マッカーサー参謀の戦法 ~ ペリリュー島、硫黄島、そして沖縄

    堀栄三
    堀 栄三(ほり えいぞう、1913年(大正2年)10月16日 - 1995年(平成7年)6月5日)は、日本の陸軍軍人、陸上自衛官。階級は陸軍中佐、陸将補。

    正確な情報の収集とその分析という過程軽視する大本営にあって、情報分析によって米軍の侵攻パターンを的確に予測したため、「マッカーサー参謀」とあだ名された。戦中の山下奉文陸軍大将、そして戦後海外の戦史研究家にもその能力を高く評価されている

    奈良県吉野郡西吉野村(現五條市)出身。伊藤祐一郎の子に生まれ、陸軍航空本部長・第1師団長や留守航空兵団司令官を務めた堀丈夫陸軍中将の養子となる。明倫中学から1927年(昭和2年)4月、東京陸軍幼年学校に入り、1930年(昭和5年)3月から陸軍士官学校に進む。なお、この陸軍士官学校時代に、上海戦の陣地突破のケーススタディーより物量の前には精神主義が役に立たないという教訓を得後の情報分析の基本的な考えとなった

    1943年(昭和18年)4月から陸軍士官学校戦術教官。同年10月1日から大本営陸軍部第2部参謀として、大本営に勤務。ドイツ課とソ連課を経て(それぞれの課では両極端な分析方法を採用しており、それが後の分析手法に役立ったとの記録を残している)、アメリカ課に勤務。そこで、アメリカ軍戦法の研究に取り組みその上陸作戦行動を科学的に分析して1944年(昭和19年)6月に『敵軍戦法早わかり』を完成させ、米軍への水際での突撃や夜間の銃剣突撃は自滅するので行わないようにという内容を伝達した。(内容自体の伝達は、同年3月16日から始めている。)この内容を最初に伝達した師団に、ペリリューの戦いで有名な中川州男がいた。なお、この『敵軍戦法早わかり』が伝達されるまでは、中国戦線での戦訓に基づいて米軍との戦いを行っており、士気が非常に低く突撃によって逃げ出す相手に対する戦い方をとる事で日本軍の損害が非常に増えていた側面もある。この資料の完成後は、硫黄島の戦い及び沖縄戦に代表されるように米軍の被害は増加することになる。なお、サイパンの戦いには内容の教授に間に合わなかったと記録に残している






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 【堀栄三】参謀は、戦時中は大本営陸軍部の第二部(情報部)に在籍していましたが、じつはアメリカ軍、とくに【マッカーサー将軍率いる陸軍部隊の動きを相当に把握】し、彼らが【どこに、どのくらいの兵力で上陸するつもりなのかということをことごとく、正確な日時まで的中させた人】でもあり、日本軍とアメリカ軍の双方から「マッカーサー参謀」というあだ名をもらっていた人でした。

    堀栄三
    堀栄三

     堀参謀はとにかく、【アメリカ軍の戦法を科学的に徹底して分析】。昭和19年(1944)6月には、ついに【『敵軍戦法早わかり』という冊子】を完成させます。

    ポイント 女性

     この内容は、それまで志気が低くてすぐに逃げ出す中国兵を相手にしていたことで確立していた日本軍の夜間銃剣突撃が、アメリカ軍相手にはまったく通用しないことを立証し、それらを厳に戒めるものでした。

    20130828011929.jpg
    中華民国(現在の台湾銃剣突撃をする大日本帝国軍

    国民政府が使用した中華民国の国旗
    国民政府が使用した中華民国(現在の台湾の国旗

    この冊子徐々に日本軍の前線部隊にいきわたるにつれアメリカ軍の被害が急増します。

    ポイント 女性

     たとえば、この冊子最初に受け取ったのが【ペリリュー島守備隊指揮官の中川州男(くにお)大佐】でした。

    中川州男
    中川州男

    彼は、合理的精神にあふれた叩き上げの優秀な軍人でした。堀参謀の戦術書を受け取ると全島を徹底的に要塞化し、地下陣地を多く築いて兵の損耗を最低限に抑え安易な突撃と玉砕を戒めます

    日本軍が斜面を利用して構築したトーチカ
    日本軍が斜面を利用して構築したトーチカ

    その結果、上陸したアメリカ軍に甚大な被害をもたらし、【精鋭でならしたアメリカ海兵隊第一師団を壊滅させるという大戦果を上げた】のです。

    負傷した戦友に水を補給する米海兵隊員
    負傷した戦友に水を補給する米海兵隊員

     その後、【硫黄島の戦いや沖縄戦でも、アメリカ軍は相当な損害】を出しますが、これはペリリュー島の戦いを見習ったものであり、つまるところは【堀参謀の考案した戦術が効を奏した結果】なのです。

    ポイント 女性

     日本軍には、こんなに優れた参謀がいたのですが、じつはこの【堀参謀は、広島に原爆を投下したエノラ・ゲイ号の日本本土接近をも察知していた】というから驚きです。

    エノラ・ゲイ
    エノラ・ゲイ

     堀参謀昭和20年(1945)当時通信傍受を主とする陸軍中央特種情報部と緊密に連絡をとっていました。…

     特筆すべきは原爆投下のはるか前から、テニアン島に進出した謎のB―29部隊、つまり【原爆投下という極秘ミッションを命じられた「エノラ・ゲイ」の部隊の存在をも把握していたという事実】です。

    ポイント 女性

     最初堀参謀らが「エノラ・ゲイ」部隊の存在気づいたのは、昭和20年5月のことです。ハワイからサイパンに向かっていた、たった一機B―29爆撃機が、ワシントンに向けて直接、かなり長文の電報を打ったときのことでした。
    地図3

    【戦闘行動中の爆撃機がワシントンに向けて電報を打つ】などということは、かつて考えられずまたこの機は【新しいV600番台という新しいコールサイン】を持っていたといいます。

     堀参謀のチームこれを「正体不明機」と呼びましたが、この部隊はその後、わずかに機数を増やし、6月末ごろからテニアン近海への飛行を開始。7月には日本近海まで飛んだ後、そのまま、またテニアンに帰投するという奇妙な行動を取りはじめます。堀参謀のチームは、その後、この部隊を「特殊任務機」と呼び24時間態勢での監視を続けます。

    広島出撃に際し機長席から手を振るポール・ティベッツ大佐
    広島出撃に際し機長席から手を振るポール・ティベッツ大佐

     そして【8月6日】の午前3時ごろ、この特殊任務機ワシントンに向けて短い電報を発信、4時過ぎには硫黄島のアメリカ軍基地に対して「われら目標に進行中」と通知

    【堀参謀のチームは一気に緊張し、その後、防空部隊に「2、3機のB―29編隊北進中」と通知】します。

    ポイント 女性

    しかし、この米軍の電報がどういう意味を持つのかは、堀参謀やそのチームが理解することはなく、【ついに原爆は広島に投下されてしまった】のです。



     原爆搭載機の接近を察知しながらも、それを阻止し得なかった堀栄三参謀は、

    堀栄三
    堀栄三

    「想い出しても、想い出しても残念であり、その罪の大なるを感じている。再び、『日本よ、将来とも情報を軽視してはならない』と言いたい」 (堀栄三 『大本営参謀の情報戦記――情報なき国家の悲劇』文春文庫)

    と述べています。…

    518E9DRHJ4L__SX326_BO1,204,203,200_ 

     日本軍には堀参謀のように、飛び抜けて優秀な人たちもいました

    ポイント 女性

    しかし【彼らの能力が必要なときに発揮されることが少なかったのは、国家として大きな損失】でした

    ポイント 女性

     不思議なのは、【堀参謀らのチームが警報を出したにもかかわらず、空襲警報はまったく出なかった】ということです。

    悩む女の子2

    じつは【日本軍部隊の一部は、日本上空に侵入した「エノラ・ゲイ」を捉えていました】。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    最近頻繁に書物を出され、精力的に活動をなされている著者ですが、今回のこの書物も、非常にお勧めです♥

    読み進めていくと、「日本共産党」のあ~んなことや、こ~んなこと、そして旧ソ連共産党の手先として、私たちの日本に対して様々な悪事を働いていたこと、さらに、それが現在でも続いている「嘘吐き集団」だってことが、とても判りやすく書かれています

    ポイント 女性

    ですが、これは、著者が持論を述べているわけではなくて、もうすでに「世界の常識」になっちゃっていることで、次から次へと新しい証拠がこれでもかって出てきているんです♥

    そのことについては、以前ご紹介させて頂きました、こちらの書物(↓)で理解することができますが、戦前・戦中そして戦後と、「ソ連コミンテルン」ならびに各国の共産主義者が、いかに悪事を働き、そして世界を戦争へと巻き込んで行ったのかが、次々と証拠とともに解明されてきている、それが最先端の世界史の分野で起きていることなんです♥

    つまり、歴史の修正は、もうすでに始まっているんです♥

    51+y5znHE5L__SX342_BO1,204,203,200_ 

    詳しくはこちらをご参照♥

    福井義高  日本人が知らない最先端の「世界史」

    それでは、今回の著者の述べられていることを、順を追ってみてまいりましょう♥

    「志気が低くてすぐに逃げ出す中国兵」とありましたが、これ、今でも当時と同じレベルだと言われていますが、本当に程度が低かったのが支那のチンピラ兵士です♥

    「 支那には「好鐵不打釘 好人不当兵」と云ふ言葉がある。

     これは好(よ)い鐵では釘は造らない。好い人間は兵隊にはならないと云ふことで、言ひ換えれば兵になるやうなものは人間の屑だと云ふことになる。
     支那の兵卒募集は多く農村で行はれる、募集のビラに月給と何月何日何処何処に集まれと云ふことが書いてある。その日になると村の仕事嫌ひの連中が募集に応じて集まって行く、それを検査して軍服に着換へさせ鐵砲を有(も)たせると立派な兵卒になる(外見だけ)。都会でも同じく労働者の多く集まるやうな所に募集所を設け、集まって来た連中を適当に纏(まと)めて連れて行って軍服を着せる。とにかく兵になるのは正業に就くことの嫌ひな人間か叉は失業者である。

     この兵卒は軍閥が金儲けの資本として雇ひ入れたものであるから、彼等も生活の方便として以外には全く考へない。月給を貰って生活していくのだが、その月給が渡らないことが多いために、ここに掠奪が行はれ…叉戦争が始まれば婦女を凌辱することを、彼等(募集兵卒)の役得のやうに思って居る。彼等に云はすれば、五圓か六圓の月給で兵卒になって居るのは、偶(たま)には掠奪と強姦が出来るからだと放言して居る。

     かうした生活のために来て居る兵卒を駆り出して、生命の危険のある戦争に駆り出す方法は二つある。一つは利を以て誘ふことであり、一つは威嚇することである。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    中国では、兵隊の「役得」なのです♥



    「 (支那の兵隊が安い月給で志願するのは役得があるからである。掠奪と強姦とである。

     私が漢口にいた時も、毎晩のやうに付近の村で銃声がしていた。これは兵卒が掠奪に出掛けて射っているのである。軍費は頭株(軍隊の指揮官以下の上級者)がだんだんはねていく(ピンハネ)ので、兵卒に行く時は無くなっている。そこで兵卒は掠奪をやるが上官は文句が言ヘない。

     時には村の土豪劣紳(どごうれっしん、その地のタチの悪い有力者)と組んで人民をゆすったり、夜土匪に化けて人質狩りをやったりする。支那の民衆が一番嫌ふのは婦女に対する凌辱である。これは支那兵の常習的なもので、駐(とどま)っている時も行軍中にもやるので軍隊が来ると女は皆逃げたり隠れたりする。殊に退軍の時(負け戦で、前線から逃げだしているとき)には甚だしく、軍隊の過ぐる所老婆といえどものがるるものなしと支那紙は報じている。

     或る軍隊女学校を包囲して女学生を蹂躙し尽くしたことがあり、同じ女学校が二度も襲はれたことがあるが、一向(兵士たちが)処罰されたこともない。或る町では若い女を一つの廟(びょう、祖先を祭るお堂のようなものの)に集め、兵隊の自由に任せたことがある。民衆掠奪よりも殺されるよりも之(レイプ)を嫌ふのである。

    泣く

     こういうことがいかに常態化していたかについては数多くの記録が残っています当時の多くの日本人知っていましたシナで起こった残虐事件やメチャクチャな出来事というのは…あれは日本兵がやったことではないシナ兵が日本軍に敗れて逃げて行く途中にやったことだと、そういうことはみなわかっていました。当時は、真相がきちんと書かれていたのです。ところが真相を語っていた本…がGHQに没収され多くの日本人が読めなくなってしまったそれをいいことにデタラメ話が横行し、それを喧伝する悪質な日本人学者まで飛び出すようになった
     そもそも、「日中戦争」という言葉自体ありませんでした。シナには国家を表す意味において「中国」という言葉がなかったわけですから当然です。シナなんです。「支那」と書き「シナ」と発音するのが正しいのです。
     シナというのは「秦」という言葉から出ています。それが、「チン」になり「チャイナ」になった。…中国人は、英語で「チャイナ」といわれても文句はいわないのに、日本語で「支那」といわれると怒り出す。…「チャイナ」も「シナ」も同じ言葉に由来しているわけですから、片方だけを嫌うのは筋が通りません。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    教科書で日本兵がしたことになっている事は、実は中国兵がやった事なんです♥




    「 (台湾人は)戦後の話となると、皆一様に表情はこわばり語調も穏やかではなくなる。

     「大陸からやってきた連中は、ものを買っても金を払わない。揚げ句は売ることを拒否した店主を殺してしまう。そんな連中だったんです。」

      「彼らは夜になると自転車を盗みに来るんです。便利なものがあると思ったんでしょう。けど乗り方を知らない。だから担いで自転車を持って帰る。あれにはビックリしたね~」

     「もっと痛快な話がありますよ。台湾へ来て初めて゛水道゛という便利なものがあると知ったシナ人が金物屋へ行って水道栓を一つ買って帰った。そして台所の壁に穴を開けてセメントでその蛇口を取り付けたんだ。セメントが固まるのを待って翌日に栓をひねったが水が出ない。そこで金物屋へ駆け込んで壊れた物を売ったと店主といがみ合った…そんな連中が我々を統治するためにやってきたんですよ。」 」


    詳しくはこちらをご参照♥

    【驚愕】文明の利器を知らない支那人がやらかしたこと♥



    で、そんな支那のチンピラ兵士と正反対だったのが、私たちの大日本帝国の軍人さんたちでした♥

    ポイント 女性

    その一例が、現在のパラオで本当にあった史実としての、中川州男らの活躍です。参考動画を載せておきますので、御覧下さい♥

    中川州男
    中川州男



    上の動画は、約70年前のお話ですが、いまでも自衛隊を退官なされた方々が、そのパラオで何をなさっているか、以前にも書かせて頂きました。私たち日本人と支那との民度の違いは歴然としています。わずか100年ぐらいで、簡単に民度が変わるはずがないんです♥ だから、いまの支那の軍隊は、当時のチンピラ兵士のままなんです♥

    こちらをご参照♥

    パラオでダイビング ~ 元自衛隊の“オヤジ”だち



    さて、本文中には、こんなことも書かれていますね♥

    「特筆すべきは、原爆投下のはるか前から、テニアン島に進出した謎のB―29部隊、つまり原爆投下という極秘ミッションを命じられた「エノラ・ゲイ」の部隊の存在をも把握していたという事実です。 」

    「不思議なのは、堀参謀らのチームが警報を出したにもかかわらず、空襲警報はまったく出なかったということです。」

    「じつは日本軍部隊の一部は、日本上空に侵入した「エノラ・ゲイ」を捉えていました。」


    これらは、とても大切な部分です。

    続きがありますので、そちらは明日書かせて頂きます。





    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Thu,  08 2016 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment