吉川 晃司ってダレ? ~ お勉強をしないと、こうなる!

    両陛下 フィリピン 1

    吉川 晃司(きっかわ こうじ、1965年8月18日 - )は、かつて日本のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。本名同じ。





    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 2016(平成二十八)年1月末に、天皇皇后両陛下フィリピンを公式訪問され、日比の戦没者を慰霊された。

    両陛下 フィリピン 2

     その報道の中で、

    日本側の戦没者51万人対するフィリピンの民間人犠牲者は111万人

    との解説があった。

    両陛下 フィリピン 3

    【いずれも米軍の攻撃によって生じた戦死者、犠牲者の数である】

    ポイント 女性

     GHQ占領政策WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)によって、戦後の日本人は贖罪意識を植えつけられた。洗脳(プログラミング)されてしまったのだ。

    バカモノ

     広島の原爆慰霊碑に、「過ちは二度と繰り返しません」と書いてあっても、憤らない。国際法違反の民間人大虐殺を行った犯罪国家はアメリカだった。反省すべきはアメリカなのだ。

    ポイント 女性

     ところが、戦後の日本人は、「侵略戦争を起こした日本が悪かった。戦争に駆り立てた軍部が悪かった。戦時指導者が悪かった。」と、【責任をすり替えられ、洗脳(プログラミング)されていることに気づいていない】

    SEALDs 1

     日本真の意味で、堂々たる独立国家となるには、この自虐史観を払拭することが必要不可欠だ。連合国戦勝史観の虚妄を、打破しなければならない。

    ポイント 女性

     いわゆる「南京大虐殺」も、史実ではない。そもそも中国側の捏造であり、プロパガンダだった。それを連合国が、東京裁判で利用したのだ。

    ポイント 女性

     満州事変支那事変も、日本の侵略戦争ではない

    ポイント 女性

    そもそも【日露戦争の勝利によって、日本が満州の権益を得るまで、満州はソ連領】だった。

    ポイント 女性

    満州
    満州

     国際連盟のリットン調査団による報告

    「満州には世界の他地域には見られない特殊性があり、【ある国が隣国に侵略されたというような単純な事件ではない】。」

    と結論づけている。

    ポイント 女性

    【支那事変に至っては、巨大な軍事力で攻撃を仕掛けてきたのは、蒋介石の国民党軍で、日本軍ではない】

    ポイント 女性

    そうした【支那の横暴に対し、「戦闘不拡大」方針を貫いて耐え忍んでいたのは、むしろ関東軍だった】

    ポイント 女性

     大東亜戦争の先端を日本が開いたのも、【自衛のため】だった。戦争を欲していたのがアメリカ日本は、最後まで和平を望んでいた

    ポイント 女性

    しかし、日本大東亜戦争を戦ったことでアジアを植民地として搾取していた欧米列強の軍隊を排除できた。そのことが、アジア諸国を独立へと導いた

    ポイント 女性

     しかし、連合国は「裁判」とは名ばかりの復讐劇・東京裁判を実施し、東條英機はじめとする7人を、「A級戦犯」として処刑した。【「平和に対する罪」は事後法で、罪が成立するはずもない】。それなのに捕虜を不当に処刑したのだから、それは戦争犯罪そのものだった。

    ポイント 女性

     「日本は戦争犯罪を犯した」という連合国の戦勝史観は、戦時プロパガンダに過ぎない。すべての日本人が、一刻も早くその虚妄に気づき、真実の現代日本史の学びを深めてもらいたい。日本の誇りを取り戻すために、父祖と子孫の名誉を回復するために。

     本書がその一助となることを、心より願っている。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    ここに書かれていることで、一つでも疑問を持たれる部分がある場合、それはまだ、プログラミングされていらっしゃる証拠です♥

    順番にご説明して参りますので、そのプログラミングから抜け出して本当のことを知ってください

    「日本側の戦没者51万人」および「フィリピンの民間人犠牲者111万人」 は、敵対勢力ではありませんでした♥ 当たり前ですね? フィリピンは、アメリカが植民地にしていたんですから♥

    200px-Naval_shell_fire_on_Leyte_beach.jpg
    上陸直後の米軍の猛烈な艦砲射撃で炎上する日本軍陣地

    「 フィリピン人の老人がこう証言する。

    「当時、たくさんのフィリピン人アメリカの爆弾で死んだんだよ。飛行機からも、軍艦からも、戦車からも…。あれじゃネズミも生きちゃいられないよ

     フィリピンの戦いでは、米軍は日本軍が潜む建物に徹底的な砲爆撃を加え、また無差別爆撃や艦砲射撃をためらわなかった。結果として、米軍の攻撃によっておびただしい数のフィリピン人が巻き添えになったのだ。…フィリピンでは多くの民間人が米軍の攻撃の犠牲になった史実はもはや゛常識゛であり、米軍のフィリピン奪還を゛解放゛と見るのではなく、゛再占領゛あるいは゛再植民地化゛ととらえる人も少なくない。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    あれじゃ、ネズミも生きちゃいられないよ♥



    お判りでしょうか?

    フィリピンでは、多くの民間人が米軍の攻撃の犠牲になった史実は、もはや゛常識゛なんです♥

    ところが日本の多くのメディアは。。。どうしてなんでしょうね♥

    正しい知識を持っているフィリピン人は、こんな風なんですよ♥

    philip_pic4.jpg
    ダニエル・H・ディゾン画伯

    「 今から35年前に私は神風特攻隊の本を読んで涙が止まらなかったのです。こんな勇気や忠誠心をそれまで聞いたことがなかったからです。同じアジア人としてこのような英雄が私の町で誕生したことを誇りに思っています。…私はヨーロッパ・アメリカ・中国・フィリピンの歴史を様々な角度から検証してみました。その結果、なぜ日本が立ち上がり戦争に打って出たのかがよくわかったのです。そして日本が、欧米列強の植民地支配に甘んじていたアジアを叱責した理由も理解できたのです
     当時、白人は有色人種を見下していましたこれに対して日本は世界のあらゆる人種が平等であるべきとして戦争に突入していったのです神風特別攻撃隊は、そうした白人の横暴に対する力による最後の゛抵抗゛だったといえましょう。神風特攻隊をはじめ、先の大戦でなくなった多くの日本軍人をどうか敬っていただきたい。これは私から日本の若者たちへのメッセージです。」


    philip_pic1.jpg
    神風特攻隊の慰霊式典に参加した地元高校の女子学生達

    「 神風特攻隊どう思うかと訊いてみた。すると彼女らは声を揃えた。

    「Brave!」(勇敢)

    その中の一人が続ける。

    「フィリピンにも英雄はたくさんいます。ですから私達も神風特攻隊という日本の英雄たいへん尊敬しています。」

    さらに引率の男性教師は、

    こうした歴史教育を通して、子供たちに国を守ることの大切さを知ってほしいのです。」

    と語ってくれた。

    私は学生たちにもう一度訊いた。

    「君達は、カミカゼのパイロットを尊敬しているのですね。」

    屈託のない笑顔で皆は答えた。

    「もちろんです!だってあの人たちはヒーローですもの」

    異民族の侵略を受け続けたフィリピン人の痛覚は、ダイナミックな歴史観と愛国心を産んだ。

    私はフィリピンの学校教育が羨ましかった。

    いっそこの国の教師を日本に招いて歴史教育を担当してもらってはいかがだろうか?」


    詳しくはこちらをご参照♥

    フィリピン女子高生らが「Brave!」(勇敢) と絶賛するヒーロー♥



    他にもみておきますと、例えば「リットン調査団」の報告書。

    「 「満州事変から日本の大陸侵略が始まった」 

    これはいわゆる東京裁判史観であり、日本の歴史教科書史観です。実際はそうではなかったのです。そのことはリットン調査団の出した報告書にも書いてあります。リットン調査団は、満州事変後に国際連盟が派遣した国際的な調査団ですが、その報告書を私たちはあまり勉強してこなかったのではないでしょうか。改めて読み直してみると、

    「満州の情勢はとても複雑だ。日本が中国を侵略したというような単純なことではない」

    と指摘されています。つまり、「日本は満州を侵略した」、あるいは「中国を侵略した」とは一言も書かれていないのです。…

    戦後、多くの日本人が満州事変について十分な知識を持たないまま、安易に「日本は満州を侵略した」と決めてかかっています。その人たちは、自らの知的怠慢と不誠実さを大いに恥じ入るべきでしょう。私たちは、リットン報告書のこの事実すら教えられていなかった。日本の歴史教育とは何なのでしょうか。最近は新しい歴史教科書がでてきていますが、私たちが真実に近づくために、それ以外の歴史教科書もせめてリットン報告書の大筋ぐらいは載せてほしいものです。これは、教科書編纂者のモラルの問題です。…」


    詳しくはこちらをご参照♥

    福島瑞穂の「知的怠慢と不誠実さ」 ~ リットン調査団



    さらに。。。

    「 戦争で個人が責任を問われる行為は、前もって刑法に規定された場合に限り裁判と処罰の対象となるということは、アメリカはじめ文明国で認められている法の一般規定で、しかも大原則である。…法なければ犯罪なしということは国際関係においても国家の主権を制限するものではなく、一般的な正義の原則である。」

    詳しくはこちらをご参照♥

    【謎】制限速度を守っていたのに、逮捕され処罰を受ける理由♥



    最後にこちらの動画もどうぞ♥



    そういえば、最近、「吉川 晃司」ってヒトが何か言っているって、ニュースがありましたね♥

    子供たちにこのヒト知ってる?って聞いても誰も答えられなかったんですけど。。。

    一体、どんなヒトなんでしょう♥ まあ、興味がないから、どうでもいいんですけど♥

    聞いたところでは、高校中退で、お勉強が足りないみたいですね♥

    大人になったら、もうちょっとお勉強された方が良いかと思うんですが、メディアに媚びる姿からすると、やっぱり「お金」の為なんでしょうね~♥

    吉川晃司

    ほんとうに、ウンザリですね♥

    うんざり


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Sun,  12 2016 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment