自らを正義・善とし、敵を不正義・悪と断罪する、どうしようもなく困った人たち

    プロテスト 抗議

    抗議(こうぎ)とは、自身や第三者の権利に対して作為もしくは不作為による侵害をなす者、あるいは義務を怠るとされる者に対して異議を申し立てることである。

    適切な範囲で行うなら当然の権利(場合によっては義務)とされるが、自救行為として限度を超えた行為を行うならば、逆に脅迫・強要・業務妨害といった不法行為とされる








    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 西尾 : 日韓双方認識大きく違い、数々の行き違いが深刻度を増していますね。そこで私が不思議に思うのは、なぜ【韓国の側】には【他者を他者として評価する】、【自分と切り離して客観的に認識する】という【力がない】のかということです。

    ポイント 31

    「【相手の国は自分たちとは別のことを考えている】かもしれない」という【想像力が、きわめて希薄】だと思います。

    ポイント

    なぜそうなるのでしょうか。

    女性 悩む 02

     【子どもの世界】には、【自他を区別しないそういう傾向がある】ものです。井戸端会議的なケンカでもそうですね。まさしくそうした類(たぐい)のケンカの構えが、【朝野(ちょうや)を挙げて韓国社会を覆っている】と、そう思わざるをえません。

    女性 笑い 笑う

    呉 : 【自分本位の人】は、【「私とあなた」「自分と他者」の区別が曖昧】です。そういう人は、【考え方が狭い】ので極端に走りやすく、【広い視野で物事を判断することが苦手】です。また【自分を絶対視しやすい】ので、自分が善いと思うことは他人でもそう思うはずと、【決め付ける傾向が強くあります】

    ポイント 23

    こちらもご参照❤

    精神障害と朝鮮人

    41tpzUc5C8L__SX344_BO1,204,203,200_ 

     それは子どもなら、ある意味で当然のことですが【韓国人の場合は、多くの場合、大人になってもそうなんです】。韓国人と中国人は似ていると言いますが、その点では中国人の方が、間違いなく大人ですね。

    子供 笑う 女性

    西尾 : 中国の場合は、反日スタンスを取ってはいても、自分の利益に合わないとなったら変えることがありますね。【中国の反日は「何かを得るための反日」】であって、【韓国のように何が何でも反日というわけではない】と思います。状況が変わったり、条件が変わったりしたら、あるいはなかなか意図の通りに行かないとなったら、中国政府は対日柔軟路線へ転換することがよくあるわけです。

     ですから、【中国の反日は「ひどいな、ずるいな」】とは思うけれども、【韓国のような、病的というほかないような、頑(かたく)なな反日】とは違いますね。

    女性 笑う 1

    呉 : 中国にかなり長く滞在した日本人から聞いた話ですが、中国人はこんな二面性をもっているそうです。いま反日運動をしている自分がいるとしても、同時に常に計算している自分がいる。そういう二面性ですね。その人は、中国人にはそえしたメンタリティーの特徴があると言っていました。

     しかし【韓国人の場合、そういう二面性はありません】。韓国にも、こんなことをしていると経済的に損するから、つまり国益を損なうから、この程度に抑えておこうとか、そういう考えがまったくないわけではありません。ただ、【そこに国民心情が絡んでくると、損得が抜きになってしまう】んです。【反日は思想以前に、国民の情緒の問題】です。

    女性 ポイント 10

     【国民の情緒】という問題を見ると、【日本のそれはきわめて融和的】ですが、【韓国はきわめて対抗的】です。【そこにあるのは、自らを正義・善とし、敵を不正義・悪と断罪する非和解的な対抗意識】です。ですから、【損得計算が入り込む余地がない】んです。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、2015年10月に発刊されたもので、かなり深く突っ込んだところまで私たち日本人と、そして朝鮮人との双方の考え方の違いについて対談なされていて、朝鮮人とビジネスをされる方にも非常にお勧めの書物になります。

    読書 女性 6

    さて、連日にわたって書かせて頂いておりますように、現在最も関心を惹く問題アメリカの人口がたった4万人程度の町で起きた先日の事件を切っ掛けとして起きている、アメリカ国内の混乱状況について引き続き考えてみたいと思います。



    BBC ユダヤ人を
    シャーロッツビル衝突 記者が見た光景とトランプ氏発言を比較

    この事件は、あたかも「白人 VS 非白人」みたいに「人種間の対立」であるかのように、単純化して平面的に捉えるのではなくもっと複雑な、立体的・多面的な視点で捉える必要があり、そして、その本質は、「人種間の対立」ではなく、「人種間の対立」を利用した、或いは装った、正しくは「宗教間の対立」と捉える必要があると考えています。

    女性 ポイント 10

    そして、裏側に隠れているのが、「極右」とも「極左」とも言える一部の「ユダヤ教徒」です。

    ポイント 31

    ですから、伝統的キリスト教徒は、こういった行動になるんです。

    これ 女性

    トランプ 擁護 
    アメリカ保守系宗教家ら、白人至上主義巡るトランプの発言を擁護

    そして、その反対側にいるのがこんな連中なんです。

    これ 女性

    黒人 ゲイ ユダヤ教

    これまでのところで、この事件において、

    ①メディアが、「全体主義の起源」を隠すために、「反ファシズム」=「アンティファ」を利用していること、

    古代ローマ時代に由来する「ファシズム」という言葉最初に使ったのは、イタリアでしたが、それをコミンテルンやトロツキーといったソ連を中心あるいは筆頭とする「社会主義」を掲げる連中が、ヒトラーのナチス、ナチ党らに対する「レッテル貼り」として使った、つまり、「社会主義者」同士において一方が他方に「レッテル貼り」をした言葉の一つ「ファシズム」だったということ、

    そして、その「全体主義の起源」が、まさに「共産主義」であって、それを隠したいがため「反ファシズム」=「アンティファ」を上手く利用しているということ、

    について書かせて頂きました。

    つまり、「共産主義者」たちは、自分たちこそが「全体主義者」だったこと隠したいわけです。

    ポイント 31

    日本共産党も、中国共産党も、旧ソ連も、エリンギ殿下の北韓国も、すべて「全体主義」でしたが、こういう事実を隠したいようなんです❤

    習近平 金正恩

    志位和夫 日本共産党

    そして、ソ連・コミンテルンらが、「レッテル貼り」で利用した言葉である「ファシズム」を、「全体主義国家」と言い換えたりして、自分たち自身のその本来の姿(=マルクス主義者)を隠そうとしていたのが、現代でもアカデミックな世界で支配的な「フランクフルト学派」だったということ、さらに「ファシズム」の反対語軍国主義だということ、について書かせて頂きました。

    さて、それでは、トランプ支持者は、本当に「人種差別主義者」や「白人優越主義者」たちなんでしょうか?

    悩む女の子2

    本日は、こちらの記事を御紹介させて頂きます。

    ニューズウィーク トランプ集会 記事

    「 トランプ政治集会の中で聞いた、「優しい」支持者たちの本音 

     小暮聡子(アリゾナ州フェニックス)

    <メキシコと国境を接し、ヒスパニック人口の約31%を占めるアリゾナ州で行われたトランプの政治集会会場の外で反対派が抗議の声を上げるなか、支持者たちに交じって行列に並び、「なぜ支持するのか」を聞いた

    「CNN, sucks! CNN, sucks!(CNNは最悪!)」――大手メディア自分が差別主義者であるかのようなフェイクニュースばかりを伝えているドナルド・トランプ大統領が非難すると、アリゾナ州フェニックスのコンベンションセンターに集まった大勢のトランプ支持者が、CNNをこき下ろす大合唱を始めた。

    8月22日夜(現地時間)、メキシコと国境を接する南西部アリゾナ州で行われた大規模な政治集会での出来事だ。

    この日は、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者と抗議者の間で衝突が起きて死傷者が出た事件から10日後。トランプが白人至上主義を断罪しなかったことから共和党議員からも非難が相次いでいる最中に、トランプに熱狂する人々が大挙する政治集会が行われる――。ニューヨークから取材に向かったのは、白人ではないヒスパニックが人口の約31%を占めるアリゾナ州だ。」


    トランプ政治集会の中で聞いた、「優しい」支持者たちの本音

    詳しくは、リンク先の記事をご確認いただきたいのですが、ポイントだけ列挙しておきますと・・・

    ●トランプ支持者の白人女性
    「カンザス州から18時間、1人で車を運転してきて午前2時に着いたら、ここで倒れちゃったの。それで、椅子を貸してもらった」
    「救急隊員に病院に連れて行かれそうになったけど、拒否した。トランプに、私たちは今もあなたを支持していると伝えに来たんだもの」
    「アメリカを1つにするようなことを語ってほしい」
    「9.11でアメリカは団結したのに、今はバラバラになってしまったから」
    「トランプはレイシスト(人種差別主義者)ではない。私もレイシストじゃないわよ。夫はメキシコ人だしね」
    『自分は「不法滞在の」移民に反対だ。』
    ny170824-2.jpg

    ●トランプの熱狂的な支持者(メキシコから来た移民)
    「謙虚で、正直で、本心の言葉を話してくれるところ」
    「トランプは、ジーザスと同じ。私たちを、外国も含めてあらゆる脅威から救ってくれる」
    「彼らは誤解しているだけ。誰かが真実を教えてあげないとね。それに、こちらが邪魔しなければ何もしてこないわよ」
    ny170824-3.jpg

    ●トランプ支持者の白人男性(元警察官)
    「私がレイシストに見えるか? ばかげている。私の家族には、黒人もいればアジア人もいる。人種というのは、私にとっては何の意味も持たない」

    「 今日のトランプのスピーチは、支持者から見れば「すべて真っ当」な言い分であり、支持しない人から見れば「大統領でありながら国家をますます分断するような発言」の連続だった。こうした見解の相違は、会場の外に一歩出ると体を張った対立へとエスカレートしていた。

    外に出ると、トランプ支持者たちを待ち構えていた抗議者たちに囲まれた。総動員された警官や州兵が壁となってバリケードを作るなか、一触即発の状態があちこちで生まれていく。

    私の目の前で、「ノーKKK、ノー人種差別のアメリカ、ノートランプ!」と合唱する若い女性たちに、トランプ支持者の白人男性近づいていく

    「俺はKKKもナチスも支持しない。それでもトランプ支持者は全員レイシストだっていうのか?」と冷静に話をしようとする男性に対して、女性たちは「トランプを支持している限りレイシストだ!」と中指を立て、それでも話を続けようとする男性に叫び続けた

    香山リカ 5

    野間 香山

    ここでは、抗議者の側が聞く耳を持たず、言葉の上では抗議者のほうが攻撃的に見える状況が繰り広げられていた。」




    「ふと隣を見ると、この光景を見ていたメキシコ人のヘレナ・セッセーナ(21)が「どちらの側も、同じくらい熱心なだけなのに」と悲しそうな目をしていた。「政治上の意見の相違なんて、小さなこと。ヒッピーみたいな考えかもしれないけど、ラブの力でみんなを1つにできないかな

    ny170824-4.jpg



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 南朝鮮 韓国
    Published on: Sun,  03 2017 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment