FC2ブログ

    Welcome to my blog

    まだわからないことを想像するという非常に大切なこと ~ 「予想」

    みっちゃん

    みっちゃん

    想う 女性 読書
    予想(よそう。expectation、forecast、conjecture)とは、
    未来のことについてあらかじめ見当をつけること
    まだわからないことを想像すること

    読書 女性 16






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 2017年、【アメリカおよび世界は歴史的な転換点を迎えた】

    ポイント 21

    ドナルド・トランプという、史上初めて公職経験のない人物がアメリカ大統領に就任したからだ。また、70歳という最高齢での就任でもあり、まさに異例づくしの新大統領の誕生だ。

    トランプ 就任式 

     「偉大なアメリカを再び」「アメリカ・ファースト」を掲げて当選したトランプ氏は、大幅な減税や1兆ドル規模のインフラ投資を経済政策に掲げているが、【公約や計画を読み解いていくと、強烈な「中国包囲網」を仕掛けている】ことがわかる。

    ポイント 女性

    トランプ アメリカファースト

    こちらもご参照♥

    トランプ新大統領誕生で加速すること ~ 世界の流れは「ABCDEFG」



     まず人事だが、【「国家通商会議」を新設し、トップにはエコノミストのピーター・ナバロ氏が起用された】

    ピーター・ナヴァロ 2
    ピーター・ナバロ

    同会議創設の目的「アメリカの製造業を再び偉大にし、すべてのアメリカ国民にきちんとした職で妥当な賃金を得る機会を提供する」というもので、トランプ氏「ピーターはグローバル化によるアメリカ労働者への打撃を予知するともに、アメリカの中間層復活への道筋を示した。【通商顧問として、彼は次期政権で重要な役割を果たす】」と述べている(「ロイター」2016年12月22日付)。

    ロイター記事 トランプ ナバロ起用
    トランプ氏、国家通商会議を新設 責任者に対中強硬派ナバロ氏

     【対中強硬路線を唱えているナバロ氏】は、【「中国製品を買うべきではなく、購入すれば国家安全保障上の脅威となる」】といった発言もしている人物だ。

    ピーター・ナヴァロ 1

    また、【地政学と経済から安全保障までを語る学者】でもあり、中国に関するスタンスとしては筆者と合致する部分も多い。そのため、筆者としてはアメリカの打つ手が予想しやすくなったといえる。

    今後は、【このナバロ氏が司令塔となり、経験豊かな閣僚と政権スタッフが実務にあたるという構図になる】だろう。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させて頂きますこの書物も、非常にタイムリーで、現在世界で起こっていること、そして、これから起こるであろうことが、とても分かりやくす解説されている良書です♥

    ポイント 女性

    「米中開戦」とタイトルにも御座いますように、すでに「非軍事的な戦争」はスタートしています♥

    ポイント 21

    不思議なことに、日本のメディアや似非評論家など、特に「パヨク系」の連中は、トランプ大統領が誕生したからアメリカが「対中強硬路線」に舵を切るといった解説をしています。これ、全然違っているんです。

    ヒラリーが大統領だったとしても結局同じことになっていたはずなんです♥

    ヒラリー

    当ブログでは、一昨年の9月の段階で、その件については書かせて頂いています

    脅威認識

    その時点でアメリカ明確に方針転換していたんです♥

    もし、民主党のヒラリー政権を取っていたら、私たちの日本アジアの戦争に引き込まれていたかもしれません。民主党と言うのは、「戦争を起こす政党」ですから♥ 

    ポイント 女性 重要 5

    このことを理解するためにも、かつての民主党大統領が行ってきたことを、キチンと知っておく必要がありますね!

    詳しくはこちらをご参照♥

    バナナ戦争とウッドロー・ウィルソン



    一方、このアメリカの方針転換を、支那エリート主義者(エリーティズム)の連中、つまり習近平を筆頭とする中国共産党は、十分に理解していました。

    こちらもご参照♥

    こひつじダニーとスコットランド王ロバート1世 ~ ところで、ポピュリズムの反対語ってナニ?



    だからこそ、ヒラリーよりもトランプが大統領になることを「望んでいた」んです♥

    proxy 3 習近平

    ですので、当初支那トランプ大統領の誕生を「大歓迎」していましたね(笑)

    記事 トランプ 支那歓迎
    「米国の時代は終わった」「世界の新秩序は中国がつくる」…中国人、トランプ次期大統領を歓迎

    ところが、蓋を開けてみると“ビックリ”というか“やっぱり”というか、正真正銘の「対中強硬路線」の政権だったんです♥

    ポイント 女性 重要 5

    支那の「困惑ぶり」は相当なもののようです♥

    そもそも、日本のメディアや似非評論家など、特に「パヨク系」の連中が、間違った「情報」を垂れ流し続けているのは、今申し上げた例に見られるように、世界で起きていることの「本当のトコロ」全く理解できていないからなんです♥

    ポイント 21

    少しでも自分の頭で考えることができているのならば、いくらでも「?」と感じるところが認識できるはずなんですが、やっぱり「偏差値が低い」から無理なんでしょうか♥

    女性 (笑)

    また、ちょうど同じ時期ですが、当ブログで、シリアやISIS(イスラム国)の問題最終局面だって書かせて頂いています。

    記事 シリア 和平協議 10か月ぶり
    シリア内戦の和平協議 10か月ぶりにスイスで開催へ

    これも、想定通りの動きになっています♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    ヨーロッパの「外交革命」 ~ 貴婦人たちの同盟



    で、これも当ブログで、ちょうど1年ほど前のことになりますが、「日本を含む、世界的な動きが生じている」こと、そのことに気付いていないのか、隠しているのか分かりませんが、「日本のメディアが、トンチンカンな報道をしている」こと、そして、その時点で世界では「『これまでと“ルール”が変わった』と認識されていた」ことについて、書かせて頂いております。

    ポイント 21

    また、ユダヤ人のソロスが何と言ったのか、そして、シリアなどの中東をめぐる混乱が最終局面を迎えるところで、「紛争の場所が変わる」とも書かせて頂いています。その場所は、もちろん「支那と北朝鮮」です♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    イスラエルにある「キブツ」ってなに? ~ 日本人とは正反対な、あの民族



    そして、その頃上記の理由で、世界的な金融の動き安全資産への回避へと向かっている中で、明確に「買われたもの」、つまり「爆買い」になっていたものが、私たち日本の通貨である「円」でした♥この件につきましても、1年ほど前に書かせて頂いております

    詳しくはこちらをご参照♥

    歴史を改竄(かいざん)してきた人がやっていること ~ 世界史と金融



    このあと、昨年夏場アメリカ大統領予備選挙を終え、共和党・民主党の党大会も終え、 ほぼ次期大統領が見えてくるようにつれ、金融市場は落ち着きを取り戻します。

    アメリカの大統領は、アメリカ国民に選挙よって選ばれるのですが、その実態は、実はそうではなくて「ある意思」が働いていてその「ある意思」によって選ばれていくんです♥ 

    その「ある意思」の主体が、エリート主義者(エリーティズム)の連中です♥ トランプ大統領が敵に回しているのも、このエリート主義者(エリーティズム)の「エスタブリッシュメント」たちなんです♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    アメリカの大統領選挙を「ドラえもん」で考えてみる!

    メディアがトランプ叩きをする理由 ~ ビルダーバーグ会議



    ところがその「意思」に反してトランプ大統領が誕生したんです♥

    そうです。トランプ大統領こそアメリカ国民が「アメリカ国民の意思」によって選んだ大統領なんです♥

    ポイント 女性

    もう一つ見逃せないのが、これまでアメリカの大統領を選んできたエリート主義者(エリーティズム)の「エスタブリッシュメント」たち、そしてそれらと協力関係にあったユダヤ人の一部の勢力が、それぞれ分裂しているということです♥

    ポイント 23

    それについては、今後、当ブログで書かせて頂きますが、重要なポイントですので覚えておいてください。

    そして、世界は、ある一定の方向へと向かっています

    詳しくはこちらをご参照♥

    アベノミクスの大成功と、世界が抱える『ABC不安』 ~ 台湾独立运动



    そして、その流れが、次から次へと波及していくハズです♥ 現在進行形ですよ!

    詳しくはこちらをご参照♥

    習近平を待ち受けている悲惨な将来 ~ 「ABC不安」が「ABCDEFG不安」に



    世界の流れは、ABCDEFG ~ ターゲットは、もちろん「C」



    abcdefg.jpg

    その流れが、トランプ大統領の誕生で加速しているんです♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    トランプ新大統領誕生で加速すること ~ 世界の流れは「ABCDEFG」



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2017-03-04
    Posted byみっちゃん

    Comments 2

    There are no comments yet.
    はしびろこう・ウナ  
    正論は市井にあり

    こんばんは
    同僚はメイドインチャイナのカーナビを使用しております
    安かろう悪かろうで・・3台目です
    おいらは端から国産品で
    一度も交換しておりません
    彼がもう一度買い換えますと
    掛かった費用はおいらを抜きます
    あはは

    わたしは今ある疾病は半島から
    大陸からだと思います
    身体は「口」から入ったもので出来ているからです
    イオン
    ヨーカドー
    コンビニ
    恐ろしい食品ばかりです

    勉強させて頂いておりますが
    事柄を正しく読み解くには
    心身は健康でなくてはいけないと思います
    脳は体の一部位ですから

    記事は励みになります
    訪問してくださることも・・・
    櫻咲く・・・・
    もう直ぐでしゅ
    あはは。

    2017/03/05 (Sun) 21:18 | EDIT | REPLY |   
    みっちゃん  
    Re: 正論は市井にあり

    はしびろこう・ウナさん、こんばんは^^
    いつもコメント有難うございます♥

    同僚の方は、お気の毒ですね^^

    工業製品も品質が良い方が好ましいのですが、何よりもまず、「口に入れるもの」は安全で高品質なものに限りますね。

    現在は、便利になって、「お取り寄せ」で日本全国から良質で美味しい食べ物を購入することができるので、我が家も活用していますが、どれもとっても美味しいです♥ やっぱり、日本のモノが最高です♥

    量よりも質。そのための、ちょっぴり贅沢は、とても良いことだと思います♥

    これからも、宜しくお願い致しま~す☆彡



    2017/03/06 (Mon) 17:17 | EDIT | REPLY |   

    Leave a reply