御破算で願いましては・・・ 

    miyamoto_07.jpg
    そろばん(漢字表記:算盤、十露盤など)とは、古典的な計算補助用具の一種で、串(細い棒)で刺した珠(たま)を移動させ、その位置で数を表現し、計算の助けとするもの。

    教育においては十進法の概念を理解させるための格好の教材とされることもある。国語と算数は学問の基礎とされ以前は「読み書きそろばん」といわれていた。

    文部科学省(旧・文部省)がたびたび改定してきた小学校学習指導要領の算数の履修項目からそろばんが外されたことはない。そろばんは指先を高速に動かすことや盤面を1つのイメージとして捉えることから「右脳の開発を促す」といった主張もある。電子計算機の普及は手動の計算道具であるそろばんから実務を奪ってしまったが、教具としてのそろばんの価値が再認識されてきている。

    ひとつの特長として一定以上そろばん(珠算)の能力がある場合特別な訓練を経なくてもその場にそろばんがなくても計算できるようになることが挙げられる。これを珠算式暗算という。一般にある程度習熟すれば加減算においては電卓より早く計算ができる。実際、暗算の名人と呼ばれる者の多くは計算のとき頭の中で算盤をイメージして計算を行っている(珠算の素養の無い者が時間の計算を行う際、頭の中に思い浮かべた時計の針を回すことと同じと思えば理解しやすい)。なお、「そろばんを習う」と言っても珠算式暗算も習っていることもしばしばある。

    日本国外では、ハンガリーで1990年代に日系女性がそろばんを普及し始めてから1割程の小学校で授業に採用されている






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 【ボルシェヴィキ運動はユダヤ人の運動】だったが、【ユダヤ民族全体の運動ではなかった】

    ポイント 女性

    ほとんどのユダヤ人たちは、その運動と全く無関係だった。実際、多くのユダヤ人は、そしてもっとも典型的なユダヤ人たちは、それを【毛嫌い】しているのだ。

    ポイント 女性

    多くの人々は積極的にその運動と戦っているその運動の罪悪ユダヤ人全体のせいにするのは、深刻な不正行為であり、思想的混乱から生まれるものである。少なくとも私にはそのような混乱はない。…

     【「労働者」と呼ばれるもの】、すなわち、資本主義者の現状に対する【プロレタリアートの反乱という題目】は、すでにみたように、【主にユダヤ人が指示したもの】である。

    ポイント 女性

    ユダヤ人のエネルギー、その国際的資質、そして決められた計画の忠実な実行力が、寄与しているのだ。これぐらいのことはどれもロシア特有のものではなく西洋の産業化された全地域にあるものだ。

    世界のユダヤ人人口の分布割合 : 1880年~2014年

     「指示した」という言葉を用いたが、何か意図的な計画があったという意味ではないユダヤ人一国から他国へ絶え間なく移動し、階級感情に逆らう勢力であるがゆえに、国民感情には当然無関心であり、明晰な考え方と推論への情熱を持ちながら、粘り強さと知的な勤勉さも兼ね備えているので、なるべくして主要な提唱者や最高に有能な指導者になったという意味である。

     結局、【ユダヤ人は、世界中でその運動を固く結びつける接着剤の役割を果たした】のだ。

    ポイント 女性

    【カール・マルクス】が、自分よりも偉大なヨーロッパの同時代人手本として、『資本論』という名著で明らかにした方針に沿いつつ、そこからさらに明快な解決案を主張したのは、他ならぬ【ユダヤ人だったから】である。…

    カール・マルクス
    カール・マルクス

    こちらもご参照♥

    科学的社会主義って何? ~ マルクス自身も否定する「マルクス主義」



     「社会革命」という言葉は、1914年にはまだ単なる言葉にすぎなかった。人々もそれをあまり真剣に捉えてはいなかった。しかし【1917年、社会主義者の革命が一撃のもとに大国で突然に成し遂げられ、その革命の主体者、指導者、統制者たちが、非ユダヤ人の取り巻きをほんの少数含むだけの、ユダヤ人の閉鎖社会であることがわかる】と、全く別の問題となったのである。

    志位 50

    事態が現実のものとなったのだ。【国家の諸伝統とキリスト教の財産倫理全体を脅かす危機】が迫っていた。ユダヤ人問題に関して何よりも重要なのは、慣習や強欲や恐怖ゆえに今まで沈黙していた多くの人々が今や声を上げざるをえなくなったということである。そのとき以来1917年初期には、私たちの時代の主な政治問題となった。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    「ユダヤ人」に関して書かれている本書は、よくある劣悪な「ユダヤ陰謀説」の類の本ではなく、歴史の中でユダヤ人の置かれていた状況や、その時々の時代背景、ユダヤ人とキリスト教徒との摩擦が生じる原因など、キチンと論理的に解説がなされている非常に秀逸な書物です♥

    初版は、今から100年ほど前に、イギリスで出版されています。当時のヨーロッパの世相が、非常にリアルに描写されています。

    さて、当ブログでは昨年から一貫して、世界の流れは「ABCDEFG」ですよ~って、お話をさせて頂いておりますが、

    abcdefg.jpg

    前回このお話をさせて頂いた時点での、米国10年債利回り2.1%台でしたが、そこから、さらに利回りが上昇しています。

    米国10年債利回り 20170104

    で、その時点で申し上げていたことは、「米ドル」が不足しますよ~っていうことで、現実に「米ドルの暴騰」が生じています

    ドル円チャート 20170104
    ドル円チャート

    詳しくはこちらをご参照♥

    トランプ新大統領誕生で加速すること ~ 世界の流れは「ABCDEFG」



    一昨年、盛んに金融界で「囁かれていた」ことが、もはや「世界のルールが変わった」という言葉でした♥

    そのターゲットになっているのが「C」です。これは、もちろん「支那」のこと

    中国 バブル

    「D」「ドル(Doller)」で、米ドルが不足しますよっていうことですが、これは今後も継続します。

    ポイント 女性

    「E」「ユーロ」(Euro)「F」「フランス」(France)「G」「ドイツ」(Germany)です。

    フランスで、本来の通貨である「フラン」が復活という事態になったりすれば・・・

    ルペン ユーロ廃止
    EUはユーロを廃止するのか?ルペン仏大統領候補の呼びかけ

    「欧州連合」すなわち「EU」は、事実上崩壊します♥

    EU 崩壊

    現在ある「欧州連合」すなわち「EU」は、ユダヤ人が人工的に創り出したものであり、言いうなれば「社会実験」です♥

    国際汎ヨーロッパ連合の旗
    国際汎ヨーロッパ連合の旗

    詳しくはこちらをご参照♥

    『マニフェスト・デスティニー』と、『ドナルド・トランプ』と、『「卍」・「卐」(まんじ)』



    でも、これは見事に失敗してしまいました♥ 同じく「社会実験」であった「ソヴィエト連邦」崩壊、といいますか正確には「破壊」されたように、一度、「御破算で願いましては・・・」ということに、これからなるでしょうっていうことなんです♥

    はじくそろばん

    問題の根源「ドイツ」にあります♥

    「ドイツ」が、再び、その本質を現してきたからです。

    メルケル ナチ

    詳しくはこちらをご参照♥

    ドイツのなんとなくリベラル 「反米という病」 ~ 約束なんて守らない支那



    いまヨーロッパで起きている現象は、100年ほど前、まさに、この書物が書かれた時代に似ています

    だからこそこの書物を読む価値があります

    ポイント 女性

    現に、かつてヒトラーが書いた本が、爆発的に「売れている時代」、それが、いま私たちが生きている時代です♥

    ヒトラー わが闘争
    ヒトラー「わが闘争」、再版でベストセラーに ドイツ

    ドイツ人の多くがヒトラーを支持していた当時と同じように、ドイツ人の心の中大きな変化が起きていて、そのドイツ世論の変化に合わせて、いよいよドイツ政府も方向転換し始めています。

    難民批判解禁 ドイツ
    ついに「難民批判」を解禁したドイツ政府の驚くべき変わり身

    いち早く、EU離脱を選択したイギリス人

    Brexit 22

    彼らの選択は、きわめて当然な判断です。イギリスにとっての巨額な貿易赤字の原因ドイツを中心とする欧州連合(EU)なのですから♥

    英国の貿易収支対地域別内訳

    財務基盤が脆弱な、南欧と呼ばれる「温暖な地域」の国々が浪費し、その補填アルプス以北の「寒冷な地域」の国々が行っているという歪な構造は、維持困難な状況にあります。

    ECB Target2 向け主要国債権債務推移
    第七大陸ですすむ経済繁栄の可能性、米国覇権再強化へ

    少し考えれば誰にでも分かることなんですが、日本のメディアは、全く理解も予測もできないようで(笑)

    ポイント 女性

    で、そんなこんなで、形作られているのが「支那包囲網」なわけで。。。

    親露反中 トランプ
    「親露反中」を外交の基本路線に定めた、トランプ次期政権の頼もしさ

    いよいよ追い詰められている「支那」を、私たち日本人は今、目の前「高みの見物」をすることができます♥

    こちらもご参照♥

    中国軍が、アチコチで問題を起こすトンデモナイ理由 ~ 中国崩壊の蓋然性



    支那が、どんなに足掻いても無理なんです♥

    支那の弱点は、支那全体が「他国通貨」すなわち「米ドル」に依存して成り立っていたのですが、先ほど述べておりますとおり、その「米ドル」こそが不足することになる、そのことは「支那崩壊」の蓋然性を非常に高めているんです♥ こんな楽しいことはありませんね(笑)

    詳しくはこちらをご参照♥

    中国の「新常態」 ~ 何が本当なのか中国自身がわからない状態のことなんです





    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: ユダヤ
    Published on: Tue,  17 2017 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment