テレビ業界の未来

    wild-865296_640-e1441684429356.jpg
    テレビ離れ(テレビばなれ)とは、テレビの視聴習慣を持たなくなることを言い、そのような国民の傾向を指す言葉である。世界各国でテレビ離れの傾向がある。

    テレビ離れとは、テレビ視聴よりも他媒体の優位性が向上し選択肢が多様化したことで、相対的にテレビ視聴の地位が低下する現象のことである。こうした傾向が統計上で現れ、「テレビ離れ」と呼ばれるようになった。

    日本ではテレビの総世帯視聴率 (HUT) は低下傾向にある。また、2005年(平成17年)度のNHKの「国民生活時間調査」によれば、日曜日にテレビを見る時間は10代男性が1995年(平成7年)の3時間34分から2005年(平成17年)に2時間52分、20代男性は3時間48分から2時間45分に減少している。行為率(テレビを観る人の割合)も同様に10代が94%から84%へ、20代は85%から74%に減少した。ただし、この行為率は全年齢層で微減している。この中で「若い男女は各曜日を通して視聴時間が短い。一方、70代以上は1日5時間以上テレビを見ており、主婦、農林漁業者も同様に長時間視聴している」としている。

    傾向として無職高齢者視聴時間は増加しているが、テレビを視聴する人は全体的に微減しており、その中で特に若い男性がテレビを見なくなっている

    b0169850_22123596.jpg






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 しかし、問題はここからです。

    ポイント 女性

     TBS一社だけが酷いテレビ局だというならまだいい問題企業がTBS一社だったならば、視聴者はあらゆる手段で同社の電波使用免許国が取り上げるよう、運動すればいい

    d0010128_1616654.jpg TBS ロゴ

    しかし本文であきらかにしてゆくように、【深刻なのはテレビ業界全体がほとんど構造的に腐敗していることにある】のです。

    驚き 6

     その【根本は、現在日本のテレビ事業が事実上、何の規制や競争原理もない天下御免の無法ビジネスだという点にある】と言っていいでしょう。

    ポイント 女性

     【テレビ局はを年間34億円というタダ同然の電波使用料を国に支払うだけ】で、電波を――在京キー局で数えれば――【たった6事業者で独占】しています。

    myhome 46454784897

    【全体の収益が3兆円】であることを考えると【元手がわずか0・1%という夢のようなビジネス】である上、地上波の電波帯域が限られているため、【新規参入者のいない寡占状態】です。

    act_02.jpg
    絵で見る 私たちの暮らしと独占禁止法の関わり

     BSCSはできたものの、【地上波の特権的な状態を維持するため様々な小細工】を弄(ろう)している。そのため、【テレビ業界に競争の波は生じていません】

    merit_img.jpg
    絵で見る 私たちの暮らしと独占禁止法の関わり

    民間地上テレビジョン放送の視聴可能なチャンネル数(2015年度末)
    平成28年版情報通信白書

     では、国民の情報を独占する彼ら規制する法律はないのでしょうか。

    悩む女の子2

    実は、【「放送法」という法律】があり、特にその第四条は以下のように【放送内容についての最低限の注意書き】が記されています。

     第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。

    一 公安及び善良な風俗を害しないこと。

    政治的に公平であること。

    三 報道は事実をまげないですること。

    意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


    ポイント 女性

     ところが【テレビ局はこの法律を倫理規定に過ぎないと解釈】して、【極端に「事実をまげ」た報道や、「政治的に“不”公平な報道」を平然と繰り返し、それを改めようとはしません】。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    いわゆる「最後の利権業界」と呼ばれる「放送業界」ですが、いよいよ、その凋落が目立ってきました♥ もちろん、この流れは止まることなく、むしろ加速していくのが当然と予想されています♥

    以下は、平成28年版情報通信白書からの抜粋ですが、今後の「放送業界」の行く末が、手に取るように見えてきます

    主なメディアの平均利用時間(平日1日)を、見てみますと・・・

    主なメディアの平均利用時間(平日1日)
    平成28年版情報通信白書

    このように、これからの私たちの日本を支え引っ張っていく「若者世代」は、デタラメな情報を垂れ流す「テレビ」ではなく「ネット」を重視しています♥

    一方で、その役割を終えようとしている「高齢世代」は、いまだに「テレビ」に洗脳されちゃっている始末です♥

    また、主なメディアの平均利用時間(休日1日)だと、こんな感じです。

    主なメディアの平均利用時間(休日1日)
    平成28年版情報通信白書

    同じ傾向が見て取れますね♥

    また、特徴的なのがテレビ(録画)が、どの世代も均一に多くなっていること。我が家でもそうですが、録画している番組は、「CM」なんて見ません♥ 新聞やテレビを通じた「CM」の効果が疑問視されてから、随分経ちますが、今後ますます「ネット」に「CM」の比重が移っていくであろうことも、すでに常識ですね♥

    いまや世界最大の「広告代理店」は、既存の「PR会社」ではなく、あのFacebookです♥ しかも、このFacebookは、「広告」なんて自社では作っていないんですよ♥

    Facebook_New_Logo_(2015)_svg.png

    ご興味がございましたら、こちらの記事をお読みになってください。

    img_c83ea85e0e7332362d3dbeccbe5571fb29482.jpg
    日本企業は海外の後追いをやめない限り勝機はない

    安倍総理 産経新聞 2

    で、この前の参院選でも。。。

    ba6b8dd3-s.jpg

    安倍総理 圧勝 2

    18、19歳の投票傾向

    18、19歳の投票傾向は自民党が40%でトップ 民進党は全世代より低調

     共同通信社が実施した10日投開票の参院選の出口調査によると、選挙権年齢の引き下げにより新たに有権者に加わった18、19歳の比例代表の投票先は、自民党が40・0%で全世代の38・2%に比べ高かった

     民進党は19・2%で全世代の20・4%より低く、若い世代の投票行動が注目を集めた中、10代の多くは安倍晋三政権を評価したといえる。

     10代で公明党に投票した人は全世代と同程度の10・6%。一方、共産党は7・2%、社民党は2・8%で全世代に比べ低かった。3・6%が投票した政治団体「支持政党なし」や、日本のこころを大切にする党、新党改革などに投票した人は全世代に比べて多かった。旧来の政党に対する不信感があるようだ。

     学生団体「SEALDs(シールズ)」が野党共闘による安倍政権の打倒を訴える中、世代別で比較すると自民党に投票した10代は20代の43・2%30代の40・9%に次ぐ3番目の多さで中高年よりも自民党を支持している結果となった。

     民進党への投票割合は70代以上60代50代の順で多く、10代は5番目だった。


    安倍総理 圧勝 1
    18、19歳の投票傾向は自民党が40%でトップ 民進党は全世代より低調

    このように、テレビの「洗脳」による悪影響が、「高齢者」ほど高く出ていることが理解できますね♥

    ポイント 22

    それでは、昨日のお話の続きを少し♥

    d0010128_1616654.jpg

    このTBSの処分が、いまから10年も経っていない平成19年(2007年)になされました♥ TBSという組織が、いかに「腐っている」かが、これだけでも、ハッキリ判りますね♥

    では、その「戦後日本最大のテロ事件」を引き起こした「TBS」「問題行動」「多年にわたる隠蔽」とは、一体何だったんでしょうか

    悩む女の子2

    TBSという組織の問題浮き彫りにしてくれるキーパーソンが、この「阿呆」です♥

    o0300021613588642569.jpg

    以下は、Wikipediaからの抜粋です。

    「 『NEWS23』(ニュース・ツー(もしくは「トゥー」)スリー)は、1989年(平成元年)10月2日よりTBSをはじめとしたJNN系列が生放送している平日最終版の報道番組である。

    番組開始から2008年3月28日までは『筑紫哲也 NEWS23』(ちくしてつやニュースツースリー(もしくはトゥースリー))として放送しており、初代メインキャスターを務めた筑紫哲也の冠番組であった。

    2010年3月29日から2013年3月29日まではNEWS23の名を残した新番組『NEWS23X』( - クロス)として放送していたが、2013年4月1日放送分からは『NEWS23』に名前を戻している。」


    昨日もご説明させて頂きましたが、この「阿呆」は、もともと朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長でした♥

    hqdefault_20160805173541e65.jpg

    この番組は、1989年(平成元年)10月2日スタートしています。

    で、ほぼ同じ時期に、とある失踪事件が発生しました。

    ek7croh7.jpg

    ここはポイントですので、覚えておいてください。1989年、つまり、今から27年前の出来事です♥

    ポイント 女性

    で、今度は今から10年前の、これ♥

    NEWS23 mona

    「 2006年(平成18年)9月下旬にリニューアルされた『筑紫哲也NEWS23』において、TBS朝日放送元アナウンサーで、当時TBSラジオ「BATTLE TALK RADIO アクセス」のナビゲーターをしていた山本モナを採用したが、リニューアル直後に、山本は民主党衆議院議員の細野豪志との不倫を写真週刊誌・フライデー2006年(平成18年)10月13日号にスクープ掲載された。これについて筑紫は彼女への言及をテレビではしなかったが、フライデー発売日の番組打ち合わせの席で、筑紫はスタッフに対し「あいつはもうここに入れるな」と激怒しながら言った、と後に複数の週刊誌で報じられている。」

    img6da0d70czik2zj.jpg

    95a10b9c.jpg

    img_0_20160805182913cdf.jpg

    imgc6e092d3zikazj.jpg

    で、この男、こんな本まで出しています♥

    41q1Oz6fW8L__SX334_BO1,204,203,200_ 

    20160721081705148.jpg

    類は友を呼ぶ・・・ですね♥

    左翼 ジャーナリスト

    ほんと、ウンザリ♥

    うんざり

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Mon,  08 2016 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment