日下 公人  ついに日本繁栄の時代がやって来た

    51e4rRvvn-L__SX316_BO1,204,203,200_



    どんな本かはこちらから♥

    テムズ川とライン川は、かつて繋がっていました 


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: お薦めの本です❤
    Published on: Fri,  10 2017 16:00
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    4711  

    No title

    毎日読ませて頂いておりますが、世界史を殆ど忘れてしまって泥縄式なので、系統だてて考えるまで至りません。(学生時代も、教えられたことは憶えるのですが、何故こうなったか、どう繋がっていくのか、自分で考えを導くのが苦手でした。)基本となる世界史の流れを学ぶ良い本があったら、教えて頂ければ幸いです。

    毎日の更新、ありがとうございます。
    お疲れの出ませんように。

    2017/03/11 (Sat) 11:24 | EDIT | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: No title

    4711さん、こんにちは^^
    いつも有難うございます。

    世界史が、何故こうなったか、どう繋がっていくのか、という説明は、恐らく学校では教えられていないと思います。ですから、分からなくって当然だと思います。分からないように、判り難いように教えているからです。知られては困ることが沢山あるからですね♥

    そもそも、日本の学校での歴史教育で、「ユダヤ教」「キリスト教」「イスラム教」といった宗教の説明がなされていません。また、支那がひと続きの国であるかのように錯覚もさせています。支那の論理をアメリカに当てはめると、アメリカの歴史はインディアンの歴史から始まることになりますね(笑)アメリカ4000年の歴史とか言う人がいたら、頭がおかしいとしか思えませんよね?それと同じことを支那が実際にやっていて、日本の学校でも、そう錯覚させるように教えています。

    さて、ご相談の件ですが、日本を中心において世界史を見るのであれば、最近の書物では田中英道氏の『日本の戦争 何が真実なのか』が良いと思います。宗教やイデオロギーについてもキチンと説明されていますので古代からの一連の流れが理解できると思います。ただし、ヨーロッパの国々については、あまり細かく説明がされていません。

    その補足として、倉山満氏の『日本人だけが知らない「本当の世界史」』が良いと思います。

    これからも、宜しくお願い致しま~す♥


    2017/03/12 (Sun) 15:45 | REPLY |   

    Post a comment