通州事件と共産主義者 ~ 現代の日本人が学ばなければならない理由

    通州事件 1
    通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年(昭和12年)7月29日中国の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃した事件。通州守備隊は包囲下に置かれ、通州特務機関は壊滅し、猟奇的な殺害、処刑が行われた通州虐殺事件とも。





    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 7月29日の朝、まだ辺りが薄暗いときテンさんは突然夫の沈さんに烈しく起こされました。風呂敷二つをもって外に飛び出すと、町には一杯人が出ていて、【日本軍兵舎の方から猛烈な銃撃戦の音】が聞こえてきます。八時過ぎになると、「日本軍が負けた。日本軍は皆殺しだ」と騒ぐ声が聞こえてきました。テンさんは飛んで行って日本の兵隊さんと一緒に戦い死んでやろうという気持ちになるのですが沈さんに止められてしまいます止められたから命が助かったのでした。

     九時過ぎ、【誰かが日本人居留区で面白いことが始まっているぞと叫びました】【女や子どもが殺されている】というのです。沈さんの手を引いて日本人居留区に走ると【血の匂い】がしてきます。沢山の支那人の中で、【黒服の学生達と保安隊の兵隊とが一体】となっていました【その先に起こったことを、佐々木テンさんは次のように証言】しています。底本から直接引用します。

    image_20161019162330faa.jpg
    タイ国財団法人 慧燈(えとう)財団HP

    《 そのうち日本人の家の中から一人の娘さんが引き出されて来ました。十五才か十六才と思われる色の白い娘さんでした。その娘さんを引き出して来たのは学生でした。そして隠れていたのを見つけてここに引き出したと申しております。その娘さんは恐怖のために顔がひきつっております。体はぶるぶると震えておりました。その娘さんを引き出して来た学生は何か猫が鼠を取ったときのような嬉しそうな顔をしておりました。(八行省略)学生はこの娘さんをいきなり道の側に押し倒しました。そして下着を取ってしまいました。娘さんは「助けてー」と叫びました。

     とそのときです。一人の日本人の男性がパアッと飛び出して来ました。そしてこの娘さんの上に覆い被さるように身を投げたのです。恐らくこの娘さんのお父さんだったでしょう。すると保安隊の兵隊がいきなりこの男の人の頭を銃の台尻で力一杯殴りつけたのです。何かグシャッというような音が聞こえたように思います。頭が割られたのです 》


    驚き 女性 いや 

     その後、【父親の体を何度も何度も突き刺し、屍体を蹴転がした兵隊と学生達】は、気を失っていると思われる娘さんのところへ再びやってきます

    《 この娘さんは既に全裸になされております。そして恐怖のために動くことが出来ないのです。その娘さんのところまで来ると下肢を大きく拡げました。そして陵辱をはじめようとするのです。支那人とは言へ、沢山の人達が見ている前で人間最低のことをしようというのだから、これはもう人間のすることとは言えません。ところがこの娘さんは今まで一度もそうした経験がなかったからでしょう。どうしても陵辱がうまく行かないのです。すると三人ほどの学生が拡げられるだけこの下肢を拡げるのです。そして保安隊の兵隊が持っている銃を持って来てその銃身の先でこの娘さんの陰部の中に突き込むのです。(五行省略)するとギャーッという悲鳴とも叫びとも言えない声が聞こえました。私は思わずびっくりして目を開きました。するとどうでしょう。保安隊の兵隊がニタニタ笑いながらこの娘さんの陰部を抉(えぐ)り取っているのです。(二行省略)ガタガタ震えながら見ているとその兵隊は今度は腹を縦に裂くのです。それから剣で首を切り落としたのです。その首をさっき捨てた男の人の屍体のところにポイと投げたのです。投げられた首は地面をゴロゴロと転がって男の人の屍体の側で止まったのです 》

    驚き 女性 いや 

     あまりの酷い仕打ちに、【読んでいて怒髪(どはつ)天を突く思い】です。これが【通州で、支那人が日本人に対してやったこと】なのです。

    ポイント 女性

     保安隊と学生の部隊は、思いつきで日本人の家に押し入ったのではありません【保安隊は事前に居留区の全戸の日本人家庭を人口調査し、家族構成まで把握していた】のです。

    ポイント 女性

     通州には日本人だけを集めた日本人居住区といったものは設定されていませんでした。日本人の住んでいる家と支那人が住んでいる家とは混在していました。そこで、保安隊は、日本人の家の前には、それと分かるようにチョークで印をつけておいたのです。まさに【日本人皆殺しを実行しようとした】のです。

    ポイント 女性

    このことから、【支那人によるこれらの犯行は日本人に対する政治暴力として、初めから計画されていた】ことがわかります。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    支那人による日本人居留民の大虐殺で有名なあの「通州事件」に関して書かれた書物は、これまでにもいくつかご紹介させて頂きましたが、今回の書物一番大切なポイントは、一部始終現地で目撃していた日本人による証言だという点です♥

    ですから、実際に「その時」に、「支那人がどういったやり方で虐殺を行ったのか」が、ハッキリとイメージできます

    日本人の妊婦その妊婦のお腹の中の胎児その他老若男女を問わず「支那人が大勢の日本人を虐殺した手口」を、是非、この本を通じて、知ってください

    当時のメディアでも御覧のとおり、このことはキチンと報道されていて、日本人はみんな知っていました

    通州事件 1

    通州事件 2

    ねず

    そして、最近になって、ようやく「通州事件」教科書でも教えられるようになってきました♥

    ですが、まだまだ、支那人の本質を、私たち日本人は「忘却」しています。戦前の日本人は、このような支那人の本質を、「常識」として知っていました

    ポイント 女性

    「 序に(ついでに)支那人の冷酷な性質を少し紹介して見よう。

     昔或る皇后が嫉妬の余り女の手足を切り眼球をゑぐり灰を呑まして声が出ないやうにして厠(かわや)に置いたと云ふのがあるし(司馬遷の「史記」、呂太后の話)、叉銅柱(どうちゅう)の下に火を燃し銅柱に罪人を登らせ火の中に落ち込むのを見て喜んだと云ふことがある(殷の紂王の話)。

     とにかく日本人等には考へられない惨酷なことをする

     秦の始皇が儒(儒者)を穴にしたり(焚書坑儒の坑儒)、或いは戦争で相手の軍隊十万を穴にすと云ふやうなことがある。

     叉現在の刑罰を見てもかなり惨酷である。肚(はら)を割(さ)くとか云ふに忍びない惨虐をやることは、済南における邦人の虐殺事件を見ても明らかであるし…」


    村田蓮舫
    日本人には考えられない惨酷なことをする支那人の血統である村田

    「 土匪(どひ、土着の盗賊団)が人質を捕へた場合には、身代金を取るために種々の刑罰を加へる。その刑罰の種類は百数十種に達するが、其の主なるものを挙げて見れば左の如くである。

     眼鏡掛けと云って、膏薬(こうやく)を眼球になすり付けて山の中を駆けさせる。

     洋氈床(ようたんしょう)と云ふのは小さい刺(とげ)があって之れに触れると堪へられない強烈な痛みを感ずる植物で床を造って裸で寝せる。

     荷洋火(かようか)と云ふのは石油の空き缶を人質に背負わせ、缶の中に炭火を入れて烙(い)る。

     鴨の泳ぎは四本の縄で両手両足の親指を縛し、腹を下方に身體(からだ)を棚のやうに吊り上げ、その背の上に重いものを載せる。

     乳房掛けと云ふのは婦人の人質を乳房を縛り梁に吊す。

     花針呑みと云ふのは極く小さい針を呑ませる。

     それで金を持って来なければ惨殺する。

     かうした例は幾らもあるが、これ以上書く必要もないだらう。人の梟首(きゅうしゅ、晒し首)を平然として女小供も眺めて居るし、人間の血長生きの薬になると云って、人が斬罪(ざんざい、首切り)に処せらるると皆んなで饅頭に血を付けに来て食ふやふな国民は、確かに惨忍性を帯びて居て、情において忍びない日本人とは全く正反対である。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    2000年前から続く中国の伝統技♥

    あの有名な「孔子」の大好物だったもの♥



    さきほど、「済南における邦人の虐殺事件」と書かれていましたが、そのお話の前にそもそもの始まりとなる「南京事件」を見てみましょう♥

    ポイント 21

    「 戦前派の私達は、南京事件といえば昭和二年(1927年)三月、蒋介石の北伐中に起きた、共産派の(中国人)暴徒による排外暴動を想起する。

     外国の…領事館や居留民団を襲い虐殺暴行掠奪のかぎりを尽くした事件である。

     米・英・仏の軍艦はついに(南京)城内に向けて火蓋を切った。しかるに、わが(日本軍の)駆逐艦中央(日本国政府)の命により隠忍した

     これをいいことに、暴動化した(中国共産派)革命軍は、…(日本の)駆逐艦を射撃し、…(日本人)戦死者を出した。そのあげく、…12名の水平が武装解除され、在留邦人全部暴行掠奪をうけ、ある者は殺害された。」


    「 …(日本人)居留民全員は(南京城内の)領事館に収容されたが、この領事館も三回にわたって(中国人)暴徒の襲撃を受けた

     この時の惨状(在南京日本人)領事が神経痛のため、病臥中をかばう夫人を夫の前で裸体にし、薪炭車に連行して(中国人暴徒)27人が輪姦30数名の婦女は少女に至るまで凌辱され、…(日本軍の)駆逐艦に収容されて治療を受けた者が10数名もいる。」


    「 日本軍(日本政府の命で)発砲を禁じられて何の抵抗もせず、居留民保護にあたるどころか、簡単に武装解除されて、監禁・暴行される有様であった。

     反撃なしとみるや中国兵ますます日本兵に対して狂暴さを増すのみであった。…これが(1927年当時の)日本の平和外交の現実結果的にますます中国人に軽侮されるのみ…」


    詳しくはこちらをご参照♥

    南京事件では中国人暴徒が日本人を襲った♥ 【小学校教員採用試験レベル】

    南京事件では女性がすべて凌辱されました♥ 【小学校教員採用試験レベル】



    つまり、1927年に起きた「南京事件」は、共産派支那人による日本人虐殺事件だったということです♥

    ポイント 女性

    日本共産党 599

    また、攻撃しないという当時の「誤った」日本の平和外交が、どういった結果を引き起こしたのかは、この「南京事件」の史実が物語っていますね♥ これを、学校で教えないまま、反省しないまま、現代の私たちの日本国になっているということが、「大問題」であるのは、誰でも理解できることですね♥

    では、どうして「攻撃しない」という過ちを犯してしまったのでしょうか

    悩む女の子2

    以下は、Wikipediaからの抜粋です。

    「 日本領事館は蒋介石の軍が入城したとき、国民党軍は規律正しいと聞いていたので安心し防衛のための土嚢や機関銃を撤去し、開門して国民党軍を受け入れた。また、倉庫には小銃30挺が保管されていたが、それらの上に荷物を山積みしており準備されてはいなかった当時の記録では、この時入場した国民党軍は便衣隊であったかもしれないとも書いている。

     中国軍一個中隊が正門から闖入すると、歩哨に立っていた西原二等兵曹に銃剣を突き付け殴りつけられた中国軍「やっつけろ、やっつけろ」と連呼しながら銃剣で突きまくり顔面や頭部をめった打ちにして負傷させた救援にかけつけた数名の海軍陸戦隊員も銃剣を突き付けられ、時計や財布を掠奪された。

     その後中国軍は、本館を襲撃して電話機や器物を破壊し、金庫を開けろと木村領事館警察署長に命じたが署長が応じなかったので発砲し、署長は右腕を負傷した。

     領事館舎の2階にいた根本博陸軍武官(少佐)に対して中国兵室内に入るや否や頭をめがけて発砲したが、それた。しかし腹を撃たれ1階に飛び降りようとしたところ臀部を銃剣で突き刺され突き落とされた室内に残っていた領事夫妻らに向かって中国兵「金を出せ」「金庫を開けろ」「出さねば殺すぞ」と罵りながら所持品を奪い領事夫人は服を脱がされた。寝室の領事専用金庫は破壊され、貴重品はすべて持ち去られたさらに中国兵に後続して、南京の老若男女の住民苦力らが押し寄せ電球電線装飾器具炊事道具風呂桶便器まで持ち去った日本人衣服を脱がされ、それらの衣服も持ち去られた。強奪は朝7時から午後1時づすぎまで打ち通しに行われた。


    img_1_m_201609130837356b9.jpg

     その後、第2軍政治部蒋勁、師長戴岱がやってきて「我が国民軍は外国人に危害は加えない。今日、諸君を苦しめたのは確かに北軍の所為である」と述べた。

     荒木大尉反撃すると日本人避難民に危険が及ぶため、海軍陸戦隊員に無抵抗を命じていたため、館内の日本人は一方的に暴行や掠奪を受けた。日本側の報道によると、駆逐艦「檜」などから派遣されていた領事館警備の陸戦隊の兵力は10人しかなく、抵抗すれば尼港事件のような民間人殺害を誘発する危険があると考えられたため無抵抗が徹底されたという

    ポイント 女性

     領事館への襲撃のほか、係留中の宿泊船(ハルク)の警備についていた後藤三等機関兵曹狙撃により射殺された

     また、日本人の経営する旅館寶来館を襲撃した中国人暴徒「金を出せ」「奉天兵はいないか」「ピストルはないか」と連呼し、旅館にいた日本人から財布や骨董品を強奪していった。宿の女中がつけていた指輪とれないので、「面倒だ、指を切り落とせ」と中国人がいうので外して渡した。中国人暴徒は「張作霖びいきの日本人は皆殺しだ。もう50人殺された」と喚きながら、発砲した。(東京朝日園田記者の証言、東京朝日1927年3月30日

     松崎病院院長の松崎熊士は、事件の最中中国人が「(外国人が)虐殺されるのは当然だ日本領事館で鼻に針金を差し込んで一人残らず殺した」と話しているのを聞いた。

     事件後の被害者の証言によれば、当時の30数名の婦女は少女にいたるまで陵辱されある女性が暴兵のために一室に連れて行かれようとする際、「どうぞ助けてください」と必死に叫んだが警備兵は抵抗できず見捨てざるを得なかったという。」


    蒋介石 o0800044913748371143.jpg
    「脱法ハーフ」村田 蓮舫(むらた れんほう)と同種族蒋介石(しょうかいせき)

     つまり、「尼港事件のような民間人殺害を誘発する危険があると考えられたため、無抵抗が徹底された」「攻撃しないという、誤った平和外交」という方針が徹底されたわけなんですが、続いて、その「尼港事件」なるものを見てみましょう♥

    img036.jpg
    東京朝日新聞(大正9年3月30日付)5面

    以下は、Wikipediaからの抜粋です。

    「 尼港事件(にこうじけん、露: Николаевский инцидент, Nikoláyevskiy Intsidyént, Nikolayevsk Massacre)は、ロシア内戦中の1920年(大正9年)3月から5月にかけてアムール川の河口にあるニコラエフスク(尼港、現在のニコラエフスク・ナ・アムーレ)で発生した、赤軍パルチザンによる大規模な住民虐殺事件。港が冬期に氷結して交通が遮断され孤立した状況のニコラエフスクをパルチザン部隊4,300名(ロシア人3,000名、朝鮮人1,000名、中国人300名)(参謀本部編『西伯利出兵史』によれば朝鮮人400-500名、中国人900名)が占領し、ニコラエフスク住民に対する略奪・処刑を行うとともに日本軍守備隊に武器引渡を要求し、これに対して決起した日本軍守備隊中国海軍と共同で殲滅すると、老若男女の別なく数千人の市民を虐殺した殺された住人は総人口のおよそ半分6,000名を超えるともいわれ、日本人居留民日本領事一家駐留日本軍守備隊を含んでいたため国際的批判を浴びた日本人犠牲者の総数判明しているだけで731名にのぼり、ほぼ皆殺しにされた。建築物はことごとく破壊されニコラエフスクは廃墟となったこの無法行為は、結果的に日本の反発を招いてシベリア出兵を長引かせた。小樽市の手宮公園に尼港殉難者納骨堂と慰霊碑、また天草市五和町手野、水戸市堀原、札幌護国神社にも殉難碑がある。」

    ・・・と、御覧のように、虐殺劇の主体は、「赤軍パルチザン」、つまり、「共産主義者」によって実施された「大規模な住民虐殺事件」です♥

    ポイント 女性

    気をつけよう 共産党

    さて、お話を元に戻しまして、共産主義者による大規模な住民虐殺事件だった1920年「尼港事件」、そして、二度と民間人が虐殺されないようにと、「平和外交」で無抵抗を貫いた、1927年共産派支那人による日本人虐殺事件である「南京事件」

    左翼 9条 憲法

    このような「共産主義者による日本人大虐殺」があって、その翌年に、「済南における邦人の虐殺事件」が起きたんです♥

    ポイント 女性

    「 南京事件のあと、…(1928年5月)済南で多数の日本人が虐殺され凌辱暴行掠奪を受けた

     …(中国兵は)居残った邦人に対して残虐の手を加え、その老壮男女16人が惨死体となって…(病院な運び込まれたそれらの死体の状況は)手足を縛し、手斧様のもので頭部、面部に斬撃を加え、…滅多切りとなし、婦女はすべて陰部に棒が挿入されてある。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    南京事件の翌年の済南事件♥ (閲覧注意) 【小学校教員採用試験レベル】



    では、この支那人による日本人虐殺事件に対して、当時の日本政府は、どういった行動をとったのでしょうか?

    悩む女の子2

    「 このように続発する中国人の日本人に対する野蛮な犯罪にもかかわらず、時の日本政府は一切事なかれ主義をとりひたすら無為無策平和外交に終始した。

     …済南事件に対しても、日本はほとんど抗議を行わず泣き寝入りであった。

     このような日本の軟弱外交は、中国の排日、抗日運動をいよいよつのらせ侮日思想を一層高揚せしめた

     その挙げ句の果てが昭和7年の第一次上海事件にまで発展するのである。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    南京事件の頃の平和外交♥【小学校教員採用試験レベル】



    いかがでしょうか?

    無為無策の平和外交が、のちに「惨劇」を引き起こしていることが、ご理解いただけましたでしょうか♥

    では、現在の日本政府は、当時と何か違いがあるでしょうか

    領海に侵入する敵船は、沈めれば良いんです♥



    領空に侵入する敵機は、墜落させれば良いんです♥



    インドネシア支那の船を爆破して沈めても、支那は手も足も出せません♥ もちろん、戦争にもなりません♥ 誰が見ても、悪いのは「支那」だからです。

    トルコロシア機を撃墜しても、ロシアは手も足も出せません♥ もちろん、戦争にもなりません♥ 誰が見ても、悪いのは「ロシア」だからです。

    ですから、日本も「支那」や「朝鮮」を攻撃すれば良いんです♥ もちろん、戦争にもなりません♥ 誰が見ても、悪いのは「支那」と「朝鮮」だからです。



    私たち日本国民の生命を護るために日本政府がやらなければならないことがこれです♥

    答えはとっても簡単なんです♥

    歴史が、それを証明しています。



    民共 ポスター 市民

    れんほう 中国が一位

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日中関係
    Published on: Sun,  23 2016 00:02
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    荼毘出  

    No title

    歴史は繰り返す、という法則からいくと、我々は再度虐殺されてしまうことになりますが、そこまでされないと日本人は目が覚めないのかも知れませんね。事なかれ主義、無為無策、平和外交というのは、争い事を好まない和の精神から来ているのでしょうが、それが自らの首を絞めていることに気付かない。今は、命が大事、人類皆兄弟だのという左翼思想と、和の精神が融合して白痴化してますから、ずっと深刻です。時間が経過すると過ぎたことを忘れる、国際情勢や情報戦に弱い、騙されやすい、話せば理解し合えると思い込んでる、という性質まで何も変わっていませんが、歴史に学ばないから歴史は繰り返すんでしょうかね。

    通州事件、尼港事件、通化事件などの残虐性、野蛮性は、ロシア、支那、朝鮮に共通してますが、これらモンゴル帝国の支配を受けた地域の民族性を考えると、やはり歴史の法則を思わずにはいられません。チンギス・ハンの子孫が1600万人いるとか言われていますが、我々の祖先は、こんな野蛮人に「五族協和・八紘一宇」の精神を適用してしまったんですね。

    2016/10/23 (Sun) 22:53 | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: No title

    荼毘出さん、こんにちは^^
    いつも有難うございます♥

    全く同感です。日本人は、支那であれ、朝鮮であれ、相手も日本人と同じようなものだと「勝手な勘違い」をするところが最大の弱点だと思います。根本的なところが、全然違っているのに。。。

    これからも宜しくお願い致しま~す♥

    2016/10/24 (Mon) 16:47 | REPLY |   

    Post a comment