FC2ブログ

    Welcome to my blog

    【驚愕】日本のある学校の先生がマレーシアでやらかしたこと♥

    みっちゃん

    みっちゃん

    0e057eb4.jpg
    Joyce Chu (通称:四葉草)

    ●学校では、先生が間違って教える、大東亜戦争

    『 1941年12月8日午前2時15分、マレー半島上陸作戦が開始された。

    それは、ハワイ真珠湾攻撃よりも約1時間も早い戦闘だった。

    すなわち、大東亜戦争は、ハワイ真珠湾攻撃ではなく、

    実は、マレー上陸作戦でその火蓋が切って落とされたのである。

    …アメリカは、ドイツの同盟国である日本に「先に」手を出させ、

    これを口実に参戦することを考えていた。

    …アメリカは日本軍の暗号をことごとく解読しており、

    また開戦前日にマレー半島沖で英軍機が日本軍によって撃墜されていたのであるから、

    ハワイ・フィリピンの米軍基地は厳重警戒態勢を敷いてしかるべきであった。

    にもかかわらず、

    米軍は各方面に注意喚起を行っていないのだから、

    日本軍による「奇襲」の成功を助けたという見方ができる。

    ABCD包囲網によってあらゆる工業資源を絶たれた日本は、

    資源確保のため自ら行動するほかなく、

    【自存自衛】のためには「戦争」という究極の選択しか残されていなかったのだ。

    そして見逃してはならないのが、

    政治家をはじめ【全国民】が座して滅亡を待つことを許さなかった

    という当時の日本の世論である。

    …軍部が独走して戦争を企図したなどというのは、

    軍部にすべての責任をなすりつけようとする卑劣な責任転嫁でしかない。

    日本は国家の存亡を賭けて戦争に踏み切ったのである。

    否、そうするしか手段がなかったのだ。 』


    MALAYSIA CHABOR by Joyce Chu 四葉草 日本語字幕付き

    ●親日国家 マレーシア

     『 現在のマレーシアは、マレー系(約67%)、

    19世紀末に錫の採掘のため連れてこられた中国系(約25%)、

    ゴムやコーヒーなどのプランテーションの労働力として動員されたインド系(約7%)

    で構成される多民族国家である。

    なかでも支配者であったイギリス人の手下となって

    マレー人を酷使した中国系とマレー系の折り合いは悪く、

    戦前・戦後に渡って反目しあっていることを知っておかねばならない。

    ※人口比で25%である中国系は【反日】、マレー系・インド系合わせて75%の人々は【親日】である。』

    『 大変感銘を受けました。

    我々が学んだのは日本人の規律の良さでした。

    それを見た我々も独立の意欲が沸きました。

    日本軍が来るまでは、イギリス人または白人は神のように高い存在で、

    我々は話しかけるのにも躊躇しました。

    ところがよく見れば白人はそんなに高くはない、神でもない。

    彼らはアジアの軍隊に負けたのですから。

    こんな思いもあって、もうイギリスの保護を求める必要もない、

    独立は我々自らの力で要求できるのだと確信するようにかなったのです。

    コタバルの近代史研究家 ビン・モハマッド・ナラク氏 』

    ●これが今の日本の教師の姿

    元上院議員のラジャー・ダト・ノンチック氏は次のように述べている。

    『 先日、この国に来られた日本のある学校の教師は、

    「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。

    その事実を調べに来たのだ。」

    と言ってました。

    私は驚きました。

    「日本軍はマレー人を一人も殺していませんよ」

    と私は答えてやりました。

    日本軍が殺したのは、

    戦闘で戦った英軍や、その英軍に協力した中国系の抗日ゲリラだけでした。

    そして日本の将兵も血を流しました。

    どうしてこのように今の日本人は、

    自分たちの父や兄たちが遺した正しい遺産をみようとしないで、

    悪いことばかりしていたような先入観を持つようになってしまったのでしょう。

    これは本当に残念なことです。』

    学校の教師なのに、こんなことしているのは間違ってますね♥

    日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争
    (2013/09/29)
    井上和彦

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2014-09-20
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply