遵法精神がない日教組 ~ 法律を守る気がまったくない教職員たち

    icatch.jpg
    日本教職員組合(にほんきょうしょくいんくみあい、英語:Japan Teachers' Union)は、日本の教員・学校職員による労働組合の連合体である。略称は、日教組(にっきょうそ)。教職員組合としては日本最大であり、日本労働組合総連合会(連合)、公務公共サービス労働組合協議会(公務労協)、教育インターナショナル(EI)に加盟している。また、かつては旧社会党と共産党、現在は民主党、社民党の支持団体の一つであり両党に組織内候補を輩出している。




    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 戦後の日本人を洗脳し、劣化させたのは、何もマスコミだけではありません

    驚き顔

    子供たちに対して、よりダイレクト「日本人は過去の罪を背負い償うべき」と教え込んだのは【日教組の共産主義、社会主義的な思想に影響された教師たち】です。…

    日教組
    共産主義、社会主義のサークル・日教組

     実はまたしても【GHQによる工作活動の影響】があります。

    驚き顔

    たとえば、日本を大事にしよう伝統的な生き方を大切にしようというような教育者【「公職追放」によって教育現場から追い出された】のですが、【GHQはこの公職追放を行うにあたり、共産党が作成したリストも使用した】と言われています。

    日本共産党
    アメリカがつくり、アメリカが利用する日本共産党

     その一方、教師たちはもはや「聖職者」ではなく、自らを「労働者」と名乗るようになり、己の尊厳を捨て去ってしまったのです。

    100120d.jpg

     教師は、学生たちにとって尊敬の対象ではなくなりました。すると教師たちの質自ずと下がります。その結果、「親が教師だから」とか、「教師は公務員だから食いっぱぐれがない」という理由だけで、【子供にはまったく興味がない人間が教師になったり】、あるいは【「別の意味」で子供に興味を持っていて、自分の生徒に性的いたずらをする教師まで現れる】ようになりました。

    e677a0ef.jpg

     戦前の教師が持っていた威厳や、ある種の感動的な生徒との関係性は消え、かわりに【校内暴力やいじめなどの陰湿な事件も多く起こるようになりました】。つまり教師は、かつての「恩師」から「一労働者」になり、場合によっては、「性的いたずらを警戒すべき監視対象」にまで落ちぶれてしまったのです。

    myhome 1

     こうして自ら教師たちの地位を貶め、【左翼的な教育を通じて子供たちの精神を蝕んだ日教組の罪は、未来永劫、消えることはない】と思います。…

    ポイント

     少し調べてみたら、【日本には「教育公務員特例法」という法律】がありました。私立学校の教師は対象ではありませんが、【国公立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、大学などの公務員たる教職員は、この法律を守る義務】があります。同法第十八条を見てみましょう。

    教育公務員特例法
    (公立学校の教育公務員の【政治的行為の制限】)
    第十八条 公立学校の教育公務員の政治的行為の制限については、当分の間、地方公務員法第三十六条の規定にかかわらず、国家公務員の例による。

    2 前項の規定は、政治的行為の制限に違反した者の処罰につき国家公務員法第百十条第一項の例による趣旨を含むものと解してはならない。


     この法律によって公立学校の教育公務員政治的行為の制限は、地方公務員に課された制限ではなく、【国家公務員に課された、より厳しい制限を適用する】と定められています。ということで、次は国家公務員に課された政治的行為の制限を見てみましょう。

    国家公務員法
    (政治的行為の制限)
    第百二条 職員は、政党又は政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める【政治的行為をしてはならない】。

    2 職員は、公選による公職の候補者となることができない。

    3 職員は、政党その他の【政治的団体の役員、政治的顧問、その他これらと同様な役割をもつ構成員となることができない】


     この国家公務員法第百二条3項の採用によって公立学校の教育公務員、「政党その他の政治的団体」の役員や構成員等になることが禁止されています。

    ポイント下線文dth="333" height="250" />

    さて、それでは【日教組のウェブサイトに書かれていた、彼らの最近の活動内容】を見てみましょう。

    日教組 HP
    詳しくはこちらから♥ ⇒ 日教組HP

    『参議院「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」強行採決に満身の怒りで抗議 2015年9月18日』

    myhome 4

    『安保関連法案の成立阻止! 安倍政権の暴走を許さない 9・7日教組結集集会 国家前座り込み行動 2015年9月10日』

    myhome 6

    『安倍政権の暴走を許さず、安保関連法案の廃案をめざす 8・17の週の統一行動報告#3 2015年9月8日』

    myhome 7

     私の【常識で判断するかぎり、これらは間違いなく「政治的行為」ですし、日教組は「政治的団体」そのもの】だと思います。

    myhome 5

    国家公務員と同じ【厳しい基準で政治的行為を制限されているはずの教育公務員が、自ら政治的団体を組織して、堂々と政治活動を行っている】ようにしか私には見えません。この考えは間違いでしょうか。

    428.jpg

     もし私の考えが正しいとすれば【遵法精神の欠片(かけら)もない教師たちに、子供を教育する資格があるのでしょうか】

    myhome 8
    日教組が作成する候補者応援のビラ

    親たちは【法律を守る気がまったくない教職員たちに、自分の子供の教育を託しても大丈夫なのでしょうか】。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    現代の「教師」が、「教死」と揶揄される理由が御理解いただけたと思います♥

    昨年も、左翼が涙目になる国会中継がありましたね♥

    見ていて、とても楽しかったです♥ 「日教組! 日教組どうするんだ?」って安倍総理がご質問された、アレです♥

    ズバリ痛いところを突かれて動揺している民主党議員のナントカってヒトが、アタフタ・・アタフタ・・(笑)

    動画はこちら♥



    結局、日教組についての説明は、民主党からはされませんでしたね♥ 
    やっぱり一心同体でしょうから、無理もございませんが♥

    nikkyouso9-400x224.jpg

    こういうやり取りは、もっともっとやって欲しいですね♥ 裏側が良く見えてきますから♥

    日本の国民の大多数は、安倍総理を支持していますから、ガンガンやっちゃってくださいね♥

    民意 2民意 1

    今年の選挙も、北朝鮮や支那が悪さをしてくれているこのチャンスに、圧勝に持ち込んで頂きたいですね♥

    それでは、最後に、こちらの記事をご紹介♥

    日教組とは何か
    日教組とは何者か 注意すべき4つのポイント

    以下は、抜粋になります。

    「 日教組の現状を一言で説明するならば、 「日本共産党の党員やそのシンパではないが、『9条を遵守すれば未来永劫日本は平和である』『戦前の日本の歴史は侵略の歴史である』『国旗掲揚や国歌斉唱の強制は良くない』『教育に競争原理を持ち込むべきではない』といった左翼思想に対して共感している教職員を中心とした職員組合」という事になるでしょう。

     ここで注意すべき点は4つです。

     1点目は、日教組は日本共産党とは仲がよろしくないという点です。

     2点目は、日教組の中枢を占めている人たちが極めて左翼思想の色濃い人たちであるということです。同和教育についても全教(※共産党系)は同和差別が過去の問題であると考えるのに対して日教組は同和教育推進派です。

     そして3点目、これが最も重要なところですが、教育政策の決定に極めて大きな影響力を有しています。但し、その表れ方は政治状況によって異なります。民主党政権の時には、日教組が民主党の支持団体というよりは、民主党が日教組の政治部門かという程に権勢をふるいました


    20130216054442844.jpg

     日教組は教育委員会とも密接な関係を持ち、地域によっては校長や教頭といった管理職の選考にも口を出します

     表向き日教組と関係のない団体が教職員研修を行い、それを教育委員会が後援する。しかし、会場は日教組が事実上所有する会館で、会場使用料を通じて日教組が潤う、というのは現在も頻繁に見られます。

     安倍総理のヤジやそれに対する弁明は舌足らずの点がありますが、これらの事実を念頭になされたものと理解すれば、本質を捉えたものであることが判ります。

     最後に4点目として、これは希望的観測ではありますが、日教組はこれからの数年で益々影響力が低下していくと予測できます。それは教職員集団の左翼洗脳が、若い人ほど解けてきているからです。その昔、組合活動をしていた教育委員会の指導主事よりも、現場の若手教員の方が、国旗や国歌に批判的な老教師を軽蔑しているなどという例はざらにあります。日教組は現在、左翼思想をひたすら隠して若手勧誘を行うか、思想に準じて滅びるかの岐路に立たされているのかも知れません。」

     
    いかがでしょうか?

    要するに、日教組という組織は、思想に準じて滅びるっていうことなんですね♥

    ガッキー


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Sun,  21 2016 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment