サランラップと銃弾と火薬

    image.jpeg
    サランラップ (Saran Wrap) は、食品用ラップフィルムの商品名サランとサランラップ多くの国ではダウ・ケミカル(アメリカ合衆国)の登録商標だが、日本では同社と旭化成ケミカルズが共有する登録商標(第706999号ほか全5件)となっている。 日本においては旭化成ケミカルズが製造し、旭化成ホームプロダクツが販売している。

    旭化成のサイトではサランラップの開発経緯について次のように説明されている。このラップもともと食品用に開発されたものではなく戦場などで銃弾や火薬などを湿気から守るために開発された

    o0650040612797559613.png

    戦後ダウ・ケミカルのラドウィックとアイアンズという二人の技術者ピクニックに行った際にポリ塩化ビニリデン(PVDC)フィルムにレタスを包んでいったことがきっかけとなり食品の保湿と保管としての用途が注目されてその後に正式に食品用ラップとして汎く販売される事となった。この時に商品名は食品用に使う事に気付いた二人の技術者の妻サラ (Sarah) とアン (Ann) の名前にちなんでサランラップと名付けられた







    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 【中国による汚染は留まるところを知りません】



     環境汚染は止まらず【国土の1割以上が重金属に汚染された「毒土」】で、【河川の7割、地下水のほぼすべてが汚染されている】とさえいわれます。

    驚き顔



    こちらもご参照♥

    残りわずかなんです(笑)  支那の生存空間







    大気汚染も深刻で、【北京のPM2・5の濃度はWHOが定める安全限界値の20倍】【北京よりひどい都市が多数存在する】というのです。2015年には【中国366都市の8割が安全限界値を超えて汚染されている】といいます。



     【大気汚染で毎年100万人以上が死亡、8億人が呼吸困難に苦しみ、農薬中毒患者は10万人】にも上ります。工業地帯の近くなどには、【いくつもの"がん村"が存在】します。そこでは、【平均寿命は40歳台、新生児の1割が奇形や何らかの障害】を持って生まれてくるといわれます。



     【農作物や家禽(かきん)類も、重金属や工業廃水、違法な農薬・殺虫剤などの有毒物質にさらされ】、さらには、儲かればあとは知ったことではないバレなければいいとばかりに、【食品の偽造、水増し、賞味期限切れや腐った素材、廃棄物の再利用、添加物や薬品の大量投与など、モラルなき商売が横行している】のです。



     これは中国の話だから、自分とは関係ないと思っていませんか?

    女性 ダメ5

     【中国発のこうした毒食品・毒製品は、格安という魅力をまとって、日本へ大量に輸出されています】。その多くを、【私たちは中国産だと知らないまま、口にしている】のです。

    中国産 毒

     【中国の毒食品や毒製品から身を守るためには、自衛するしかない】のです。

    中国製品ボイコット

     食料自給率わずかに39%の日本は、世界に冠たる食料輸入大国で、多くの食料を諸外国に依存しています。2015年の農林水産物の主な【輸入相手国の第1位は米国で、中国はそれに次いで第2位】。…この現実は、【中国における食品汚染が対岸の火事ではない】ことをはっきり示しています

    ポイント 女性

     ここで【注目したいのは、米国と中国からの輸入品目の違い】です。米国からの輸入額のトップはトウモロコシですが、これは【家畜用飼料】となります。

    g_toumorokoshi_up.jpg

    一方【中国は、直接口に入る鶏肉調整品がトップ】

    20150205103614.jpg

    鶏肉調整品とは聞き慣れない言葉かもしれませんが【加熱調理された半加工品や焼き鳥、チキンナゲット、から揚げなどの加工品】を指しています。【安い素材を求める外食・業務用向け】として2000年あたりから中国産、タイ産を中心に輸入が増えました。

    o0640048012513197196.jpg

    o0640048013054216320.jpg

     また近年は、…【食卓には冷凍食品として、また、コンビニエンスストアやファストフードなどで利用されている】のです。…

    o0640048012479310384.jpg

     直接口に入る食品鶏肉調整品だけではありません中国からの主な輸入品目を見ると鶏肉調整品に続いて【冷凍野菜、生鮮野菜、うなぎ(調整品)が上位にランクアップ】されています。

    51lIqEN_oIL__SX346_BO1,204,203,200_ 

     実際、スーパーに並んでいる冷凍野菜や生鮮野菜の産地で目立つのは、国産ではなくて中国産

    イオン ロゴ

    うなぎ調整品のうなぎのかば焼きについては言うに及ばずで、鹿児島や愛知、静岡の国内産地より中国産が売り場の多くを占めているのが現状です。

    イオン 中国産 うなぎ

    岡田

    この現実を前に、【日本の食は「大量」の中国産食品に囲まれていることを誰も否定することはできません】。』 

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させて頂きますこの書物は、とても詳細なデータも添えられていて、色々な支那産の危険物・危険食品「毒物」「毒食品」と言ってもいいですが、私たちの身の回りのどこに潜んでいるのかが、分かりやすく書かれていて当ブログお勧めの書物です♥

    日本のメディアは、豊洲がどうのこうのと大騒ぎしていますが、そんなのは「どうでも良い話」で、それよりも民進党岡田イオンが、民進党蓮舫祖国・支那食品売っていることの方が、日本人には大問題なんです♥

    蓮舫 黒い交遊

    無題 2 

    こちらもご参照♥

    井上太郎  豊洲利権と蓮舫

    本日は、動画が多いので、短めにさせて頂きますが、この書物には、例えば、ラップのお話についても書かれています

    日本製の特定のラップは、問題無いようなんですが、それ以外となると。。。この続きは本書でご確認ください♥

    NEWクレラップ_V19_web



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Fri,  03 2017 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment