破防法調査対象の日本共産党と、終戦後の「通化事件」 その一

    2064018.jpg
    通化事件(つうかじけん)とは、1946年2月3日中国共産党に占領されたかつての満州国通化省通化市中華民国政府の要請に呼応した日本人の蜂起とその鎮圧後に行われた中国共産党軍(八路軍)および朝鮮人民義勇軍南満支隊(李紅光支隊、新八路軍)による日本人及び中国人に対する虐殺事件日本人3000人が虐殺された。中国では通化"二·三"事件などと呼ばれる。

    当時、先に進駐していた朝鮮人民義勇軍(李紅光支隊)と延安からの正規の中国共産党軍を中共軍または八路軍と包括的に呼称した。ただし、中ソ友好同盟条約によって満州で中国共産党が活動することは許されていなかったため、東北民主連軍などと称していた。元朝鮮人日本兵現地の朝鮮人などで構成されていた朝鮮人民義勇軍は新八路軍や朝鮮八路とも呼称され、「36年の恨」を口にしながら暴行・掠奪・強姦・処刑を行った

    旧満州国通化省通化市(現吉林省通化市)
    旧満州国通化省通化市(現吉林省通化市)





    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 【「コクドー」】って何だ?

    悩む女の子2

     2014年夏、ある人物から聞かされた、この「コクドー」なる言葉がずっと耳にこびり付いて離れず、私を悩ませ続けた。

    王将

     奇(く)しくも、大東(おおひがし)社長が「コクドーって何や?」という全く同じ言葉を店の従業員に呟(つぶや)いてからから10か月が経っていた。

    33ad26b7.jpg

    「国道」「国土」

    いや【「黒道」と書く】

     そう、即ち、【中国の言葉である。読み方は「ヘイタオ」という】。…

    ParkHyattTokyo.jpg

     突然の集中豪雨に竜巻、雹(ひょう)まで降った14年夏。…何やら“不穏な空気”が漂い始めた7月の後半に、東京・西新宿にある高層ホテルのラウンジで、その男と会った。

     「林」と名乗った男は、年齢が40歳前後か。長身でがっしりとした筋肉質の身体、無口でおとなしく、絶えず穏やかな表情を浮かべているように思えるが、よく見ると眼光は鋭く、いかにも一癖も二癖もありそうな「不気味な人物」であった。

    驚き 4

     日中両国を股にかけたブローカー投資コンサルタントという触れ込みだったが、名刺を差し出したり、パスポートなど身分を証明する書類を示す素振りも見せなかった。そして、たまにしゃべる言葉もイントネーションがややおかしく、【中国や韓国などアジア系民族が話す日本語】のように聞こえ、名前を「はやし」と呼ぶより「リン」と呼んだ方が相応しい感じがするほどであった。

    ec311704.jpg

     その「林」との面談の仲介役を務め、この日も同席した関西の暴力団系企業舎弟である「潮田」(仮名)によると、【「林」は暴力団など日本の闇社会のメンバーと、中国大陸のチャイニーズマフィアとの間を取り持つ“橋渡し役”の一人であり、王将事件の背景に精通している】、ということであった。

    驚き顔

     大東氏を射殺した実行犯の正体と行方を追いかけるうちに、【一回数百万円の成功報酬で要人暗殺を請け負う中国人ヒットマンの組織がある】ことを知り、そうした裏の仕事を発注する日本側の窓口を務める企業舎弟を突き止めて取材を行った。するとようやく、中国人ヒットマン組織に注文を繋ぐ“橋渡し役”に会えることになったのだ。…

    お金

     その「林」が私と顔を突き合わすなり口にしたのが、冒頭の「コクドー」であった。

    kaiedamari-400x300.jpg

    【黒道】って、何か知っているか」

    悩む女の子2

    いきなり、そう切り出した「林」の問い掛けに、私は答えることができなかった。

    20130722081545256.jpg 8fc94acc_20160323204925f25.png 4da141a4.jpg 

     ミネラルウォーターが置かれたコースターを引き抜き、その裏側に「黒道」という漢字を書いた後、つい「ヘイタオ」と口走ったのを聞いて、「黒道」が中国語であることは察知したが、私は恥ずかしながら、その言葉を知らなかった。

     【「黒社会」は、日本で言うところの暴力団など反社会勢力を意味し、言わば「闇社会」といった意味の言葉】である。「黒客」はハッカーのことで、中国が日本や米国などに盛んに仕掛けてきたサイバー攻撃を取材する最中によく耳にしたことを覚えている。

    海江田

     中国の胡錦濤(こきんとう)・前国家主席が打ち出した政策の中に【「掃黒作戦」という黒社会撲滅策】があったし、「黒」と付く言葉がいい意味でないことは想像できたものの、残念ながら全く聞いたことがない言葉だったため、何も言いようがなかった。

    A5bAv.jpg 李

     そんな私の反応に失望したのか、「林」は急に口を固く閉ざし、何もしゃべらなくなってしまった。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    中国の「闇社会」日本の「闇社会」、そして在日朝鮮人、これが繋がっていることが、ご理解いただけましたでしょうか♥

    以下は、こちらの記事から、一部抜粋して転載したものになります。

    ヤクザ社会における在日韓国・朝鮮人の存在感

    「 参考になるのが、警察庁発表「平成26年の暴力団情勢」だ。(略)
     これを見ると、全国の指定暴力団21団体のうち、明らかに在日の名を持つ親分に率いられた組織は5団体。そして、これら21団体の構成員は2万を超えるが、そのうちの2割弱が在日の親分に従っている構図だ。日本の総人口に占める在日の比率が、戦後に帰化した者まで含めてもせいぜい1~2%前後であろうことを考えると、「親分の在日比率」はかなり高い。」


    「 また、分裂した山口組の双方の組織において在日の幹部が枢要な地位を占めているのを見ても、この世界における在日の“出世ぶり”が顕著だ。」

    「 あまり語られることはないのだが、出世した在日ヤクザには表の金融業や不動産業と結びついた「経済ヤクザ」が少なくない。現在の主要な指定暴力団の親分や最高幹部クラスにも、図抜けた財力を持つ面々が並ぶ。山口組2次団体の元企業舎弟が話す。
     「(略)特に金融業界に在日は多い。そして、彼らの周りには在日ヤクザが必ずついていた
     かつて、在日はまともな事業者であっても、日本の金融機関から融資を受けるのは難しかった。そんな中、「民族産業」のひとつとして発達した商売が高利貸しである。」


    「  「在日にはパチンコ業で財を成した人間が多いが、その一部はヤクザとも手を組んだ。彼らは駅前の一等地を、相場より高いカネを使ってでも押さえていった。当然、同業者と競合するからヤクザの腕力も必要だった」(西日本の金融業者)」

    在日朝鮮人と日本の「闇社会」に関するこのあたりの事情は、すでに一般常識だと思われますが、そこに、もう一つの勢力が絡んできているのが現在の状況です♥

    その始まりが「中国残留孤児」です♥

    05-1.jpg

    ここで、昨日、大東亜戦争の最後の年昭和20年(1945年)の状況整理をさせていただきましたが、当時の私たち日本国内の状況を振り返りますと、敗戦色が濃厚になってきたにもかかわらず、国家総動員総力戦徹底抗戦本土決戦を主張する一部の社会主義者・共産主義者が、政府内や軍部官僚やマスコミに存在していました♥

    また、その当時、私たちの日本にも存在した裏切り者の社会主義者・共産主義者たちによって国内の状況他国に筒抜けになっていました。

    そして、その情報をもとに、戦争を終わらせよう降伏しようとしていた私たち日本に対しアメリカは原子爆弾を実験投下しソ連は無慈悲な侵略を行ったんです。ソ連の侵略は、1945年の9月まで続いていたんです♥

    で、終戦前後ソ連の動きを見てみましょう。繰り返しますが、終戦の日とされる8月15日直前と、その後ソ連がやったことです♥

    以下は、こちらの記事から、一部抜粋して転載したものになります。

    対日宣戦布告時、ソ連が公電遮断 英極秘文書
    対日宣戦布告 ソ連

    「 昭和20年8月9日ソ連が日ソ中立条約を破って参戦した時点で、ソ連の宣戦布告が日本政府に届いていなかったことが8日、英国立公文書館所蔵の秘密文書で明らかになった。宣戦布告を通告された佐藤尚武(なおたけ)駐ソ連大使が日本の外務省宛てに打った公電がソ連当局によって電報局で封鎖されていたためだ。ソ連は宣戦布告から約1時間後に満州(中国東北部)や樺太などで一斉に武力侵攻を開始その約4時間後にタス通信の報道などで参戦を知った日本不意打ちされた格好となった。(編集委員 岡部伸)」

    lif1508090026-p1.jpg
    ソ連が対日宣戦布告したことを日本の外務省から在外公館に伝える電報を解読した最高機密文書「ウルトラ」。しかしこの時点で、ソ連から正式な布告文は届いていなかった(英国立公文書館所蔵)

    このように、ソ連は私たちの日本に対してどさくさ紛れの侵略を始めました♥

    ソ連が行った侵略は、主に二つの地域に分けられます。

    それが「北方の樺太」「大陸の満州」です♥

    ソ連軍の侵攻

    「北方の樺太」に対するソ連の侵略は、こちらをご参照ください♥

    狂気の最中に、命がけで正義を貫いた立派な人々



    「 1945年(昭和20年)8月15日、戦局が悪化していた日本は連合国から突き付けられたポツダム宣言を受け入れて無条件降伏した。その後、連合国によって開かれた東京裁判によって、数多くの日本軍人が戦争犯罪人として裁かれる。戦勝国が敗戦国を一方的に吊し上げる裁判には、納得できない部分も多いが、日本人はこれを受け入れることで国際社会に復帰し、平和的な経済大国への道を踏み出すことができた。

     だが、当時は日本国民の多くがあの戦争に熱狂し、一丸となって戦ったはずだ。国を守るために300万人もの国民が犠牲になったにも関わらず、戦後の日本人はあの戦争を振り返ることなく、うやむやのままにしてきたのも事実であろう。

     一方で、…大手マスメディアは、戦後は一転して従軍慰安婦、南京大虐殺、731部隊の人体実験といった根拠が曖昧な事件を報道することで、旧日本軍=悪者集団に仕立てていった。そのほかにも満州では関東軍が邦人を置き去りにして逃げた、あるいは沖縄戦では現地住民が巻き添えとなり旧日本軍は住民を守るどころか自決を強要したなどと報道している。

     だが、旧日本軍は本当にそんなに酷い集団だったのだろうか?

     つい最近、朝日新聞が旧日本軍による強制連行は誤報であったことを認め、記事を取り消したばかりだが、史実を紐解けば、旧日本軍が…悪者集団ばかりではなかったことが容易に分かる。

     たとえば、戦争中に数百人のイギリス兵を救助した艦長やユダヤ人を満州に受け入れて助けた日本軍人がいる。さらに、インドやインドネシアの独立に大きく貢献した日本軍人や、終戦直後占守島(しゅむしゅとう)や内蒙古などに侵攻してきたソ連軍から、武装解除命令を拒否してまで邦人を守るために戦った部隊がある。狂気の世界大戦の最中にあって、命がけで正義を貫いた立派な日本軍人はたくさんいたのだ。

     だが、このような旧日本軍の良い話は大手マスメディアではほとんど報道されてこなかった。そんな状況の中で「旧日本軍には良い面もたくさんあった」などと主張しようものなら、たちまち「右翼」のレッテルを貼られてしまうだろう。…旧日本軍の中に…こんな立派な軍人もいたという事実だけは後世に伝えておくべきではないだろうか。その中には涙なくしては語れない旧日本軍の感動秘話が多数存在するのだ。」


    靖国

    で、「大陸の満州」でも、ソ連の侵略がありました♥

    ソ連軍の侵攻経路
    ソ連軍157万人が満州侵攻 戦車に潰された王道楽土の夢

    「 ソ連軍侵攻により、昭和7(1932)年3月1日に建国された満州国は13年5カ月余りで消滅した。

     多くの日本人が「五族協和」「王道楽土」の理想郷を夢見て、満州に入植し、未開の大地に街や鉄道、工場などを次々に整備した。明治41(1908)年の満州の人口は1583万人だったが、建国時ではすでに2928万人に膨れあがり、昭和15(1940)年時点で約210万人の日本人が居住していた。

     だが、ソ連軍侵攻により、入植した人々は塗炭の苦しみを味わうことになった。満州からの民間の引き揚げ者数は127万人。軍民合わせて約24万5千人が命を落とした。

     悲劇はそれだけではなかった。満州や樺太などにいた日本人将兵約57万5千人はシベリアなどで強制労働に従事させられ、1割近い5万5千人が極寒の地で命を落とした。」


    地域別戦没者数

    軍人一般人比率

    で、このとき、満州在住の日本人が、命辛々逃げ出さなければならない状況にあって、その結果、「中国残留孤児」という問題が生じました♥

    05-1.jpg

    では、本日の最後に、冒頭にご紹介しております「通化事件」1946年2月3日)につきまして、以下、Wikipediaから一部抜粋してご説明させて頂きます♥

    皆さんは、「通化事件」についてご存知でしょうか? 外国人のケント・ギルバートさんもご存じな、とても有名な事件です。「通州事件」と併せて、セットで記憶して頂きたい事件です。

    「 抗日連合会が本当に戦争史実を「維護」する団体なら、中国共産党が満州で行った日本人虐殺の「通化事件」も維護すべきだ。国民党軍による通州事件や上海事件、中国人同胞を数十万人も犠牲にした黄河決壊事件、米軍の東京大空襲や広島と長崎への原爆投下の史実も維護すべきだろう。」

    米国は史実無視の「反日プロパガンダ工作機関」を取り締まるべきだ

    「通州事件」については、以下の記事リンク先をご参照ください♥

    「 歴史教科書の問題日本人は「こんなひどいことが書いてある」という指摘はよくするのですが「こんな大事なことが書かれていない」ことのほうが重要な場合もあります。たとえば、「日本人が三十万人の中国人を殺した」とされる真偽不明の南京事件は載っているのに日本人が虐殺された通州事件が無視されている、などです。
     歴史では、「事実認定においてあからさまな誤りがあってはならない」ことは当たり前で、「どの事実を取り上げるか、また取り上げないか」によって歴史観が現れるものです。
     ちなみに、このあたりは中国も同じです。ある雑誌で、近現代史における重要事件で中国人がどのような間違いを主張しているかを指摘したうえで反論するという企画があったのですが、中国人は日露戦争にはまったく言及していないので、担当者が困ったという話がありました。
     「そんな人物は歴史上、最初から存在しなかった」「そんな事件は歴史上、最初から存在しなかった」とは儒教圏における歴史記述の得意技です。中国人は王朝そのものを平気でなくしてしまう…
     朝鮮を舞台にした日清戦争、清朝父祖の地・満州を舞台にした日露戦争のような重大事件が載っていなくて、自分たちの歴史がわかるのかと疑問に思います。」


    儒教圏における歴史記述の得意技 ~ 通州事件



    「 通州事件…1937年7月29日…通州の日本人居留民約350人に対し中国保安隊と暴民が襲いかかり掠奪暴行のあげく、婦人・子供を含む日本人200余名が虐殺された事件である。
     …ある者は耳や鼻を削がれ女性は陰部に丸太を突き刺され乳房を削がれ、ある者は鉄線で数珠繋ぎにされて池に放り込まれた。…南京事件のわずか5ヶ月前に、中国軍民によるこのような大量の日本居留民虐殺の暴虐事件があったことを記憶しておく必要があろう。」


    南京事件のわずか5ヶ月前のこと♥ 【小学校教員採用試験レベル】



    Occupied_Tongzhou_by_IJA.jpg
    事件翌日の通州(1937年7月30日)

    では、「通化事件」にお話を戻します♥

    まず、当時の状況が、次のようになります。
    但し、ここに記載しているのは、終戦後のお話である点を、十分意識してみてください♥

    「 通化終戦時中華民国政府の統治下に置かれ、・・・中華民国政府軍によって統治されていた。交通の要所である通化には大勢の避難民が集まっており、1945年8月18日には通化国民学校に避難民収容所が設置された。また1945年8月13日に発生した小山克事件(武装した暴民に襲われ、日本人避難民が強姦・虐殺され約100名が集団自決した)に巻き込まれた避難民も到着しており、通化にもともと居住していた17000人の日本人居留民と、10万人以上の他の地域からの避難民が滞在していた。武装解除された日本兵次々と吉林に送られ、そしてシベリアへと送られていったシベリア抑留)。

    通化に避難してきた女性たちは顔に泥やススを付けて坊主頭にして男物の衣類を着ているか麻袋に穴を空けたものに縄帯したものやぼろぼろの姿であった。通化の在留邦人が衣服や住居を提供するなどしていた。」


    さて、ここからは、ソ連軍と中国共産党軍のやったことです。

    「 1945年8月20日通化高等女学校に短機関銃を持ったアジア系のソビエト兵2名がジープで乗り付けると校内に侵入し、女生徒たちがバレーボールの練習を終えて校舎に戻ろうとすると最後尾の女生徒の腕を掴んで引きずり出そうとした。古荘康光校長と村田研次教諭が止めに入ると銃を乱射し始めたため、20代の女性教師が自ら身代わりとなって連行された。連絡を受けた通化守備隊の中村一夫大尉は直ちに兵士40名を乗せたトラック2台とともに駆けつけ、男性教師たちと共同でソビエト兵のジープを捜索したが発見できなかった女性教師は深夜に解放されたが、その晩自殺した。

     翌日ソビエト兵再び女学校に乱入すると女生徒か昨日の女性と金品を出すよう要求した。村田教師が「女性は自殺した」と述べると、他の女性を出すよう要求されたため、隠し持っていた拳銃で2人を射殺した。教師たちはソビエト兵を埋葬して線香と花を手向けると、菅原通化省公署次長と中村大尉に連絡し、寄宿生を連れて通化を脱出した。

     1945年8月24日、ソビエト軍中佐以下将校20名、兵200名からなるソビエト軍が通化に特別列車で進駐・・・また、ソビエト軍によって武装解除された関東軍の兵器を譲渡された中国共産党軍も同市に進駐した。

    兵による日本 占領下の日本人ソビエト軍による強姦・暴行・略奪事件などにも脅かされていた。この段階では日本軍憲兵隊はシベリアに連行されずに治安活動を行っており、ソビエト軍の蛮行を傍観していたわけではなかった。原憲兵准尉はソビエト兵が女性を襲っているとの通報を受け、現場に駆け付けると、白昼の路上ソビエト兵が日本女性を裸にして強姦していたため女性を救おうと制止したが、ソビエト兵が行為を止めないため、やむなく軍刀で処断した。原准尉は直後に別のソビエト兵に射殺され、この事件以降は日本刀も没収の対象となった。ソビエト女性への強姦は路傍、屋内をいとわず頻発していた。女性は外出を避け、丸坊主に頭を刈る娘たちが多かった。日本人居留民会がソビエト軍司令部に苦衷を訴えると日本人女性を慰安婦として司令部に供出するよう命令が出されたため、居留民会は料亭で働く日本人女性たちに犠牲となるよう頼み込み慰安婦として供出した。ソビエト軍司令部は女性たちが司令部に出頭すると素人娘でなければ認めないと要求してきたが同行していた居留民会救済所長宮川梅一はこれを突っぱね、後日ソビエト軍司令部も折れた。日本人はソビエト軍進駐時にラジオを全て没収されたため、外部の情勢を知ることは不可能となった。また、中国共産党軍日本軍の脱走兵狩りを行い600人を検挙した後吉林へ連行した。」


    いかがでしょうか?

    繰り返しますが、これは終戦後のお話です♥

    話を先に進めますと・・・やがて、ソ連軍が撤退し、中国共産党が単独で進駐さらなる暴虐ぶりを発揮し始めます。

    そして、その中に、裏切り者の日本人が存在していました♥

    「 ソビエト軍の撤退後、通化の支配を委譲された中国共産党軍は、・・・通化省行政の幹部を連行し、拷問や人民裁判の後、中国人幹部を全員処刑した。また、中国共産党軍は「清算運動」と称して民族を問わず通化市民から金品を掠奪した。9月22日には、中国共産党軍が中華民国政府軍を攻撃し、通化から駆逐した。10月23日、正規の中国共産党軍の一個師団が新たに通化に進駐。11月2日、中国共産党軍劉東元司令が着任する。司令部の置かれた竜泉ホテルでは「竜泉ホテル」の看板が「東北民主連軍東辺道地区司令部」の看板に掛け替えられ、屋上には赤旗が掲げられた。11月2日、中国共産党軍17,000名を超える日本人に対して収容能力5,000名以下の旧関東軍司令部への移動命令を出した。日本人1人につき毛布1枚と500円の携行以外は認めないとした。通化は氷点下30度になる極寒の地であり、無理な要求であった。

     11月初旬、中国共産党軍は、遼東日本人民解放連盟通化支部(日解連)を設立し、日本人に対して中共軍の命令下達や、中国共産党で活動していた野坂参三の著作などを使用した共産主義教育を行った。日本人居留民たちが嘆願を続けると、中共軍は先に命じていた移動を見合わせる条件として、日本人民解放連盟中共軍の指令に従い、日本人男子15歳以上60歳迄の強制徴用と使役、日本人居留民に対し財産を全て供出し再配分すること、日本人民解放連盟に中国共産党側工作員を採用することを命じた日本人全員が共産主義者になることへの誓約全財産の供出と中国共産党および日本人民解放連盟への再分配を要求した。


    Nosaka_Sanzo_20150801191200cfc.jpg
    野坂参三(中国名・岡野進、日本共産党議長

     11月17日、中国共産党軍は大村卓一を満鉄総裁であったことを罪状として逮捕した。また、中国共産党軍は武器捜索を名目に日本人家屋に押し入り、(後の蜂起当日まで)連日略奪をおこなったほか、男女を問わず日本人を強制的に従軍・徴用(無償の強制労働)した。多くの日本人家屋は強制的に接取されるなどして、在留邦人・難民ともに困窮していた。」

    こちらもご参照♥

    国家総動員、総力戦、徹底抗戦、本土決戦を主張していたのは、共産主義者です



    「 中国共産党の根拠地延安からは、日本人民解放連盟野坂参三(戦後日本共産党議長)に次ぐ地位にあり、当時「杉本一夫」の名で活動していた前田光繁が政治委員として派遣された。」

    さて、長くなってしまいましたので、本日はここまでとさせて頂きますが、重要な裏切り者が二名出てきました♥

    戦後、日本に渡り、日本共産党をつくった「野坂参三」と、もう一人が野坂に次ぐ立場だった「前田光繁」です♥どちらも、中国共産党とグルになって活躍していた裏切り者です♥

    前田光繁
    前田光繁

    で、この連中が、私たち日本人を「虐殺した」んです♥中国共産党と一緒になって、同じ日本人を大量に虐殺したんです♥

    しかも、終戦後のお話です♥

    「餃子の王将」の書籍を紹介しておきながら、とんでもない方向にお話が進んでいる、ときっと思われるでしょう♥

    しかし、終戦の前後に、満州で起きた数々の事件、それがすべて繋がっていきます。

    日本共産党


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日中関係
    Published on: Sat,  26 2016 00:00
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment