世界の標的

    arrow-bullseyeiStock_000043470790_Full.jpg
    標的(ひょうてき)とは、射撃や弓術などで用いる的のこと。転じて攻撃目標などの対象を指す言葉として用いられる。英語ではターゲット(target) という。

    target-china.jpg






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 2016年11月8日にトランプ氏当選確定した数日後中国中央電視台(CCTV)は、

    「11月11日にトランプ氏と習近平国家主席が電話会談を行った」

    と報じた。

     それによると、習主席は電話でトランプ氏に祝意を伝え、

    「両国は世界最大の先進国、世界最大の発展途上国として、特別な責任を担っている」

    「協力する必要があり、また両国が協力できることはたくさんある」

    などと伝えたという。また、

    「2国の関係を発展させるために、早期に直接会談を行うことで一致した」

    とも伝えられた。【CCTVは中国の国営テレビ局であるため、これは政府としての発信である】

    ポイント 女性

     しかし、一方のトランプ氏【「そのような事実はない」と会談そのものを否定】した。

    ポイント 22

    実のところはわからないが、その背景として「【安倍晋三首相とトランプ氏が早期に接触することによる中国の焦り】が表れたのではないか」との見方もある。

    ポイント 女性

    【安倍首相はすでに同月10日にトランプ氏と電話会談を行い、17日(日本時間18日)にはニューヨークで直接会談を実現】させた。それらの動きに【焦った中国当局の一部の人間が、前述のような先走った情報をリークした】のではないかというわけだ。

    安倍総理 トランプ 2

     その後、トランプ氏と習主席の電話会談は正式に行われたが、その内容が深く伝えられることはなく、【「非常に短いものであった」】ということだけが報じられている。

    ポイント 女性 重要 5

     トランプ氏の当選後、【中国は沈黙に近い姿勢】を貫いている。

    引きこもり 1

    そのはっきりした理由はわからないが、トランプ氏「就任から100日以内に【28の公約】を実行する」と掲げたなかに、【中国にとって非常に厳しいものが多数含まれていることが大きな要因】だろう。

    習近平 パレード1

     同公約には、ヒラリー・クリントン氏が関与するクリントン財団と中国の要人およびチャイナマネーの関係にからむものなどが多数含まれており、【外国人によるロビー活動の禁止などについて言及】している。

    ヒラリー 11

     トランプ氏大統領になることで、これまでと大きく変わる点がひとつある。それは、【チャイナマネーおよび外国のロビイストの排除】だ。「28の公約」のなかには、【「外国のロビイストがアメリカ国内の選挙に資金を提供することを完全禁止」】という項目がある。

    ヒラリー 13

     トランプ氏は選挙戦において、【ヒラリー陣営の不透明な資金源、とくにチャイナマネーの流入】について追及し続けていたが、決定的な証拠をつかむまでには至らなかった。しかし、当選して大統領となったことで、連邦捜査局(FBI)をはじめとするさまざまな捜査機関の情報がトランプ氏に集まってくることになる。今後は、その部分の追及もさらに進むだろう。

    ヒラリー 14

     また、【「ホワイトハウスと連邦の職員がロビイストに転向することについて5年間の禁止期間を制定」】【「ホワイトハウス職員が外国政府のロビイストになることについて永久禁止」】という項目もある。

    女性 ダメ5

     これは、【中国が得意とする買収工作を完全に否定するもの】だ。中国や韓国は、これまで金にものをいわせる形外国政府の高官などを買収し、実質的に掌握することで、各国の政策に大きな影響を与えてきた。…

    韓国 賄賂

     今後、【トランプ政権はそういった行為に対して強硬な態度に出る】と思われる。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させて頂きますこの書物も、非常にタイムリーで、現在世界で起こっていること、そして、これから起こるであろうことが、とても分かりやくす解説されている良書です♥

    ポイント 女性

    昨日のところで、「米中開戦」は、すでに「非軍事的な戦争」という形でスタートしています、と書かせて頂きました。



    そして、それはトランプ大統領ではなくヒラリーが大統領になっていたとしても全く同じことです、ということも書かせて頂きました。

    つまり、大統領が決定する以前に「支那」がターゲットになっていたんです♥

    ポイント 21

    昨年の4月に、当ブログで書かせて頂いていますが、大統領よりも先に決定を下している連中の意図は、さりげない形で「公表」されていて、その気になれば誰でも気付くことができます♥

    一部を拾ってみますと・・・

    「後世の歴史家は2015年にこのスイッチが入ったと回想することでしょう。」

    「スイッチの具体例は・・・ひとつだけあげればアメリカが中国の暴走を抑止する方針に転換したことで、世界のパワーバランスが変貌したことです。」

    「戦争は決して偶然に起こるものではありません。・・・戦争は綿密に計画された結果起こるのです。」

    「いま必要なことは、誰が戦争を計画し、何を目指しているかということを私たちが見抜くことです。」

    「イスラム文明圏対欧米キリスト教文明圏が対立し、やがて中国が台頭して国際関係に緊張を与える」

    「中国が東アジアおよび東南アジアの支配的な勢力として浮上することは、・・・アメリカの利益に反することになるだろう。」

    詳しくはこちらをご参照♥

    世界大戦争へのスイッチ



    これから支那を待ち受けている「惨劇」が、どのように悲惨なものであっても私たち日本は、ちっとも困りません♥ また、同様に朝鮮半島で起きる「惨劇」も、私たち日本人にとってはどうでも良いことです♥

    安倍総理 困らない

    私たち日本人は、日本人のことを最優先に考えて、しかるべき行動しましょう♥

    ポイント 女性

    まだ、大統領よりも先に決定を下している連中なんているの?とお考えの方のために、少しヒントを付け加えますと、ジャック・アタリという人物がいるのですが、その著書で、中国共産党の崩壊を予言しているという有名なお話があります。

    ジャック・アタリ
    ジャック・アタリ

    510xewJI9QL__SX298_BO1,204,203,200_ 

    予言と申し上げましたが、正確に言いますと、事前に分かっていることを述べているだけのことなんです♥ つまり、始めから決まっているシナリオ通りに事を進め想定通りの結末に持っていくことができるので、結果を事前に語っているだけなんです♥

    ですから、今後中国共産党自体あるいはその一党独裁体制が崩壊するということが、すでに決定されているということになるんです♥



    「 言ってみれば、結局、世界史はなにかというとユダヤ史なんです。

     1991~93年まで欧州復興開発銀行初代総裁を務めたジャック・アタリは経済学者と言われていますが、金融ユダヤ勢力の世界計画を代弁しているだけなのです。

     逆に言えば、彼の著述や発言を読めば、彼らがどう考えているかというヒントになる

     彼は本の中で「国家の歴史は債務の歴史だ。国家は債務、つまり借金によって栄え、借金によってつぶれる。その繰り返しだ」と言っています。

     事実そうなのですが、それはひっくり返してみれば国家の歴史は国家に金を貸す者の歴史ということになる。では、誰が金を貸しているのかというと、ほとんどはユダヤ金融勢力です。

     ユダヤ金融勢力は国を持っていないから、国家に金を貸してその国家を牛耳るその走りは「イングランド銀行」(イギリスの中央銀行 1694年に設立)です。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    悲劇の始まり ~ イングランド銀行の設立



    それでは、明日からは、どのようにして「支那崩壊」が起ころうとしているのかについて書かせて頂きたいと思います♥

    もう支那に逃げる方法が無い、ということが御理解いただけると思いますよ♥

    ガッキー





    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国際
    Published on: Sun,  05 2017 00:01
    • Comment: 1
    • Trackback: 0

    1 Comments

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2017/03/06 (Mon) 21:11 | REPLY |   

    Post a comment