核攻撃でも残るモノ

    2ca71b31.jpg
    国会議事堂(こっかいぎじどう)は、国会が開催される建物。現在の建物は1936年(昭和11年)に帝国議会議事堂として建設された。東京都千代田区永田町一丁目にある。

    建物は左右対称形を成しており、正面に向かって左側に衆議院、右側に参議院が配置されている。

    広島臨時仮議事堂
    広島臨時仮議事堂

    戦後の食料難で農場と化した議事堂前広場
    戦後の食料難で農場と化した議事堂前広場




    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 最高高度300キロメートルから放物線を描いて落下する核弾頭を含む再突入体は速度をぐんぐんと増し、音速の8倍となって大気圏に突入してきた。

    9_201609101711051c7.jpg

    【一週間前よりこうした事態をも予測】していた市ヶ谷にいた部隊は、天空から高速で落下してくる10個の再突入体へ向けて16発の迎撃ミサイルを、次々に発射した。しかし、もともと個々の【命中率が10%と低い】上に、敵の弾頭ミサイル近距離から発射されているために【迎撃の時間が極端に限られ】たこと、さらに【多数のおとりの再突入体】のために【自衛隊の迎撃は失敗】に終わった。

    驚き顔

     都心上空で【核弾頭はN国の作戦どおりに炸裂】した。

    北朝鮮 ミサイル 2

    標的とした官邸と着弾地点のズレは500メートルと、かなりの精度であった。防衛省の認識では、N国の弾頭ミサイルの命中精度は低く、たとえ東京が狙われても、山手線の内部の何処に落ちるかわからないくらいとされていた。だから、今回の着弾地点が偶然なのか、それとも、衛生信号によるGPS軌道修正技術のなんらかの改善の結果なのかは、不明である。

    _88145120_88145119.jpg

     核弾頭内部でのプルトニウムの核分裂の連鎖は太陽のような【強烈な閃光】を放った。それは【直径200メートルの火球】となった。その閃光には、【熱線】の他に核が放つ目には見えない【高エネルギーのガンマ線と中性子】が含まれていた。

     火球の周囲の空気は【超高圧となって衝撃波を作り出し、それが音速以上の速さで四方へ伝播】した。直下のパークヒルズにある36階建ての【高層ホテルなどは一瞬にして瓦解】した。そして爆心地すなわちゼロ地点を中心に広がった【津波のような衝撃波に、都心の建造物と人々は次々に飲み込まれていった】

    2012_tokusatuten_0140.jpg 11.jpg

     平岩は地下ホームで目を覚ました。多数の人々が倒れており【闇の中でうめき声】が聞こえる。車内の非常灯がホームをぼんやりと照らしている。【ホームの蛍光灯は全て破壊され、飛び散っていた】。彼と同じように起き上がる者も多かったが、【既に事切れた者もいる】ようだった。

    「いったい何が起きたんだ」

    「N国がとうとう、核を発射したんじゃないのか」

    「しばらくこのまま停車を続けます。危険ですので、線路へは絶対に降りないでください」


    と車掌の放送があった。

    「国民保護警報を鳴らした後、【政府は何をしている】のだ」

     平岩も、【弾頭ミサイルが東京で炸裂】したものと直感した。新聞記者の彼は抑止する駅員を振り切って、改札を出た。暗いホールを抜けて、旧文部科学省のあった6番出口に向かった。【階段下には多数の人が血を流して倒れている】

    北朝鮮 核

     虎ノ門交差点の北側に出て、【周囲の惨状】を目撃した平岩は唖然とした。【路上の全車両は大破し炎上、全ての建造物が倒壊】していた。特に南側の損壊は激しく、【どす黒い煙】で覆われて、炎がチラチラ燃えはじめたのが見えた。路上には、【まる裸の男や女が仰向けに倒れて、両手両足を空に伸ばして震えている】【わき腹や太ももが燃えていた】

    「やはりN国が発射した【核弾頭が都心で炸裂】したのだ」

    img_7_20160910181236ee8.jpg

     瓦礫を縫うようにして桜田通りを北へ向かった。【昼間だというのにあたりは暗闇】である。瓦解した【ビルの粉塵】が天空へ昇っている。平岩は四つ折りのハンカチで口と鼻を覆い、粉塵の吸い込みを防いだ。

    「助けてください」

     【道端には人々がうずくまって泣き叫んでいる】【顔も腕も皮膚がめくれ垂れていた】。多数の人たちに【ガラス片が無数に突き刺さっている】財務省の建物は窓やドアは破壊されていたが、【全体の形は保っていた】。これは昭和9年に着工されたもので、鉄筋コンクリート5階、地下1階である。

    68bc2a9e424f43e730a2bc45fd27a70f.jpg

     次の交差点の先に、ガラス面と外壁が吹き飛び大破している外務省が目に入った。【上の階から吹き飛ばされた】と思われる。【多数の職員たちの死体が、建物の北側に散乱】している。

    img_f62614a623d588322f3a666df1719490280157.jpg

     平岩は霞ヶ関の交差点を西に折れ、国会議事堂へ向かった。昭和11年に建造された分厚いコンクリート製の国会議事堂の本来の姿が眼に入り、平岩の心は熱くなった。近づいて見ると、窓ガラスは吹き飛び、周囲の樹木は倒れ燃えている。辺りは少し明るくなってきた。

    9f26b0e8.jpg

    b0301101_5463659.jpg

     【ガラス張りだった首相官邸は跡形もないほどに破戒されていた】【内部隔壁も吹き飛び、鉄骨も飴のように大きく変形】している。

    img_kantei_vt.jpg

    ガラス面を多用した内閣府の建物無惨な姿だった。

    1640000001_0000022816_4.jpg

    ただし、昭和4年築の【旧官邸は、その形を留めていた】戦後日本の弱点を、まざまざと見せつけられた思いがした。

    20130524-2.jpg

     南方を眺めると、虎ノ門赤坂六本木の街を中心に、【都心全体が壊滅】していた。超高層ビルで有名な赤坂の全日航ホテル、パークヒルズビル、六本木トールズの他、東京タワーも無かった

    collection_slide_04.jpg

    【瓦解した】のだ。【首都高速は炎上した車で火の海】と化している。

    soku_07871.jpg

    「永田町から首都の壊滅を見ることになるとは。【これが1945年以来、平和を希求してきた日本の結末】なのか!」

    img_0.gif

    平岩は絶句した……』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    昨日に続いて、東京への核攻撃のシミュレーションでしたが、皆さんは具体的なイメージを持つことができましたでしょうか♥

    台風地震そして津波に関しては、日本のメディアは報道をしていますが、なぜか北朝鮮や支那の核攻撃については「知らん顔」をしていますね♥ 国会議員でさえコレ(↓)ですから。。。



    本文中にもございましたが、事が起こってしまってから「政府は何をしている」って怒っても、すでに手遅れですね♥

    では、私たちは、どうすればいいでしょうか?

    悩む女の子2

    自分たち一人ひとりが正しい放射線防護の知識を持ち万が一に備えておくことができます

    詳しくは、本書をお読み頂きたいんですが、ほんの少しの対処方法を知っているだけで、実際に核攻撃をされた場合の被害を、大幅に軽減させることができるんです♥

    「えっ!そんな方法で?」っていうぐらい誰でもできる簡単な方法なんです♥

    核攻撃が実際に行われても、助かりたい人は、この本を読んで、是非正しい放射線防護の知識を身につけてください

    そうすれば、核兵器と原発の違い、核爆発とは何か、広島や長崎の爆心地付近で助かった人々はどうしていたのか、日本のメディアが隠蔽していることが何か、などなど、数多くの知らなかった事が、きっと理解できることと思います♥





    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Wed,  14 2016 00:02
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment