は、過去幾多の国々の興亡の歴史を見てきました。紀元前7世紀頃にはスキタイ人が住んでおり、その後古代ギリシャ人が入植し、ケルソネソスなどの植民都市を築きました。その後、さまざまな民族が侵入しましたが、特筆すべき13世紀に蒙古民族のタタール人が侵入して、やがてクリム汗国を建設ソ連時代にはクリミアのタタール人たちは、スターリンによって強制的にウズベキスタンに移住させられますが、その後帰還していまでも居住しています。


クリミア・ハン国の版図、1600年ごろ。
クリミア・ハン国の版図、1600年ごろ。

ポーランド兵と戦うクリミア・タタール戦士
ポーランド兵と戦うクリミア・タタール戦士

 もう一つの特筆すべきことは、9世紀頃からカスピ海の西岸周辺に栄えたハザール王国が、一時期クリミア半島を支配下に置いていたことです。

ハザール・カガン国の版図(650年頃が赤、750年頃が橙、850年頃が薄い橙)
ハザール・カガン国の版図(650年頃が赤、750年頃が橙、850年頃が薄い橙)

 このハザール王国については現在に致る歴史論争の一つになっています。その理由は、ハザール王国はユダヤ教を信奉する改宗ユダヤ人の国で…ユダヤ人の定義はユダヤ教徒であることですから、ハザール人はユダヤ人ということになります。このハザール人の末裔がいわゆるアシュケナージ・ユダヤ人であるか否かが、大きな争点となっているのです。それは当然です。もしアシュケナージ・ユダヤ人がハザール人であるなら現在のユダヤ社会における支配勢力であるアシュケナージ・ユダヤ人はセム族ではないことになります。これが事実であれば、世界史がひっくり返るくらいの大事件なのです…

 かつてクリミアにはハザール系ユダヤ人が住んでいたということを覚えておいて欲しいと思います。』


『 ロシア人にとってクリミア半島特別の思いが交差する領土なのです。クリミア半島は、ロシア帝国時代のロシアが第一次露土戦争に勝利して1783年にロシアに編入された土地で、その後、トルコやイギリスなどとの2度にわたる死闘を通じて守り通した貴重な領土だったのです。軍港セバストポリには、露土戦争の強大なジオラマが観光名所の一つになっています。ウクライナ人でさえ、クリミア半島をめぐる戦いに自らの歴史のアイデンティティを感じているのです…

セヴァストポリ港
セヴァストポリ港

 クリミアをめぐる歴史はソ連時代にさらに複雑さを加えました…1944年、ナチスドイツとの戦争の最中、反ファシスト・ユダヤ委員会…などユダヤ系ロシア人たちが、クリミア半島をユダヤ人の自治共和国にするようスターリン共産党書記長(首相)に訴えたのです。…温暖なクリミア半島…は、ユダヤ人の故郷であるパレスチナのカナンの地、乳と蜜の流れる豊かな地、とイメージされていたのです。たしかに、緑に覆われたクリミアでは、ブドウが取れ、世界的にも有名なマサンドラ・ワインの産地でもあります。このクリミアの地をソ連国内の少数民族であるユダヤ人の居住区にしようとしたのです。…

 この訴えはソ連の最高意志決定機関である共産党政治局において議論されました…が、スターリンはこの提案を拒否しました。…なぜスターリンが拒否したのかについては、この提案の背後アメリカのシオニストの影響を見たのが原因であるとして…フルシチョフは回想しています。…この構想挫折後、1948年にパレスチナの地にユダヤ人国家イスラエルが誕生しました。そのイスラエルは現在もガザ侵攻に見られるようにパレスチナ人との間で軍事衝突を繰り返しています。』


詳しくはこちらをご参照❤

世界を操る支配者の正体 

さて、本文中に「グローバリストのユダヤ人と、シオニストのユダヤ人は違う」と書かれていましたが、シオニストのユダヤ人たちは、戦争への協力のご褒美として「イスラエル」という国家を手に入れることができました。

では、グローバリストのユダヤ人たちは、満足しているのでしょうか?

悩む女の子2

いいえ満足なんてしていません。それどころか、現在においても虎視眈々と狙っています

トロツキーに連なるのが、のちの共和党の「ネオコン」であり、民主党の「リベラル」だと書かせて頂きましたが、スターリン由来のソ連と対抗していた彼らは、ソ連崩壊によって勝利を手に入れます。

問題はそのあとです。

彼らは、スターリン由来のソ連に連なる権益を、どんどん手に入れようとし続けています。スターリン由来のソ連ではなく、その前のロシア帝国を理想とするプーチンは、その動きに対して戦っています

ポイント 000

こちらもご参照❤

ボクとプーとシューの秘密の関係

日本人がつくる世界史 

『 プーチン日本に期待していることは、ロシアをロシア型のハイテク産業化にすることですが、そのために経済技術協力ができるのは日本だけなんです。プーチンのいろいろな発言を読んでみると、彼は「ロシアを発展させるために、欧米の外資とは組まない」と言っています。

 それはエリツィン時代に失敗したからです。欧米の外資が入って来て、ロシアの富を奪っていっただけです。しかもロシア国内でユダヤ系の政商が生まれてきた彼らはグローバリストです。欧米の国際主義者と組んでロシアの国際主義者がエリツィン政権を牛耳っていたのです。

 そこにプーチンが出てきて、そういう連中は「ビジネスはやってもいいけれど、政治には口を出すな」と念を押した。しかし、彼らは陰に陽に政治に介入し続けたから、プーチン彼らを次々とつぶしていった

 その最終的な分岐点になったのが2003年ホドルコフスキー事件です。

 ホドルコフスキーユダヤ系ロシア人で、金融業からはじめて、食品、繊維、金属など、さまざまな企業を買収、傘下に収めていき、石油会社ユコスも吸収して、そこの社長になったのです。彼は石油王と言われロシアの石油を握っていました

 彼は2003年頃からプーチン批判を強め、2004年の大統領選挙に「プーチンに対抗して出馬する」と言い出しました。そして、ロシアをオープンにすると。オープンにするということは、つまり外資に開くということです。

 実際、ユコスとシブネフチとの合併で誕生するはずだった新会社の株式40%をアメリカの石油メジャーであるエクソンモービル社に取得させる交渉をしていました。

 また、逮捕される2年前には、ロシア解放財団を設立しています。なんと、理事として、ロンドン・ロスチャイルドの現当主であるジェイコブ・ロスチャイルドヘンリー・キッシンジャーが入っています。実質、外資に財団法人をつくらせたのです。

 もちろんホドルコフスキーもユダヤ系ですから、そこでプーチン包囲網のユダヤ連盟ができてしまった。ところが、プーチンは先手を打って、ホドルコフスキーを脱税容疑で逮捕、投獄して、シベリア送りにしたのです。それがホドルコフスキー事件です。』


詳しくはこちらをご参照❤

ふたつのユダヤ人

ようやく「日本の世紀」がやってきた 

で、エクソンモービル社と言えば、当然、この人物が思い出されるのではないでしょうか?

レックス・ウェイン・ティラーソン
レックス・ウェイン・ティラーソン

スターリン由来のソ連に連なる権益を、どんどん手に入れようとし続けている、それがトロツキー由来グローバリストのユダヤ人たちなのですが、今目の前で、毛沢東由来の中国金日正(きん にっせい)由来の北朝鮮という2つスターリン由来のソ連に連なる権益を巡る争奪戦が繰り広げられています。

で、トランプ「わざと」ティラーソンを矢面に立たせているんです。

ポイント 31

キャプチャ-1
<#北朝鮮情勢>北朝鮮対話重視のティラーソン国務長官、数週間以内に更迭か 後任候補はポンペオCIA長官 米報道~ネットの反応「はい、戦争確定です!米政権内で対話路線主張派のドンがいなくなります」「完全に戦時組閣やな」
キャプチャ-5
トランプ大統領「ティラーソン国務長官更迭は『フェイクニュース』だ。彼は辞めない」とツイート~ネットの反応「アメリカンパヨクはティラーソンをヒーローにしたがってる感じだよね」

トランプのやり方を理解していれば、誰にでも簡単に分かることですね❤

アゴラ トランプ

こちらをご参照❤

トランプ大統領の政権運営の本質は世襲経営者特有の“受け身”スタイル(特別寄稿)

とどの詰まり、北朝鮮と支那が「標的」になっている訳です❤

子供 笑う 女性



続きは次回に♥




ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
ページトップ