国民と市民の決定的な違い ~ 市民革命の「市民」ってダレ?

    日本 地球

    市民(しみん)は、政治的共同体である市及び都市においての構成員。個々の人間を指す場合と人間集団をまとめて指す場合とがある

    市民に似た概念として国民があるが両者の違いは、「市民」がその理想とするところの社会、共同体の政治的主体としての構成員を表すのに対して、「国民」はその「国家」の国籍を保持する構成員を表すという点にある。

    村田蓮舫

    市民と国民は相互に置き換え可能な場合も多いがそうでない場合もある「欧州連合の市民」のように国家とは直接に結びつかないような形の市民権もあり、この場合市民を国民と言い換えるのは適切でない

    反日 市民
    反日の市民

    愛国 国民
    愛国の国民

    れんほう 5 スマホ
    民進党の現役の党代表である「市民」
    【衝撃画像】蓮舫、参院本会議中に隠れながらスマホをいじってたことが判明 wwwwwwwwwwwwwwwwwwww



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 なぜこんなに韓国に対して批判的なのかと思う人がいるかもしれません。しかし、私にはその権利があります私は韓国のために戦ったと言えるからです。

    悩む女の子2

     1974年私は米海兵隊に入隊しました。その年の12月、【日本にある海兵隊の基地に派遣】されました。私はすぐ日本語を覚えて、指令部の事務所で働いていましたが、【アメリカ共産党は私にスパイになるように働きかけてきました】。基地の近くに事務所があり、【彼らはジャーナリストを装っていました】

    ポイント 女性

    こちらもご参照♥

    オバマと、アメリカ共産党と、ユダヤ人



    アメリカ共産党 ロゴ
    アメリカ共産党 ロゴ

     次の日、私は上官にその経緯を報告し、【米海軍情報部局の秘密捜査員】になりました。【日本にいたアメリカ共産党は、通常のスパイ活動の他に、米兵をロシア経由でスウェーデンに脱走させる手助けをしたり、在日米軍基地に核兵器を持ち込んでいる証拠を探すなどの活動】を行っていました。

    ポイント 女性

    こちらもご参照♥

    ヘレン・ケラーが、こどもの教育にヨクナイ理由



     彼らは、米国のベトナム反戦運動を利用して、【韓国から米軍を撤退させる活動】も行っていました。それが成功すれば、米軍の後ろ楯がなくなった韓国を、【北朝鮮が攻撃しやすくなります】

    こちらもご参照♥

    韓国の教科書問題 ~ 朴槿恵への単純批判は、北朝鮮・金正恩の思う壺



     ですので、私は第二次朝鮮戦争を戦っていた、と言えます。まあ、その戦争は現実には起こりませんでしたが、【その戦争を起こすために活動している人たちがいた】のです。そして、当時の私の任務は危険を伴いましたが、私は自分の義務を果たしました。私は、【諜報の世界で日韓が秘密裏に協力している】のをこの目で見てきました。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    この書物は、ドイツ系アメリカ人海兵隊出身の著者によって、日本語と米語の併記で書かれていて、大変読み易い本です。

    ここで、著者は「第二次朝鮮戦争を戦っていた」と述べられていますが、まったくその通りで、朝鮮半島は、ずっと戦争状態のままです♥

    いま起きている、韓国政治の混乱も、北朝鮮による仕掛けです♥ 形を変えた戦争ですね♥

    526fccb4.jpg

    とっとと同じ民族同士で戦争をすれば良いのにお互いに「怖がり・ビビリ」なので、クチ喧嘩しかできないようで。。。

    まあ、朝鮮民族が滅亡しようと、朝鮮半島が焦土と化そうと、私たち日本にとっては「どうでも良いこと」で、火の粉が降りかかる事さえ防いでいれば良いんです♥

    朝鮮半島反日的政権で統一されるようになれば厄介ですから、これまでと同じように、分断工作を続ければ良いんです♥

    昨年暮れに、10億円という端金(はしたがね)に、尻尾振って飛びついて来た韓国ですが、「Korea fatigue」(韓国疲れ、韓国疲労症)として、つまり「また朝鮮はそんなことしてるのかよ!」「もう、いい加減にしろよ、朝鮮!」みたいに、世界中が認知している状態で、韓国は、私たち日本から貰える、たった10億円という端金(はしたがね)目が眩んだんです♥

    日韓合意

    もちろん、韓国が約束なんて守るはずはありませんが。。。それで良いんです♥ 分断させておくことが大切です♥

    私たち日本にとって支那や朝鮮「敵性国家」ですし、そもそも彼等は約束なんて守るはずはありません

    こちらもご参照♥

    デン・ハーグ 平和と司法の国際都市 ~ どうなる?支那の判決



    直接的な軍事力の行使を、できるだけ回避しながら、支那や朝鮮「内側から崩壊させる」、これが現在行われていることで、いま現在、その方向に一直線に進んでいます(笑)

    中国 バブル

    こちらもご参照♥

    トランプ新大統領誕生で加速すること ~ 世界の流れは「ABCDEFG



    さて、ここからは、昨日の続きになります。

    連日にわたって、書かせて頂いておりますが、私たち日本の戦国時代の頃ヨーロッパでは「宗教改革」を切っ掛けとしたキリスト教の分裂が始まっていました。

    国史と西洋史 3

    この時代は、西洋史でいうところの「近世」になります。「現代」に近い「近代」、その「近代」に近いから「近世」と、適当に呼ばれている非常に曖昧な時代区分です。

    1万年も経たあと(1000年でも同じだと思いますが)、歴史学者って、一体どのように説明をしているのかが非常に気になります。。。

    それはさて置き、「近代」の始まり、つまり「近世」の終わりは、「フランス革命」です。

    ポイント 女性

    『民衆を導く自由の女神』(1830年、ウジェーヌ・ドラクロワ画)
    ウジェーヌ・ドラクロワ 『民衆を導く自由の女神』 1830年

    中世(500年~1500年)~近世(1500年~1800年初頭)ヨーロッパでは、聖職者や騎士・貴族が、奴隷としての「農民」を支配していた社会システムが存在していました。キリスト教会も、奴隷を支配していたんです♥

    その社会システム、日本には存在しなかったフューダリズム(Feudalism)崩壊するのが、ルターの宗教改革から約300年も経た「フランス革命」によってでした。このときヨーロッパの人々は「個人の自由を獲得」します。そして、これこそがリベラリズムの原点になります。

    俗に「自由」とか「平等」とか「博愛」とか「市民」とか、そんな定義の曖昧な言葉脚光を浴びる時代です♥

    ここで問題です♥

    問題です

    「自由」とか「平等」とか「博愛」とか「市民」とか、それは誰のための言葉だったのでしょうか?

    誰のための「自由」誰のための「平等」誰のための「博愛」、そして「市民」って誰

    ココ非常に大切なポイントです♥

    実は、この「近代」の始まりである「フランス革命」は、被差別民だったユダヤ人が、キリスト教世界において初めて「権利」を認められた「流血革命」であって、「反キリスト教」の革命でもあったんです♥

    以下は、Wikipediaからの抜粋です。

    「 1790年8月3日政府ユダヤ人の権利を全面的に認めた。1792年5月から1794年10月まで、キリスト教は徹底的に弾圧された。当時カトリック教会の聖職者は特権階級に属していた。革命勃発以来聖職者追放教会への略奪・破壊がなされ、1793年11月には全国レベルでミサの禁止と教会の閉鎖が実施され、祭具類がことごとく没収されて造幣局に集められ、溶かされた。」

    これが、「フランス革命」の重要なポイントです♥ リベラリズムの原点ユダヤ人の権利獲得は、重なっているんです。

    ポイント 女性

    詳しくはこちらをご参照♥

    ヨーロッパで個人が自由を獲得したのは、たったの230年前なんです ~ リベラルの原点「フランス革命」



    こちらもご参照♥

    日本の消費税より高い、「教会税」 ~ 教会に賠償金を払いつづける国



    それでは、「フランス革命」で始まった「近代」が終わる、つまり「現代」の始まりは、いつ頃のことを言うのでしょうか?

    悩む女の子2

    1989年のベルリンの壁崩壊冷戦の終結の時代、この辺りが「現代」の始まりとされています。

    直後の1993年11月1日、ヨーロッパにおいて欧州連合(EU)が成立します。この欧州連合(EU)の先駆けとなる「国際汎ヨーロッパ連合」は、20世紀初頭のヒトラーの動きに対抗するものの一つであり、ユダヤ人が協力していたものです。

    国際汎ヨーロッパ連合の旗
    国際汎ヨーロッパ連合の旗

    詳しくはこちらをご参照♥

    アメリカの『ホワイト・ギルト』という自虐史観・・・報道されない「ポリティカル・コレクトネス」



    欧州連合(EU)は、通貨を統一し、域内の関税も撤廃し、人の移動も自由、というユダヤ人にとって非常にありがたい仕組みですね♥

    ポイント 女性

    さて、フランス革命時「市民」という言葉が、革命の主体として脚光を浴びます。この「市民」というのは、元々の言葉としては「ブルジョワジー」になります。

    以下は、Wikipediaからの抜粋です。

    「 ブルジョワジー(仏: Bourgeoisie)は、中産階級の事であり、特に17 - 19世紀においては革命の主体になりうるほどの数と広がりを持つ階層であったが、市民革命における革命の推進主体となった都市における有産の市民階級をさす場合も有る貴族や農民と区別して使われた。

     古代から中世にかけての経済的な低迷が終わると中世都市に商工業を生業とするものが集まり始めた。フランス語ではこうした中世都市の「城壁の中の住民」をさして貴族でも農民でもない存在を「ブルジョワジー」と呼んだ。これがブルジョワジーの語源で、後期ラテン語 burgus(ギリシア語 pygros、ゲルマン語 burg)から派生しできた言葉である。

     近世になると大航海時代の幕開きにより、港湾都市では交易によって富を蓄積する者が現れ始めた。又絶対主義の時代には、中央集権化により特に首都が経済的な中心となり、ここにも富を蓄積するものが現れ始めた。又近世における「重商政策」彼らの成長を積極的に後押しした。彼らが市民革命前夜における「ブルジョワジー」である。当時の権力主体であった貴族階級、聖職者都市の労働者、民衆、農民との間に位置付けられる都市の裕福な商人を指してブルジョワジーというようになった。ブルジョワジーの中には巨万の富を蓄え貴族に仲間入りするものや貴族に準ずる待遇を受けるものも現れ新たな支配階級を形成しつつあった。

     ここでブルジョワジーと呼ばれた人々は、市民革命の主体となり、それまでの貴族や聖職者が主体であった体制革命によって転覆させた。そのため市民革命をさして「ブルジョワ革命」とも言うこの場合の「市民」とは「ブルジョワジー」のことで現在の「市民」という概念とは異なっている。」


    もう、お分かり頂けるかと思いますが、この「ブルジョワジー」に、ユダヤ人富裕層が含まれるんです。

    ユダヤ

    で、やがて、もう一つの革命主体が出てくるのですが、19世紀に生まれ、20世紀に猛威を振るった「共産主義」「社会主義」、これもユダヤ人がつくった妄想ですが、「共産主義」は、さきほどの「ブルジョワジー」のなかでも、特に「上層ブルジョワジー」である資本家階級を敵視し、労働者や無産階級を扇動し、これを革命の主体としてあっという間に、巨大な王国を崩壊させてしまいます。それがユダヤ人による革命である「ロシア革命」(1917年)です♥

    ポイント 女性

    「 スリーグノフ著『ソヴィエト=ロシアにおける赤色テロル(1918~23)』(梶山伸一訳、社会評論社)という訳著がある。この書物の原著1924年にベルリンで出版され、2006年にロシアで最新版が発行された。日本でも30年以上前から出版の話はあったがそのままに放っておかれ、平成22年になってやっと日の目を見た。いかに日本でも左翼論壇による規制が行われているかを見てとれる。

    51xvOh9wBwL__SX298_BO1,204,203,200_ 

     この本は、ロシア革命後のスターリン以前から公然と虐殺が行われていたにもかかわらず、それ自身が暴力革命路線として秘匿され、非難の的にならなかったことが語られている。

     「血まみれの統計」という章では、1918年の段階から毎年「革命裁判所」により銃殺された人々の記述がなされている。この著者は、それが赤色テロルとして共産党のもつ階級闘争というイデオロギーでなされたことを語っている。ナチの人種抹殺よりもはるかに主観的な階級抹殺を口実に人々が逮捕され処刑され暗殺されていたことを述べているのだ。それはレーニンの時代から行われていたが、意外にもその指導者の責任のことはこの書物では語られていない。つまり、これらの処刑は集団指導的に行われたのである。必ずしも誰かが責任を問われることのない体制のなかで行われていたことになる。この革命ある共通な集団によってとりしきられていた

     その集団とは左翼ユダヤ人グループである。

     当時の新聞発表したソ連の指導者の記事は、いかにユダヤ人が多かったことかを記している。…私はトロッキーやカーメネフがユダヤ人であることは知っていたが、レーニンもメシユコフスキーもユダヤ人の血が流れていることは知らなかった。…そして指導者14人の名が並んでいるがすべてユダヤ人であった。この調査によると、ソ連政府の各委員会におけるユダヤ人の数およびパーセンテージは、政府の中心の人民委員会総数23人のうち17人、77%がユダヤ人である。また、軍事委員会も76%外務委員会、財務委員会が80%司法委員会にいたっては95%であり、裁判がこの委員会の下で行われたとすると、ユダヤ人に処刑されたという印象が生まれたとしても不思議ではない。社会委員会公の新聞記者の数にいたっては、100%ユダヤ人である。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    共産主義「ユダヤ人」による大量虐殺は、ナチス以上に酷かった



    「 《 ユダヤ人ロシアの革命を準備し、之を仕組んだユダヤ人真の無産階級萬国主義者国家を持たない。トロッキーを吾々の師とし君として立てることはロシアの無産階級の義務であって又最も安全な途である。如何なる程度まで過激主義とユダヤ主義とが一致するかを示す手段のために、過激派は赤色の星を採用した。此の星はユダヤの徽章(きしょう)であって又シオンの徽章である。勇敢なユダヤ人は社会主義の前衛である。資本家は無産階級に頭を下げ、ユダヤ人の涙は血の汗となって、彼らの身体から流れるであろう 》
    (1919年4月12日『デル・コミュニスム』ロシア、ハリコフ市発行)。…

     状況証拠から考えると、ロシア革命の裏の姿ユダヤ人の革命運動であったということである。また、この革命に資金支援したのはユダヤ人のヤコブ・シッフであった(この人物は、日露戦争時に日本に資金援助をしたことで知られている)。

     ソ連と対立するヨーロッパ諸国、とくに歴史的にもロシアと対立することが多かったドイツ人がこの事実を受け取ったとすれば、彼らのユダヤ人に対する恐怖と憎悪の念が生まれないはずはない

     ヒトラーが『我が闘争』で

    《 ユダヤ人はドイツ全国民の皮を剥ぎ、搾取しながら国民の怨をプロシャ人に向けて煽った。此の宣伝は戦線では判っていたが、後方には影響はなかった。…プロシャとバイエルンが互いに口汚く論争し合っている間に、ユダヤ人は革命を仕組み、プロシャとバイエルンと双方共に、骨抜きにしてしまった 》

    と書いている。事実、ロシア革命だけでなく、頓挫してしまったがドイツ革命をユダヤ人がねらっていた

     ドイツのヒトラー政権が行ったユダヤ人迫害に、このような歴史的伏線があったことはあまり日本には伝わっていない。アウシュビッツは反ユダヤ主義という人種差別の象徴であると語られてきただけである。しかし、こうしたソ連のユダヤ人で固められた共産党政権の残酷な弾圧、虐殺に対する反動の意味合いを忘れるべきではない。このことを考えると、アウシュビッツを絶対的な悪の象徴として語るのはできないことになる。

     何度も引用するが

    「アウシュビッツの後に詩を書くことは野蛮だ」

    などと公言するユダヤ知識人が、いかに人を瞞着(まんちゃく)させるものであるかを知ることができる。…アドルノの思想は、こうしたユダヤ人の自己憧着(どうちゃく)に依拠している面が多いと感じるのは私だけであろうか。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    ユダヤ人はロシアで革命を起こし、ドイツ革命も狙っていたんです



    そして、戦後になって、左翼ユダヤ人の思想が、私たちの日本に入り込んできます。これなんか、典型的ですね♥

    民共 ポスター 市民

    詳しくはこちらをご参照♥

    国民である前に、「市民」なんでしょうか? ~ 「市民」⇒敗戦後・占領後に造られた「コトバ」



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日米関係
    Published on: Sun,  18 2016 00:01
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    4711  

    No title

    日韓合意の10億円は、南北分断の意味があったのですね。何故、約束を守るはずのない韓国と合意を結び、10億円も捨てるのか、と思っていました。

    2016/12/19 (Mon) 16:02 | EDIT | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: No title

    4711さん、こんばんは^^
    いつも有難うございます♥

    約束を守るはずのない韓国 ⇒ とても正しい御認識だと思います。

    10億円も捨てる ⇒ とても正しい御認識だと思います。そのとおりで、ほんのわずかな端金、つまり、「餌」ですね♥

    10億円のおカネは、個人としては大金だと思いますが、私たちの日本という国家から見れば、「誤差」程度の金額です♥

    何といっても、世界一のお金持ち国家ですから♥

    先日の日露首脳会談での3,000億円は安いんです。安倍総理は直前に途上国の女性支援という形で、それ以上のおカネを「ポーン」と拠出していますから。何とでもなる金額なんです♥ 「フェミニスト封じ」です(笑)

    安倍総理がやっていることは、支那封じ込めです。閉じ込めておいて、内側から崩壊させる。これが、世界共通認識の流れです♥

    私たちの日本を含めた世界の大国に、国内向けに格好をつけたい連中が、支那にすり寄っています(例えば、フィリピンとかメキシコ)が、きっと、蟻(あり)んこが踏みつぶされるように、ペシャンコにされると思いますよ。

    その時、彼らが頼れるのは、私たち日本の安倍総理だけなんです。見ておいてください♥ 

    その展開は、すでに始まっていますよ♥

    これからも、宜しくお願い致しま~す^^

    2016/12/19 (Mon) 19:48 | REPLY |   

    Post a comment