トランプ大統領はディールが得意 ~ その本当に意味するところ

    img_7f4b7a3a6f582747fec869dfbaa7568c498239.jpg
    dealとは (…を)分配する、分ける配る、(…を)配る分配する加える売買する

    (例) 〈トランプ札を〉配る.

    Deal the cards. カードを配ってください.

    Card_Dealer_crop380w.jpg






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 トランプ政権の誕生によって、【大きなレジームチェンジが行われる】ことは間違いない。それは、【これまでの秩序を崩壊させて、新たな世界体制をつくっていくということにつながる】だろう。すでに、その兆し至るところに表れている。

    トランプ 就任式 

     たとえば、2016年12月28日、ジョン・ケリー国務長官は同盟国である【イスラエルの入植活動】に対して「パレスチナ側との和平交渉を困難にしている」と批判した。

    ケリー イスラエル 批判 記事
    米国務長官、パレスチナ占領地の入植継続を非難 イスラエルは反発

    同月23日には【国連安全保障理事会でイスラエルの入植活動の即時停止を求める決議案が採決】されており、その際、【アメリカは方針を翻す形で拒否権を行使することなく棄権】【イスラエル側は猛反発】していたという経緯がある。

    国連安保理 イスラエル非難決議 記事
    国連安保理、イスラエル入植地非難決議を採択 米国棄権

     これに対してトランプ氏はツイッターで【「イスラエルが軽視され無礼に扱われる状況を続けることはできない」】【「がんばれイスラエル。大統領が代わる1月20日はすぐそこだ」】と発信しており、【国連およびケリー路線を全否定】しているわけだ。

    Trump-Tweet-Israel.png

    今後、【アメリカの勢力図は民主党の人権派グループから共和党の軍部連携グループに代わる】と思われるが、【イスラエルのロビー団体も真っ二つに割れている】

    ポイント 女性

     いわゆる【ユダヤ人団体】においては、【人権派弁護士などを中心とする民主党系団体】【アメリカの軍部とうまく手を組ながら軍事的に協力関係を築いている共和党系団体】というふうに、【イデオロギーの異なるグループが存在】してきた。

    ポイント 女性

    ソウル・アリンスキー
    ソウル・アリンスキー

    こちらもご参照♥

    オバマと、アメリカ共産党と、ユダヤ人



     これまでのオバマ政権下では、イスラエルのロビー団体力を持っていたのは民主党系であり、そうした団体および法律関係者などが人権運動を主導してきた。

    ポリコレ 11

    こちらもご参照♥

    アメリカの左翼教師が、健全な子どもたちに与えている「モノ」



    一方その対立軸にあるのが軍部を中心としたロビー団体であるが、それらの団体はかねてよりトランプ支持を明確に打ち出してきた

    安倍総理 トランプ

    トランプ氏の娘イヴァンカ氏の夫であるジャレッド・クシュナー氏はユダヤ系であることが知られているが、そのような人脈に沿った人物と考えられる。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させて頂きますこの書物も、非常にタイムリーで、現在世界で起こっていること、そして、これから起こるであろうことが、とても分かりやくす解説されている良書です♥

    ポイント 女性

    さて、今回ご紹介させて頂きました本文の中で、とても重要なことが書かれていました。

    「イスラエルのロビー団体も真っ二つに割れている」

    ポイント 女性 重要 5

    このことは、オバマ政権末期イスラエルへの態度に明確に表れていましたが、日本のメディアは気付いていませんでした♥

    大切なことは、ユダヤ人も分裂し、エスタブリッシュメントたちも分裂し、アメリカの中で二つの軸が顕在化したということです。

    トランプ大統領「ワシントンD.C.」の「エスタブリッシュメント」と戦っています。しかし同時にトランプ大統領は、「米石油メジャー」と「ウォール・ストリート」の一部を味方に引き込んでいます♥ これが現在の構図です。

    詳しくはこちらもご参照♥

    アメリカが分裂している最も大切なポイント



    で、これは推測になりますが、トランプ大統領は恐らく「ネオコン」とある一定の取引をしているハズです。これは、政権安定化のためにも必須だと思います。

    「ネオコン」、つまり「ネオコンサバティズム」は、アメリカの共和党に見られる思想の一つで、「新保守主義」などと呼ばれていますが、「保守」とは全く違う思想です。そもそも、「保守」なのに「新」っていうのが、矛盾しているんです(笑)

    正確に表現しますと、「左翼由来の似非保守」です♥

    以下は、Wikipediaからの抜粋です。

    「 アメリカ合衆国における新保守主義(しんほしゅしゅぎ、英: Neoconservatism、ネオコンサバティズム, 略称:ネオコン)は、保守派の政治イデオロギーの1つで、米国において1970年代から独自の発展をして、主に共和党政権時タカ派外交政策姿勢非常に大きな影響を与えている。

     「Neoconservatism」の直訳として「新保守主義」が使用されている。この言葉は形容矛盾であるが、元祖ネオコン思想家の1人であるノーマン・ポドレツによれば、「ネオコンは元来左翼でリベラルな人々が保守に鞍替えしたからネオなのだ。」として、ジョージ・W・ブッシュなどに代表されるいわゆる旧来保守との区別を呼び掛けている。略称として近年では「Neocon(ネオコン)」と呼ばれる事が多い。これに対し、伝統主義などを提唱する旧来の保守派は、「PaleoConservatism(旧保守主義、ペイリオコンサヴァティズム)」と呼ばれ、ネオコンとはしばしば対立してきた。」


    アメリカ人にとっての「保守」とは、自分たちの生活空間を守ることが第一であって、アメリカの外のことには無関心であることなんです。

    tumblr_ly9rw3bbg21qjzsg6.jpg

    それは、私たち日本人も同じで、日本人の平和で安全な生活空間を守ることが第一で、支那が侵略してきたり、朝鮮人がミサイルを飛ばしたり国内で「在日特権」で暴利を貪ったりしていることに対処するしなければならないって考えるのが「保守」で、支那や朝鮮自体が、環境破壊で滅びようとも紛争によって惨劇が生まれようとも支那人や朝鮮人が何百万人死ぬことになったとしても、そんなことは私たち日本人にとっては関係の無いことですよね♥ そんなことになったとしても、それは支那人や朝鮮人が「自分たちの努力で解決しろ」って言ってやればいいだけの話なんです♥

    ポイント 女性 重要 5

    トランプ大統領の「アメリカ第一」は、そんな典型的「保守」の思想で、とても「平和的」な考え方です。

    ところが、そんな本来保守的なアメリカが、20世紀の途中から、「ユダヤ的左翼思想」が入り込むことによって、凶暴化します♥

    自分の思想・主義を、他人に押し付ける「パヨク」同じで、他国に対して「干渉」をし、軍事力でもって「力尽く」で自分たちの思想・主義を押付けてきたのが、アメリカの現代史です♥

    詳しくはこちらもご参照♥

    アメリカの伝統 「孤立主義」 ~ 戦争に引き込まれたくなかったアメリカ国民



    で、そんな似非保守「ネオコン」の源流が、ソ連のスターリンと対立したレフ・ダヴィードヴィチ・トロツキーにあります♥

    以下は、Wikipediaからの抜粋です。

    「 アメリカ合衆国の新保守主義の源流は、後に「ニューヨーク知識人」と呼ばれるようになる、1930年代に反スタ左翼として活動したトロツキストたちにまで遡る彼らの多くは、アメリカの公立大学の中で最も歴史のある大学の一つ、ニューヨーク市立大学シティカレッジ(CCNY)に学んでいる。CCNYは、高度に選択的な承認基準と自由教育により、20世紀初頭から中期にかけて「プロレタリアのハーヴァード」(“Harvard of the Proletariat”)と称されていた。それは当時ハーヴァード大学をはじめとするアイビー・リーグの私立学校が、大多数のユダヤ系アメリカ人や有色人種たちに関し排他的な入試制度を持っていたからである。」

    レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー
    レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー

    トロツキストについて、詳しくはまた別の機会に書かせて頂きますが、大切なポイントは以前にも書かせて頂いていますように、「社会主義」「リベラル」「ネオコン」といった区別がありますが、これらは同じ範疇に入るということなんです♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    聖母マリアの処女受胎



    そして、その根っこにあるのが、「ユダヤ的思想」です♥

    「 OSSを牛耳っていたフランクフルト学派は、戦後2年ほどの冷戦のなかでマッカーシズムによって表面的には追い出されるが、アメリカ民主党政権や国連に入り込んだ。そしてアメリカの言論界経済界のリベラル化につとめた。メディアを握り反権威主義を煽り、文化の多様化主義からグローバリズムまで提唱した。ネオコンにも入り込んだ。いずれも左翼ユダヤ人らしい、少数派がいかに多数派の顔をするかという謀略戦を行ってきたのである。

     彼らは初の黒人大統領オバマを誕生させたが、彼らの大きな問題イスラエルであった。大資金を必要とする国家イスラエルに資金を供給するために、どうしてもイスラエル派の立場に立つアメリカ政権をつくる必要性があった。ロムニー候補はその役割を負ったが、それに対してアメリカ左翼ユダヤ人は冷ややかだっただからユダヤ人たちは分裂せざるをえなかった

     戦後、資金を必要としたイスラエルは、ユダヤ人がウォール街を握ることによって維持されてきたといってよい。しかし、ペンタゴンを中心とするアメリカのワスプ(WASP 白人・アングロサクソン・プロテスタント)は、ユダヤ人たちの棟梁を許さない段階にきたと考えた。

     戦後、ユダヤ勢力によってつくられた国際金融の変動が、リーマン・ショック以後はさすがにひどすぎると思いはじめたからである。オバマの脱イスラエル路線ははじまっている。クリントン国務長官の辞任は、その表れといってよい。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    分裂を始めたユダヤ人たち



    ユダヤ

    それでは本日の最後になりますが、先ほど、「トランプ大統領は恐らく「ネオコン」と、ある一定の取引をしているハズ」と書かせて頂きましたが、その「取引」「支那を餌にする」ということなんです♥

    つまり、「支那」が、再び「食い物にされる」ことを了承したっていうことになるんです♥

    ガッキー

    トランプ大統領の名に示されるように、まさに「カード」を分ける、配分する「ディール」が行われるようになるんです♥

    トランプ ディーリング 1

    「支那の崩壊」と、そのあとの「利権のディール(分配)」考えておく必要がある、それが今、世界の「エスタブリッシュメント」が注目していることです♥

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国際
    Published on: Mon,  06 2017 00:01
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    4711  

    No title

    今回、シナが餌にされるのは日本に関係ないので良いのですが、ユダヤが実権を握ったままだと、将来にわたって日本が安心することが出来ません。日本がユダヤに左右されないようになるには、軍隊と核を持って国家として独立することのほかに何が必要なのでしょうか。世界は何時までユダヤに翻弄され続けるのでしょうか。

    2017/03/07 (Tue) 12:28 | EDIT | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: No title

    4711さん、こんにちは^^
    いつもコメント有難うございます♥

    シナが餌にされるのは日本に関係ない ⇒ 逆に、私たち日本も積極的に関わって、旧満州や遼東半島あたりを返してもらいましょう♥ 朝鮮半島も挟撃できますし、ロシアへの牽制にもなります。

    ユダヤが実権を握ったまま ⇒ ここはポイントですね♥ そのユダヤが、真っ二つに割れています。これを利用しない手はないですね!

    日本がユダヤに左右されないようになるには、軍隊と核を持って国家として独立することのほかに何が必要なのでしょうか ⇒ ユダヤが生み出したプロパガンダから世界を解放することですね♥ 戦後の洗脳が解けてきている私たち日本人のように、世界中に真実を知らしめることです。その本丸がナチスによるユダヤ人虐殺の真実を解明することですね♥ それが出来るのは、私たち日本人だけだと思います。

    世界は何時までユダヤに翻弄され続けるのでしょうか ⇒ 団結したユダヤでは無くなったわけですから、反撃に出るチャンスですね♥ いい加減に、終わらせなくてはならないと思います。

    これからも宜しくお願い致しま~す☆彡

    2017/03/07 (Tue) 16:48 | REPLY |   

    Post a comment