アントワープと「新しいクリスチャン」

0 0
アントウェルペン市街
アントウェルペン市街

超正統派、ハレーディー(ム)(חֲרֵדִים Haredi または Charedi Judaism, ultra-Orthodox Judaism)とは、ユダヤ教の宗派の一部ユダヤ教正統派の中でも特に東部ヨーロッパに由来する伝統的な形態とその人々に対する通俗的な呼称。ヘブライ語では、単数形は「ハレーディー」であり、複数形は「ハレーディーム」である。ユダヤ教の最右派イスラエル人口の10%近くが信仰しているとみられている。

超正統派の信者(黒い帽子に黒いスーツ・長い髭を伸ばすのは超正統派の特徴でもある)
超正統派の信者(黒い帽子に黒いスーツ・長い髭を伸ばすのは超正統派の特徴でもある)







戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

それでは、この書物を見ていきましょう!




『 最近は、【「共産党」と言っても、何をしたい人たちなのかわからない】かもしれません。

siikazuo-2.jpg

kyousanntou.jpg
共産党「憲法を守れ!」→ 「まずはルール守ろうよ…」人として最低限のルールが守れていないと非難の声(※画像あり)

子供 笑う 女性

 【共産党は、共産主義を実現したい政党】だから共産党です。

kyousantou1.jpg

じゃあ、【共産主義って何なのか】というと、【「世界中の政府を暴力で転覆して、世界中のお金持ちを皆殺しにすれば、全人類が平和になれる」という危ない思想】です。

ポイント 000

日本共産党 5

こちらもご参照❤

産経新聞政治部  日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党

日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党 

 共産主義19世紀半ば【カール・マルクス】という人が言いだしました。

志位 50

マルクス 資本論

1875年のマルクス
1875年のマルクス

そして今からちょうど100年前1917年【ウラジミール・レーニン】という人がロシアでマルクスの思想通りの事を実行し、【ソ連という国】を建てます

ウラジーミル・レーニン 5
ウラジーミル・レーニン

 そして、【一時は地球の半分が共産主義の国】になってしまいました。

社会主義 独裁者

 現在、【ソ連は滅びてしまいました】しかし、…【中国や北朝鮮は今でも共産主義】を掲げています。

習近平 金正恩

 お気づきになりましたでしょうか。日本の隣国である、【中国、北朝鮮、ロシアは核兵器を持っている国】です。そして、【決して日本に友好的な国ではありません】

ポイント 31

 この文章を書いている今も、北朝鮮は「日本上空を飛び越えて、アメリカに向けてミサイルを飛ばしてやる」と声明を出しています。

 中国とは事あるごとに揉めています。尖閣諸島に毎日押し寄せて、「そこの島は俺たちのモノだ」と脅かしてきているのは、ご存じでしょう。…

 俗に、【共産主義者のことを「左翼」と言います】「右翼」が体制側なのに対し、それを【転覆しようとする共産主義者は「左翼」】と言われます。

ポイント 21

 1945年に第二次世界大戦が終わり、1991年にソ連が亡びるまで世界の中心はソ連でした。「共産主義を世界中に広めるぞ!」というソ連に対し、アメリカなど他の国が「そんなことされてたまるか!」と争っていました。わが日本国アメリカの側です。しかし【日本国内にはソ連に共感する人もいました】し、【今でも中国や北朝鮮に同調する人は多くいます】【日本では「左翼」の勢力は、まだまだ強い】のです。

ポイント 002

 【サミット参加国】わが国の他に、米英仏独伊加合計7か国です。

G7_201710191725273cd.jpg

サミット参加国とは、【いわゆる先進国】のことですが、【その中で日本とフランスは変わった国】として世界で扱われています。【共産党が国会に議席を持っているのは、この2か国だけ】だからです。

ポイント 31

 【ただし、フランスの場合は意味が違います】

ポイント 32

 【アドルフ・ヒトラー】というドイツの独裁者の名前は聞いたことがあると思います。ナチスという政党を率い、ユダヤ人を皆殺しにしようとするなど、狂気の政策を実行しました。1940年、その【ヒトラー率いるナチスが攻めてきて、フランスはドイツに占領されています】【フランス人は支配されてしまいました】

ポイント 女性 重要 5

こにとき、【シャルル・ドゴール将軍】ロンドンに逃れて亡命政府を樹立1944年には逆襲をかけてドイツ人を追い払いました

シャルル・ド・ゴール
シャルル・ド・ゴール

英雄ドゴールは戦後、フランス立て直しのために内閣を組織します。その内閣【共産党も大臣】を送り込みました。【選挙をやったら共産党が第一党になった】ので、協力を仰がねばならなかったのです。では【なぜ、フランスでは共産党がこんなに人気があるのか】。彼らは【ナチスに占領されている間、武器を持って戦ったから】です。

ポイント 23

 【共産主義の本家であるソ連の命令】【祖国フランス】どちらを選ぶか

 【フランス共産党は、迷うことなく、祖国フランスを選びます】

女性 ポイント 10

 時の政府のやり方には反対だけれども、【祖国は愛している】【これが本当の意味での、左翼】です。

ポイント 21

さすがに、【「共産党だって愛国者」みたいな国はフランスだけ】で、他の【普通の国は「自分の国を破壊するような政党を認めるわけにはいかない」という態度】ですが、「【祖国を愛している】からこそ時の政府に反対するのが左翼」という【価値観は同じ】です。

 さて【わが国は?】

ウルトラパヨク 日本共産党

野坂参三 新聞 共産党

 【共産党どころか、「日本を愛しています」と言おうものなら「右翼」呼ばわりされる】。…

 【「自分の国が好きです」というのが、そんなに変なことでしょうか】。…

 本書

日本って、いい国だよね。何となく悪い国だって教わってきたけどそんなはずないと思うけど」

と感じている人たちに読んでもらいたいと思います。【「日本を悪い国だ」と貶(おとし)めてきたのは左翼ですから】その人たちの【実態をお伝えしたい】と思います。』

日の丸

いかがでしょうか?

今回ご紹介させていただく書物は、もうこれでもかって言うほど、私たちの日本にいるごく少数派の「左翼」「左翼リベラル」の実態について、ある時は実名で、またある時は誰にでもわかる伏せ字で、その悪行の数々を暴いている非常にお勧めの書物となります。

女性 外国人 読書 16

本文中で「共産党」について書かれていましたが、先進国において、「共産党」なるものは、「前世紀のカルト集団」として認識されているのは常識です。そして、それは、私たちの日本でも全く同じで、公安調査庁がまとめている「内外情勢の回顧と展望」などでも、「オウム真理教」とともに「日本共産党」の名前が頻繁に出てくることからも理解ができます。

公安白書 1

公安白書 2
内外情勢の回顧と展望(平成29年1月)の公表について

そんなカルト集団の日本共産党は、若者からは見向きもされず、年を重ねても相変わらず「お馬鹿」なことばかりやっている「高齢者」の集団でもあります。

LmOzTm4-1.jpg
【悲報】共産党「カクサン部」 約32万人でネット荒らし開始 専従40年の古参 連日ツイッター 20

カルト集団の日本共産党は、その主張が支離滅裂であることは周知の事実ですが、

Screenshot_2017-10-19-22-06-19.jpg
赤い小池さんに聞いてみよう! 「北朝鮮が日本に宣戦布告したらどうするの?」→共産党「自衛権を発動します」~ネットの反応~「えっ、誰が自衛するの!? 日本には軍ないんでしょ? SEALsが行くの?w」「普段から『アベ自身が紛争地へ行け』と言ってるから、その時は志位たんが最前線に立つんだよね?」

中には、悪質なデマを吹聴する輩も、カルト集団の日本共産党内に多く存在しています。

1-53.jpg
共産党カクサン部・雇用のヨーコ「安倍政権のもとで若者の正社員が増えたと言われているが、正社員は23万人、非正社員も6万人減ってる!」←経済通のTwitterユーザー達からフルボッコ~ネットの反応「バカなら騙せる安定の共産党」

さて、昨日のところまでで、「リベラル」や「リベラリズム」とか、「共産主義」や「マルクス主義」が、同じ範疇に入り歴史的に一連の流れで生じてきたものだ、ということを書かせて頂きました。

左翼リベラル 3

日本共産党も、立憲民主党も、その流れの延長線上にある「カルト集団」です。

1-47.jpg
元警視庁 坂東忠信氏「NHKがネット工作員ネタを探してましたが、これなんかどう?」⇒希望の党非公認マスコット「希望ちゃん」が立憲民主党と共産党シンパの在日工作員だった!と話題に~ネットの反応「うわーwww」

彼らの主張していることが、どうしても私たち日本人には受け入れがたいものである理由は、「考え方」の違いといった類のものではなく、それが彼らの「信仰」「宗教」に基づくものであるからなんです。

「リベラル」や「リベラリズム」とか、「共産主義」や「マルクス主義」などは、キリスト教を根幹とする西洋社会で生じてきたものであって、私たち日本人とは何の関係もないものです。

キリスト教というのは、すべて神さまが決定します。死んだあとに、天国に行けるのかどうか、誰にもわからない、神さまだけが知っていることになります。

いま、自分たちが生きている世の中と、死んだあとに行けるかもしれない天国は、別の世界になります。

この別の世界にあるはずの天国を、いま、自分たちが生きている世の中に実現させようとする、と言っても出来るはずがないわけですが、まさに、それが「リベラル」や「リベラリズム」とか、「共産主義」や「マルクス主義」根っこにあるものです。

ポイント 31

そして、その大本となっているのが「ユダヤ教」なんです。

ユダヤ

私たち日本で、「室町時代」「戦国時代」を迎えていた頃、中世のヨーロッパで、最大のユダヤ人の人口を誇っていたのがポーランドで、ユダヤ人の財力もあって、のちにヨーロッパ有数の大国へと発展していくのですが、「宗教改革」を経てキリスト教が分裂することになる、まさに、その先駆けの動きが、このユダヤ人を大量に抱えるポーランド周辺で起きたことは、決して無視することができない事実です。

日本の歴史 時代区分 マラソン

そして、そんなポーランドが、隣国のリトアニア大公国一つになってさらなる強国となります

ポーランド・リトアニア共和国
ポーランド・リトアニア共和国

このポーランド・リトアニア共和国を基盤にして、商人・高利貸しのユダヤ人は、東部ヨーロッパを押さえている状況となり、彼らの次なるターゲットが、「オランダ」でした。

昨日のところでは、ナイメーヘンアントワープについて確認しました。

ナイメーヘン
ナイメーヘン

アントワープ
アントワープ

ところで、昨日、「キリスト教徒に偽装したユダヤ教徒」のことを意味する「コンベルソ(converso)」「マラーノ(marrano)」について触れていますが、これが「新キリスト教徒」とも呼ばれています。

以下は、Wikipediaからの抜粋です。

「 新キリスト教徒(西語:cristianos nuevos、葡語:cristãos novos)とは、イベリア半島の歴史用語。「古くからのキリスト教徒」(西語:cristianos viejos、葡語:cristãos velhos)と区別するために、レコンキスタ達成後カトリックに改宗したユダヤ人やムーア人について用いる。「新キリスト教徒」は、単に「コンベルソ(改宗者)」と呼ばれることもあれば、「マラーノ(豚)」と蔑称されることもあった。

 イベリア半島からのユダヤ教徒追放(1492年スペイン、1497年ポルトガル)の結果、イベリア半島におけるすべてのユダヤ人人口は、公式的にはキリスト教徒として数えられた。新キリスト教徒は、常に背教の疑いを向けられていた。1478年のスペイン異端審問と、1536年のポルトガル異端審問のそれぞれの開始は、「異端との戦いの必要性」によって正当化された。新キリスト教徒は密かに以前の信仰を実践していると信じられたからなのだが、実際たいていのユダヤ人は隠れユダヤ教徒だった。

 新キリスト教徒は、改宗後に洗礼名を名乗りヘブライ語やアラビア語の氏名を捨てたポルトガル王国やスペイン王国の庇護を受けた交易商人や宣教師には、少なからぬ新キリスト教徒(ないしは新キリスト教徒と目されている人々)が含まれている彼らは大航海時代に活躍しており、スペインとポルトガルによる海外植民の尖兵だった者もいれば、先住民に対する植民者や侵略軍の非人道的な扱いを告発したラス・カサスのような者もいた。日本に南蛮文化をもたらした人たちもそこに含まれている。」


さて、そんな「キリスト教徒に偽装したユダヤ教徒」である「マラーノ(marrano)」たちの中に、アントワープへと移り住む者たちがいました。

アントワープ 2
アントワープ(アントウェルペン)

15世紀末頃から、このアントワープ外国商館が移転し始め、ポルトガルの商館やイングランドの商館も設立されポルトガル船香辛料などを積んで寄港していました。

当時の主要な海上交易路の様子が、次のようになります。ちゃんと、アントワープにも交易路が結ばれています。

16世紀のポルトガル海上帝国の貿易ルート (青) 及び競合するマニラ・ガレオンの貿易ルート (白)
16世紀のポルトガル海上帝国の貿易ルート (青) 及び競合するマニラ・ガレオンの貿易ルート (白)

以下は、Wikipediaからの抜粋です。

「 アントウェルペン(アントワープ)の黄金時代は、強く「大交易時代(大航海時代)」と関連して海運業の隆盛を極め、16世紀前半より成長を遂げて1560年までにアルプス以北における最大規模の都市となった。多くの外国商人が街に居住し、ポルトガル船からは胡椒やシナモンなどの積荷が日々下ろされていた。ヴェネツィアの大使だったフランチェスコ・グイチャルディーニは、何百の船舶が一日に往来し、2千もの荷馬車が毎週やってくることを記している。また、ポーランド産穀物を積んだ船の寄港地として、いくつもの倉庫を抱えていた。

 ヴェネツィアやジェノヴァの繁栄は各地へと赴いた地元出身の商人によって支えられていたがアントウェルペンの場合は同市出身の商人が世界各地に勇躍していったわけではない。アントウェルペン経済は、ヴェネツィアやラグーザ(ドゥブロヴニク)、スペイン、ポルトガルなど各地からやって来た商人たちの手で支えられており、このことが都市内の多様性・コスモポリタン的性格を形成していった。宗教的にも寛容で、ユダヤ教正統派の大規模なコミュニティも形成されたほか、イベリア半島を追われた「マラーノ(マラノス)」の亡命先や、プロテスタントの拠点ともなり得たのである。」


アントワープ「西のイェルサレム」とも呼ばれる理由が御理解いただけると思います。

ポイント 女性

さて、「フィレンツェダイヤモンド」と呼ばれるインド産失われたダイヤモンドがあります。

フィレンツェダイヤモンド
フィレンツェダイヤモンド

伝えられているお話では、以前にも登場した最後のブルゴーニュ公シャルル突進公が身に着けていたものとされていますが、戦いの最中に紛失してしまい、そこからさまざまな経路を経て、1920年代にアメリカに持ち込まれ切り売りされたと噂されている所在不明のダイヤモンドです。

『シャルル突進公』ピーテル・パウル・ルーベンス画
『シャルル突進公』ピーテル・パウル・ルーベンス画

こちらもご参照❤

日本の鎖国中、貿易を許されていた「オランダ」って、いつ頃に出来た国でしょう?

大間違いの織田信長 

その「フィレンツェダイヤモンド」をカットしたのが、ローデウィク・ファン・ベルケン (Lodewyk van Berken)というユダヤ人で、。ダイヤモンド研磨用の円盤 (Scaif) を発明したことでも有名で、その発明によってユダヤ人のダイヤモンドカット職人が多くなりアントワープダイヤモンド取引およびカット・研磨の中心地となっていきます。

以下は、Wikipediaからの抜粋です。

「 全米港湾当局協会 (American Association of Port Authorities) によれば、2005年時点でアントウェルペン港はトン数で世界第17位の港湾であり、ヨーロッパ内でもロッテルダム港に続く2位となっている。同港は高価値のジェネラルカーゴ(雑貨物)やプロジェクトカーゴ(重量貨物)、またバルクカーゴを大量に取り扱っている点で重要である。アントウェルペンの港湾地区には5つの石油精製所があり、アメリカ・テキサス州ヒューストンに次ぐ規模の石油化学工業の集積地となっている。

 アントウェルペンのもう一つの主産業はダイヤモンドの取引である。市内には4つの取引所があり、1つはボルツと呼ばれる不透明のダイヤ専門、ほか3つは一般品質のものを扱っている。第二次世界大戦以降市内のユダヤ人コミュニティ出身の各家族がダイヤ取引業界を一手に取り仕切っているが、1990年代頃からはインド人・アルメニア人の業者も増えてきている。アントウェルペンにある「アントワープ・ワールド・ダイヤモンド・センター」(Antwerp World Diamond Centre, 前身は "Hoge Raad voor Diamant")は、ダイヤの品質基準の設定、業者の倫理の取り決め、職人の訓練、またダイヤ産業の中心地としてのアントウェルペンを広く宣伝することに大きな役割を果たしている。」


で、さきほどのシャルル突進公が戦死し、ブルゴーニュ公領はフランスへ、フランドルを含むネーデルラント17州は後にハプスブルク家へと帰属するようになり、この時、フランス側とハプスブルク家側とにブルゴーニュ公国の遺領が分かれたことが原因となって、フランス王家とハプスブルク家の長きにわたる抗争が勃発していくわけですが、ハプスブルク家の絶頂期に君臨したのが、神聖ローマ帝国皇帝カール5世(在位1519年~1556年)で、彼は同時に、スペイン国王にも就いていましたので、その領土は、現在のヨーロッパの大半を占めるほどでした。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 『カール5世』1548年
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 『カール5世』1548年

カール5世時代のハプスブルク家の領土
カール5世時代のハプスブルク家の領土

カール5世は、スペイン・ネーデルラント関係の地位と領土を全て息子のフェリペ2世に譲りオーストリア・神聖ローマ帝国関係の地位と領土弟のフェルディナント1世に継承させます。

その結果オーストリア系ハプスブルク家とスペイン系ハプスブルク家の両方に挟まれた格好になったのが、フランス王国で、1589年以降メディチ家の財力を受け継いで繁栄していくのが、「ルイ王朝」とも呼ばれるブルボン朝フランス王国です。

カール5世から、スペイン・ネーデルラント関係の地位と領土を継承した息子のフェリペ2世の治世下のネーデルラント17州では、プロテスタントカルヴァン派が広がっていたため、異端審問を実施プロテスタントの弾圧を強化していきます。

フェリペ2世
フェリペ2世

「宗教改革」を経てキリスト教が分裂することになる、その先駆けの動きが、ユダヤ人を大量に抱えるポーランド周辺で起きたことは、決して無視することができない事実ですと書かせて頂いておりますが、ここネーデルラントにおいても同様に、ユダヤ人が多く居住していている状況で、アンチ・カトリックの動きが生じます。

1477年におけるネーデルラント17州の地図
1477年におけるネーデルラント17州の地図

1568年から1648年にかけてネーデルラント諸州スペインに対して反乱を起こした戦争、いわゆる「八十年戦争」が勃発します。

私たちの日本でいえば足利義昭織田信長軍の護衛により上洛室町幕府15代将軍に就任した頃のお話になります。



続きは次回に♥




ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
ページトップ