トマトジュースが「真っ赤っか」な理由 ~ 始めましょう! チャイナ・フリー(CHINA FREE)

    6a33db541f7643055e106ae7d29af0fb-e1392814094378.jpg
    トマトジュースとは、トマトをつぶして絞ったジュースである。

    そのまま飲むのが基本的で一般的である。米国特に朝食時などに飲む飲み方が普及した。手軽なトマトスープとして使われたり煮込料理の材料などとしても使われる他にもカクテルの材料とする使い方もある(ブラッディ・マリーや、ビールと混ぜる飲料レッド・アイなど)。

    リコピン(英語読みでは「リコペン」)を多く含む。一般に調味料として塩が使われており、塩が入っているかどうかで、「有塩」(加塩)と「無塩」(食塩無添加)に分かれる。繊維質のために少しどろりとしているがネクターほどではない。

    トマトジュースには生命活動を維持する上で重要な成分であるカリウムが豊富であり、日本で販売されているトマトジュースには100gあたりおよそ250mg程度含まれるカリウムは食塩などの摂取により体内に増えすぎたナトリウムを体外に排出する作用がある。

    また、トマトジュースに含まれるナトリウムの量カリウムの含有量に比べると塩を含んだものでもその半分程度のため、汗や尿などによりカリウムと同じ量のナトリウムも排出されることを考えると、必ずしも無塩のトマトジュースにこだわる必要はない

    8d3b050603a7c7d586047937fbafe42a_s.jpg

    チャイナフリー





    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 「いったいここは本当に日本なのか?」 ―― そんな思いますます強くなって仕方がありません

    148357541.jpg

    服、靴、寝具、家具、自転車、玩具、文房具、化粧品、食器、食品…身の回りのあらゆる商品【中国製品が氾濫】しています。

    5c776ea5260e451cbc689a13f877124f.jpg

    【本当にこのままでいいのでしょうか】

    中国製 危険 記事
    中国製の服や食器、命にかかわる有害物質含有 発がん性、肌のただれの恐れも

    「安ければいいじゃないか」と、思っている人結構多いはずです。

    女性 ダメ1

    【農薬まみれの野菜、発がん物質を出す子ども服や玩具、ゴミを詰め込んだぬいぐるみ人形、燃えるスマホケース】【中国製品の汚染は底なし沼状態】です。


    これはひどい!続々出てくる中国製食品の怖い裏側 動画&リンクまとめ

    「安ければいい」との社会風潮【危ない中国食品・製品】日本国内にはびこらせてきました

    女性 ダメ2

     しかし、日本人もようやく気付いてきました。「安ければいい」と、【中国製品を買っても、結局は「安物買いの銭失い」になる】ことを。

    ポイント 女性

    失うのがお金ならまだマシです。【本当に失うのは、あなたや家族の健康であり、お子さんの明るい未来】です。何十年も、生き生きとやりたいことをやり、社会で活躍する夢を諦め、【がんや肝臓、腎臓などの病に苦しみ、そして、命さえも失うことになる】のです。

    食品についての警鐘!!こんなにも酷い事があるなんて・・中国を含む輸入食品の危険性のまとめ

     人件費の安さにひかれて中国へ進出した日本企業も、ようやく【「安ければいい」の怖さ】気付き始めています

    ポイント 女性

     中国で日本のコンビニ食品委託製造(OEM)していた小規模な加工食品メーカー(群馬県)の社長は言います。

    「 中国の工業団地へ進出して15年経ちましたが、【撤退することにしました】人件費が高くなってきたこともありますが、それよりもなによりも、【環境汚染のひどさ】です。
    漬物類を主に製造してきましたが、ニンニクなど【重金属チェックを徹底的に行わないと危なくて使えません】その費用が大変なのです。費用は全部こちらで負担しなければならない。

    中国 排水 汚染

    コンビニへの納入価格に上乗せするしかないのですが、価格に転嫁すればコンビニチェーンはOEMをやめると言います【中国の土壌、水質汚染は深刻】で、検査費用は今後も増える一方なのは確実です。

    中国 排水 汚染 2

    【安い価格を維持するなら、検査コストを含め、衛星管理費を削減していくしかありません】が、そんなことはしたくありません。それで、コンビニのOEM契約も取りやめて【中国から撤退】することにしました。【中国で日本並の品質管理や衛星管理を実施したら、とても今の低価格は設定できません】


    こちらもご参照♥

    残りわずかなんです(笑)  支那の生存空間



     【中国の環境汚染の深刻さは、中国政府も認めざるを得ないほど】です。

    ポイント 女性 重要 5

    経済優先の高度成長路線のツケであるのは明白です。公害列島と化し、水俣病イタイイタイ病、そして森永ヒ素ミルク中毒カネミ油症被害などが続出した半世紀前の日本と同じです。



     ただ、【根本的に中国と違うのは、公害に対しての国民の怒り】です。日本では全国で反公害闘争が湧き起こりました

    ポイント 21

    有吉佐和子さんの『複合汚染』大ベストセラーになったのも、そうした国民の怒りがあったからです。その怒りは、公害発生企業の食品、製造は買わないという不買運動になり、ようやく政府も企業も公害対策や、安全で安心な食品・製品づくりに本腰を入れるようになったのです。

    61RTMGQSZ2L__SX324_BO1,204,203,200_ 

     【この怒りが中国では共産党政権によって、長年、抑えられてきています】

    ポイント 女性





    それどころか【中国政府は、国民の怒りの矛先を日本に向ける】ように、小中学校での「反日教育」をやめようとしません

    ポイント 女性

    環境汚染の改善には、地域住民、国民の怒りが不可欠です。それがなければ、政府、企業は積極的に動こうとはしません。環境汚染対策は、すぐに儲かる事業ではないからです。【政治・経済、あらゆる分野で拝金主義が支配している中国】ではなおのことです。【中国の深刻な土壌汚染の改善は当分、見こめない】といえます。

    ポイント 22

     今、東京都築地市場の移転先である豊洲市場の土壌汚染大きな問題になっています。…

    無題 2 

    こちらもご参照♥

    井上太郎  豊洲利権と蓮舫

     ただ、【豊洲市場の土壌汚染より数百倍、数千倍、重金属の種類によっては数万倍もひどい汚染なのが、中国の土壌汚染、水質汚染】です。【PM2・5(微小粒子状物質)に見られる大気汚染も信じられない汚染状況】です。そうした【劣悪な環境下で作られた食品を、多くの日本人は「安ければいい」という理由だけで、食べている】のです。

    女性 ダメ7



    土壌汚染の発生

     こうした【汚染まみれの食品を国民が買い続けることの本当の怖さは、あなたと家族の命の問題に止まりません】。高いからとの理由で、国民が国産の手間のかかった本当に安全な食品を買わなくなれば、日本の農林水産業そのものが衰退し、本当に安全な食品を作る人がいなくなってしまうでしょう。そうなれば、未来の日本人の命を、誰が守ってくれるのでしょうか。

     【豊洲市場の土壌汚染対策を万全にしても、中国からの汚染食品の輸入が止まるわけではありません】

    ポイント 23

    【出来るだけ中国産食品、中国製品は「食べない、使わない」ことです】

    女性 ダメ6

    【国産の安全・安心できる食品・製品を利用することが、家族の健康と安全を守ることになる】のです。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させて頂きますこの書物は、とても詳細なデータも添えられていて、色々な支那産の危険物・危険食品「毒物」「毒食品」と言ってもいいですが、私たちの身の回りのどこに潜んでいるのかが、分かりやすく書かれていて当ブログお勧めの書物です♥

    この書物をお読みいただくと分かるのですが、例えば、世界最大の「トマト」の生産国って、どこかご存知でしょうか?

    悩む女の子2

    答えは、支那です。

    production_pic01.gif
    トマトの主な生産国

    この支那産のトマトが、トマトそのもののままであったり、加工された形であったりして、日本に輸入されて、私たち日本人の口に入っているんです♥

    トマトジュースとか、ケチャップとか、トマトソースのパスタとか、色々ありますね♥

    支那産である限り、そこには「毒」が含まれています♥ 

    たとえば、トマトジュースで考えてみましょう。



    とある日本メーカートマトジュース(国産トマト)が、1缶あたり160グラム120缶7,000円ぐらいで販売されています。ですから、1缶当たりの価格は。。。

    7,000円 ÷ 120缶 = 約60円/缶

    となります。

    私たち日本人の食卓に並ぶトマトは、どちらかというと「ピンク色」のトマトが多いと思いますが、真っ赤っかな色のトマト製品に使用されるトマト「赤色」の品種も栽培方法も違うトマトです。

    sun_pic01.jpg
    「赤系トマト」のヒミツ

    「ピンク色」のトマトスーパーで買ってきて自家製トマトジュースをつくっても「ピンク色」のトマトジュースになってしまいます(笑)

    ですから、「赤色」のトマトジュースを自家製でつくるためには、その材料となる適切な「赤色」のトマトが必要になります。

    そして、実際に自家製でつくってみると、おやおや???

    価格が合わないことが、お分かり頂けると思います♥

    もちろん、メーカーの企業秘密となる「極意」があるのですが、それでは、そのメーカーよりも低価格で販売されている「怪しげな」トマトジュースの中身は何なのでしょうか♥

    決して、「同品質」ではないということです♥ 言い換えれば、「全然別モノ」なんです♥

    ポイント 女性

    同様の事例は、沢山あります。イオンの売り場で目にすることができます(笑)

    さて、本日の結論ですが、昨日ご紹介させて頂いている書物の著者、トランプ大統領の「四頭体制」メンバーの一人である、ピーター・ナヴァロ繰り返し発言している「単純な主張」

    ピーター・ナヴァロ 2
    ピーター・ナヴァロ

    それが、「支那からモノを買うな!」です♥

    ピーター・ナヴァロ 1

    私たち日本人も、アメリカのトランプ政権とベクトルを合わせて、「支那からモノを買わない!」でいきましょう!



    何よりも、それが「平和のため」なんですから♥

    中国製品ボイコット

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Thu,  02 2017 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment