Xi’s history lessons  習近平の歴史レッスン

    20150815_LDP001_1.jpg
    Xi’s history lessons

    IN EARLY September President Xi Jinping will take the salute at a huge military parade in Beijing. It will be his most visible assertion of authority since he came to power in 2012: his first public appearance at such a display of missiles, tanks and goose-stepping troops. Officially the event will be all about the past, commemorating the end of the second world war in 1945 and remembering the 15m Chinese people who died in one of its bloodiest chapters: the Japanese invasion and occupation of China of 1937-45.

    It will be a reminder of the bravery of China’s soldiers and their crucial role in confronting Asia’s monstrously aggressive imperial power. And rightly so: Chinese sacrifices during that hellish period deserve much wider recognition. Between 1937, when total war erupted in China, and late 1941, when the attack on Pearl Harbor brought America into the fray, China fought the Japanese alone. By the end of the war it had lost more people—soldiers and civilians—than any other country bar the Soviet Union.

    Yet next month’s parade is not just about remembrance; it is about the future, too. This is the first time that China is commemorating the war with a military show, rather than with solemn ceremony. The symbolism will not be lost on its neighbours. And it will unsettle them, for in East Asia today the rising, disruptive, undemocratic power is no longer a string of islands presided over by a god-emperor. It is the world’s most populous nation, led by a man whose vision for the future (a richer country with a stronger military arm) sounds a bit like one of Japan’s early imperial slogans. It would be wrong to press the parallel too far: China is not about to invade its neighbours. But there are reasons to worry about the way the Chinese Communist Party sees history—and massages it to justify its current ambitions.

    History with Chinese characteristics

    Under Mr Xi, the logic of history goes something like this. China played such an important role in vanquishing Japanese imperialism that not only does it deserve belated recognition for past valour and suffering, but also a greater say in how Asia is run today. Also, Japan is still dangerous. Chinese schools, museums and TV programmes constantly warn that the spirit of aggression still lurks across the water. A Chinese diplomat has implied that Japan’s prime minister, Shinzo Abe, is a new Voldemort, the epitome of evil in the “Harry Potter” series. At any moment Japan could menace Asia once more, party newspapers intone. China, again, is standing up to the threat.

    As our essay on the ghosts of the war that ended 70 years ago this week explains, this narrative requires exquisite contortions. For one thing, it was not the Chinese communists who bore the brunt of the fighting against Japan, but their sworn enemies, the Nationalists (or Kuomintang) under Chiang Kai-shek. For another, today’s Japan is nothing like the country that slaughtered the inhabitants of Nanjing, forced Korean and Chinese women into military brothels or tested biological weapons on civilians.

    Granted, Japan never repented of its war record as full-throatedly as Germany did. Even today a small but vocal group of Japanese ultra-nationalists deny their country’s war crimes, and Mr Abe, shamefully, sometimes panders to them. Yet the idea that Japan remains an aggressive power is absurd. Its soldiers have not fired a shot in anger since 1945. Its democracy is deeply entrenched; its respect for human rights profound. Most Japanese acknowledge their country’s war guilt. Successive governments have apologised, and Mr Abe is expected to do the same (see article). Today Japan is ageing, shrinking, largely pacifist and, because of the trauma of Hiroshima and Nagasaki, unlikely ever to possess nuclear weapons. Some threat.

    The dangers of demonisation

    China’s demonisation of Japan is not only unfair; it is also risky. Governments that stoke up nationalist animosity cannot always control it. So far, China’s big show of challenging Japan’s control of the Senkaku (or Diaoyu) islands has involved only sabre-rattling, not bloodshed. But there is always a danger that a miscalculation could lead to something worse.

    East Asia’s old war wounds have not yet healed. The Korean peninsula remains sundered, China and Taiwan are separate, and even Japan can be said to be split, for since 1945 America has used the southern island of Okinawa as its main military stronghold in the western Pacific. The Taiwan Strait and the border between North and South Korea continue to be potential flashpoints; whether they one day turn violent depends largely on China’s behaviour, for better or worse. It is naive to assume America will always be able to keep a lid on things.

    On the contrary, many Asians worry that China’s ambitions set it on a collision course with the superpower and the smaller nations that shelter under its security umbrella. When China picks fights with Japan in the East China Sea, or builds airstrips on historically disputed reefs in the South China Sea, it feeds those fears. It also risks sucking America into its territorial disputes, and raises the chances of eventual conflict.

    Post-war East Asia is not like western Europe. No NATO or European Union binds former foes together. France’s determination to promote lasting peace by uniting under a common set of rules with Germany, its old invader, has no Asian equivalent. East Asia is therefore less stable than western Europe: a fissile mix of countries both rich and poor, democratic and authoritarian, with far less agreement on common values or even where their borders lie. Small wonder Asians are skittish when the regional giant, ruled by a single party that draws little distinction between itself and the Chinese nation, plays up themes of historical victimhood and the need to correct for it.

    How much better it would be if China sought regional leadership not on the basis of the past, but on how constructive its behaviour is today. If Mr Xi were to commit China to multilateral efforts to foster regional stability, he would show that he has truly learned the lessons of history. That would be far, far better than repeating it.
    エコノミスト



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 2015年の、特に夏が大きな転換点だという理由の一つに【欧米、特にアメリカの態度の変化】があります。

    ポイント

     今までは、【中国共産党の繰り出す歴史問題の嘘(例えば抗日、南京事件など)】について、アメリカやヨーロッパ社会は極めて寛大でした。なぜなら、彼らにとって都合がよいからです。日本を敗戦国として一方的に悪者にしておけば都合がよかったので、アメリカのメディアも政治家も批判しなかったのです。

    驚き顔

     しかし今回、英『エコノミスト』(2015年8月21日号)は、Xi’s history lessons 「習近平の歴史レッスン」と題した特集を組みました。表紙には、銃口をペン先にした大きな銃を抱えた習主席のコラージュ写真がドーンとあしらわれ、巻頭論文では、「習近平は歴史を都合よくリライトし、日本を不当に悪魔化することで、自らの軍事的野望を正当化しようとしている」と書いた。

    驚き 2

    Xis-history-lessons-Economist-15-Aug-2015.png
    詳しくはこちらから♥ ⇒ [古森義久]【習近平主席は日本を不当に悪魔化している】~英「エコノミスト」巻頭論文に載った批判~

     
     英国の主要メディアが、中国共産党の歴史認識を、これほどまでに真っ向から批判した例は、過去にないでしょう…

     欧米もやっと中国の言う「歴史問題」に隠されている現実の野望に気づいたということ…

    習 ヒトラー

    こちらもご参照♥

    私たちの日本が、真の勇者「ドラゴンスレイヤー」なのです



     【中国は、自分たちが現在進行形で起こしている「侵略」や、人権侵害などに目を向けさせないために、これまでやたらと過去を持ち出してきました】。こうした陽動作戦日本に対して大いに功を奏した。日本人のようなお人よしでない欧米人は中国の真意に気がついていたけれども容認していたのでしょう。なぜなら、今までは、中国が自分たちにとって脅威ではないと思っていたからです。搾取の対象であり儲け場でしかなかったから、日本イジメくらい勝手にやらせておけ、でしょう。

     ところが今、ようやく「いや、中国は脅威では?」と思うようになった認識が変わったのだと思います。…

    悩む女の子2

     それは、習近平が軍事パレード前後で強調している「歴史問題」の変化を敏感に感じ取ったのかもしれない。例えば江沢民「歴史問題」を、国内問題として位置づけていました…つまり、国内をまとめるために歴史を利用したという内向きの話。国民の愛国心を煽り立てて、共産党の求心力を高めるために歴史を使った

     習近平政権も同じようにそういう意味合いでも使っている。しかし、習近平の場合、それだけではなく、【国際戦略のために「歴史問題」を使っているということが重要】なのです。もはや内向きだけの話ではない

    ポイント

     別の言い方をすれば、彼らのアジア支配を正当化するためのイデオロギーの一つになりつつあるわけです。…

     アメリカやヨーロッパはそういう匂いを感じたからこそ、首脳が誰もあの抗日記念行事に行かなかった。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    本書では、中国からの様々な脅威が迫っているにもかかわらず、「リベラル(日本におけるリベラル)」による「中国認識」が、日本に広がっていることは実に由々しき事態だ、と指摘されています。

    そして、 それはこの国の政策と外交を誤らせて災いをもたらす可能性があり、あるいは、まさに誤った「中国認識」から発した戦前の「大アジア主義」が、結果的に日本を戦争と破滅への道へと導いたように、認識の誤りが国を滅ぼすこともあり得るだろう、危険性を危惧しています。

     このような危機意識から、日本の「リベラル」の「中国認識」に分析のメスを入れて、その病巣を突き止め徹底的な批判を加えようというのが本書の趣旨です。

    詳しくは、本書をご参照いただくとして、前回に続きまして、日本流リベラルについての説明をさせていただきます。

    日本流リベラルの撒き散らす数多くの法螺話に、すでに大多数の人々が気付きはじめていますね♥

    そんな役に立たない日本流リベラルと、世界のリベラルは、何が違うんでしょう?

    悩む女の子2

    前回では、私たちの日本の歴史とはまったく異質中世以来のヨーロッパ社会で起こった一連の流れをご説明いたしました。

    中世以来のヨーロッパ社会では厳然たる身分制度があって、絶対的な権力を持つ王様が存在し、その王様に勝手なことをさせないようにと教会や諸侯、貴族といった保守層が生じ、さらに被支配民の農奴、いわゆる「市民」がリベラルとして革命を起こす、これがヨーロッパの歴史の一連の流れでした。
     被支配民いわゆる「市民」が不満を爆発させ、暴動を起こし、略奪や殺戮を行い、国王を惨殺する、そして国王が持っていた財産をめぐり、今度は仲間内で殺し合った、それが市民革命、「フランス革命」で、このフランス革命こそが、まさにリベラルの原点で、今から、たったの230年ほど前のことヨーロッパで個人が自由を獲得した最初になります。

    『民衆を導く自由の女神』(1830年、ウジェーヌ・ドラクロワ画)
    『民衆を導く自由の女神』(1830年、ウジェーヌ・ドラクロワ画)

    さて、230年ほど前、ようやくヨーロッパで個人が自由を獲得できたあとに、そこから今度は別のものが生まれてきました♥

    それは、一体なんでしょう?

    悩む女の子2

    それは、キリスト教世界における被差別階層に属していたユダヤ人がもたらしました。そう、あのマルクスの登場です♥

    カール・マルクス
    カール・マルクス

    順を追ってご説明いたしますと、フランス革命のあとヨーロッパは大混乱に陥ります♥ 革命飛び火したからです♥

    「 いまでも「国家」という言葉を使うだけで、過剰に反応する人がいますよね。国家と言わない人たちは「市民」という言葉が大好きなんです。でも、市民というのはどんな人でしたか?もともとは泥棒なんです。…
     王様を殺して王様の財産を盗んだんですから。最初は、教会を潰して、教会が持っている財産をとりあげて、自分たちが金持ちになった。それで、お前らは暴徒だと言われたときに、「いや、市民だ」と。

     わかりやすくいえば、それが市民革命なんです(清教徒革命、アメリカ独立革命、フランス革命など市民革命としてくくられる)。

     革命は、人の物を奪って分けようという運動です…市民革命ではそのあと結局、王様の財産は誰のものかという内輪もめで、市民の側がぐずぐずになった。それで労働者が団結するマルクス主義が生まれました。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    市民革命から生まれたもの



    そして現れた新しい独裁者が、ナポレオンでした♥ちなみに、被差別階層のユダヤ人ゲットーから解放したのも、この新しい独裁者ナポレオンです♥

    以下は、Wikipediaから抜粋。

    「フランス革命後、18世紀末以降西ヨーロッパ諸国では、フランス革命ならびに当時の自由主義運動を背にしたナポレオンがユダヤ人解放とともに各地のゲットーを解放した。1870年ごろにはローマのゲットーが、ヨーロッパに残る、法文による最後のゲットーとなっていた。しかし、ナポレオン失脚後、再びユダヤ人の生活には制限がかけられるようになり、アメリカへ移住するユダヤ人が大量に生まれることになった。また、他方でロシアや東欧諸国のゲットーは20世紀にいたるまで存続した。」

    『玉座のナポレオン1世』
    『玉座のナポレオン1世』

    そして、ヨーロッパがどうなったのかというと・・・

    「 ルイ16世は3年以上拉致されていた末に、市民たちの目の前でギロチンで処刑されました。その後もまた、「王様の財産は誰のものなのか」という奪い合いが起きています。

     パリの市民たちは自分たちのものだといい、地方の王様の領民はそれに反発します。そうして仲間割れ、派閥闘争が繰り返されて、そのなかでも多くの人たちがギロチンにかけられました。

     権力を握った側が、そのたびに対立勢力を粛清していったのです。

     国内ではそんな状況であり、国外ではイギリスやオーストリアなど対仏同盟との戦争も展開されていったのがフランス革命です。

     対外戦争が起きたのは他の国が革命に干渉したからだとも言われますが、フランス国王と姻戚関係があることから国王の財産に対して他の国の王たちまでが相続権を主張したことも原因になっていました。

     そういう状況の中で登場したのがナポレオン(1769~1821年)です。

     このナポレオンがフランス国王の財産は「国民」が相続すべきものだと決めたことからヨーロッパにおける「国民国家」が始まりました。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    市民革命とは「市民という泥棒が王様を殺してその財産を奪うもの」 ~ フランス革命



    御覧のように、このナポレオンの登場によって、ヨーロッパに「国民国家」が誕生するんです♥今から、たったの200年前のお話ですw

    私たちの日本とは決定的に違うということがお分かりいただけますでしょうか?

    以下は、Wikipediaから抜粋。

    「 国民国家(こくみんこっか、英: Nation-state、仏: État-nation、独: Nationalstaat)とは、国家内部の全住民をひとつのまとまった構成員(=「国民」)として統合することによって成り立つ国家。領域内の住民を国民単位に統合した国家そのものだけではなく、単一の民族がそのまま主権国家として成立する国家概念やそれを成り立たせるイデオロギーをも指している。近代国家の典型の1つとされることも多い。」

    で、この頃に、おかしなことをヨーロッパ人は考え始めます。

    西洋を中心とした世界史を語り始め、西洋中心の人間の歴史を語り始めるんです♥その典型事例がヘーゲルです。

    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

    「 「世界史」という歴史について、これが書かれてきた19世紀、20世紀、21世紀にわたる記述を見てみると、大体が「西洋史」であることがわかります。

     これは、いわゆる「近代」という時代に、西洋に「歴史」という概念が生まれて、西洋中心主義をもとに、あらゆる歴史場面が解釈されたため、西洋史になってしまったことを意味します。

     むろん日本人学者によっても世界史は書かれていますが、これは西洋の歴史観が基本になっています。これらは西洋の「世界史」を模倣して、古代、中世、近代などと時代を区分し、順を追って書いています。西洋人の「西洋史」に合わせてつくった、といってもよいもので、高校の「世界史」の教科書は、まさにそうしたものとなっています。

     こうした考え方は、ドイツの哲学者ヘーゲル(1770~1831)の歴史哲学の影響を受けたものといえるでしょう。ヘーゲルの歴史哲学は、進歩史観という近代史観がその特徴です。

     人間の歴史は、原始時代にはじまり、古代、中世、近世、そして近代と向かうにつれ、しだいに個人主義が確立し、あるいは市民主義の時代を迎える。そうした発展の過程が歴史であり、近代が一番進んだ時代であるとする考え方です。そして、そうした考え方からすれば、西洋近代がもっとも進んだ時代であり社会であるというわけです。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    伊勢神宮参拝



    「 現代の都市の原型はほとんど12~13世紀にでき上がっています。それは、ルネサンス時代のイタリアのフィレンツェが典型的な例なので、以下に取り上げてみたいと思います。
     フィレンツェの都市の形をご覧になればわかるように、中央にはシニョーリア広場があります。そこにパラッツォ・デル・シニョーリアという市庁舎があり、人々が集まって会議をしています。政治形態は時代によって変化しますが、中央に市庁舎があるということが、ヨーロッパ都市の典型です。
     広場には人々が集まるのと同時に、軍隊も集結させることができます。そういう広場から少し歩くと大きなカテドラーレという教会堂があります。これが非常に大きくて、中には洗礼堂があります。洗礼堂は、子どもが生まれたときそこに行って洗礼を受ける場所、つまり市民として認知される場所です。
     そして教会と市庁舎の間には市場があります。商業と政治とそれから教会文化が三つ結合して都市ができるのです。こうして11~12世紀に都市が形成されますが、それが決してフィレンツェだけではなくてイタリアの他の都市、あるいはフランスそしてドイツといまのヨーロッパが開けていくわけです。
     ほとんどいまでもこの形式は変わっていません。ですから、近代において初めて国家ができて民主主義が生まれたようなことをいう人がいますがそういう考え方は近代至上主義あるいは進歩主義といわれるヘーゲル以降の考え方であって現実的ではありません。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    教会で「内陣」が東端に配置される理由 ~ 西洋人の憧れの国 「日本」



    そして、このヘーゲルヘンテコな思想さらに歪なものに発展させたのが、あのマルクスですw

    「 マルクス主義はある意味、キリスト教の鬼っ子のような面があります。マルクス(1818~1883年)の言っていることは「新約聖書」にも近いことです。
     キリスト教はユダヤ教から出てきたもので、ユダヤ人じゃなくても信者になれることで爆発的に世界に広がっていきました。信仰によって救われた人たちもいるはずですが、宗教戦争が繰り返されて、多くの犠牲者が生まれました。

     そんな中で登場してきたマルクスは、新たなイデオロギーを提示しました。

     ドイツの地方生まれのユダヤ人であるマルクスは、市民革命が相次いだ時代にヨーロッパを転々として赤貧生活を送っていました。そして、わかりやすくいえば、「貧乏人は救われる」「虐げられている人たちに正義がある」「労働者は団結しろ」「既得権益者をやっつけろ」というようなことを説いていったのです。

     「それならば、マルクス主義は宗教なのではないですか?」と質問する人もいますが、そう感じるのも当然です。

     マルクスの主張の根本はかなり宗教に近いものだったといえるのです。あと2百年もすれば、宗派のひとつとして捉えられているのではないかと私は思います。

    マルクス主義は、資本主義社会の矛盾を指摘し、社会主義社会へと移行する必然性を説いた思想体系です。

     世の中は、原始共産制→古代奴隷制→中世封建制→近世資本主義→未来共産制と移り変わっていくという「発展段階論」がマルクス主義の軸となっています。そうした経済活動のあり方と変化が歴史を前進させる原動力となるという考え方が「唯物史観」です。

     こうしたイデオロギーは宗教にも似ているうえに、現在の「進歩史観」に大きな影響を与えています。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    マルクス主義は、キリスト教の鬼っ子



    で、すでに理論的に破たんしていることが証明されているマルクス主義ですが、当然のことながら、当時のユダヤ人や労働者が、この思想に同調していくようになります。

    そして、今から100年ほど前のこと、『ロシア革命』が起こります。

    ヒトラー

    「 ヒトラーによれば、ユダヤ人は彼の好まないあらゆることに責任があった。前衛芸術、ポルノグラフィー、売春など。ユダヤ人は第一次世界大戦でドイツを敗北に導きドイツ最大の政党であるドイツ社会民主党を支配している。さらに、ドイツの主要な多くの企業、またドイツの新聞の一部をも経営している。ユダヤ人は共産主義に加担し、世界を乗っ取ろうとするたくらみに参加しているのだ。
     やはり反セム主義で、フォード自動車の創業者であるヘンリー・フォード同様、共産主義者の75%がユダヤ人であるとヒトラーは見積ったロシアでは共産主義者とユダヤ人の共謀が成功しており、ヨーロッパをも脅かすようになった。ロシアにおける共産主義革命はユダヤ人のコンプレックスの裏返しとして発生したとみなされた。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    ヒトラーが気付いたユダヤの秘密♥



    本日は、これまでです♥


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日中関係
    Published on: Wed,  16 2015 00:00
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment