間違いだらけの司馬遼太郎 ~ 「韓のくに紀行」にみる妄想

    世界の言語
    日本語の起源(にほんごのきげん)は、現在日本語として同定される言語体系の起源のことで、言語学上の論点のひとつである。言語学では日本語系統論とも言う。

    日本語系統関係の不明な孤立言語のひとつであり系統関係が存在するかはいまだ明らかになっていない。これまでにいくつかの系統関係に関する理論仮説は出されてきたものの、総意を得たものはない。これまでの理論仮説で類縁関係が強いと主張された言語系統には、以下のものがある。

    ○琉球語との系統関係
    琉球列島の琉球語(琉球方言、あるいは琉球語派・琉球諸語)と、日本語(本土方言、あるいは日本語派)との系統関係は明らかである。日本語の起源論では、琉球語と日本語の系統関係は証明済みとし、「日本語の起源」という言葉で「日本語+琉球語」全体の起源を論ずることは一般的である。なお、日本語と琉球語で日本語族とする説と、琉球語を日本語の琉球方言とする説とは、日本語の起源論においては単なる言葉の定義の異同の問題であり、本質的な争点とはならない。


    ×朝鮮語との関係
    朝鮮語とは文法構造における類似性が高いが、基礎語彙については一部単語の類似性が指摘されているものの偶然の一致の範囲を出るものとは言い難く、また古い時代における借用の可能性もある。音韻の面では、固有語において語頭に流音が立たないこと、一種の母音調和があることなど、アルタイ諸語と共通点がある一方で、閉音節であること、子音連結の存在、有声・無声の区別が無いなどの相違点もある。高句麗語・扶余諸語との系統関係死語である高句麗語とは、数詞など似る語彙もあるという説。ただし高句麗語の実態はほとんど分かっていない。高句麗語は扶余諸語の一つであることから、扶余諸語との関係との見方もある。


    ×アルタイ語族説
    アルタイ語族仮説では、日本語、朝鮮語は共にアルタイ語族の一員とする。朝鮮語との関係と同様に、文法構造での高い類似性、音韻面での部分的類似性がある一方で、基礎語彙については同系統とするに足るだけの類似性は見出されていない


    ×オーストロネシア語族との関係
    オーストロネシア系言語は、文法・形態は日本語と異なるが、音韻については発音体系が比較的単純で開音節であるなど日本語と似ており、基礎語彙についても一部類似性が指摘されている。また、日本語をオーストロネシア系言語とアルタイ系言語との混合言語だとする説もある。しかし、近年の研究ではオーストロネシア系言語は古くは閉音節だったとされ、また語彙の類似性についても偶然の一致の範囲を出るものとは言い難い


    ドラヴィダ語族との関係
    インドのドラヴィダ語族、とりわけその1つであるタミル語との関連を提唱する説。


    ○アイヌ語との系統関係
    アイヌ語は語順(SOV語順)において日本語と似るものの、文法・形態は類型論的に異なる抱合語に属し、音韻構造も有声・無声の区別はなく閉音節が多い、などの相違がある。基礎語彙の類似に関する指摘もあるが、例は不十分である。一般に似ているとされる語の中には、日本語からアイヌ語への借用語が多く含まれるとみられる。総じて、目下、系統的関連性を示す材料は乏しい。一部では、古事記や風土記のような口伝による伝承がアイヌ語で解釈可能であることから縄文時代の日本語がアイヌ語と同系統の言語であるとする意見もある


    ×中国語(古典中国語)との関係
    日本は中国を中心とした漢字文化圏に属しており、中国語(古典中国語)は、古来、漢字・漢語を通じて日本語の表記や、語彙・形態素に強い影響を与え、拗音等の音韻面での影響や、書面語における古典中国語の文法・語法の模倣を通じた文法・語法・文体の影響も見られたが、言語学的には系統的関連性は認められない




    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 司馬(遼太郎)『韓のくに紀行』に書いた一文が目にとまった…

    司馬遼太郎
    間違いだらけの司馬遼太郎



    「私が韓国に行きたいと思ったのは、十代の終わりごろからである。」

     そして司馬は旅行の手続きをミス・チァに依頼し、彼女は司馬に尋ねた…

    「どういう目的で韓国にいらっしゃるんですか」

    「〈…さあ〉と私がしばらく考えてみたのは、韓国への想いのたけというのが深すぎて、ひとことで言いにくかったのである。私は【日本人の祖先の国にゆくのだ】、ということを言おうと思ったが、それはどうも雑な感じもして、まあ古いころ、それも飛びきり古い昔々にですね、たとえば日本とか朝鮮とかいった国名もないほど古いころに、朝鮮地域の人間も日本地域の人間も互いに一つだったとその頃は思っていたでしょうね…」

    驚き顔

     その後話は『日韓同祖論』に及び、この論は朝鮮人を喜ばさなかった、と司馬は自問自答していました。

    驚き顔

    「その機微は、朝鮮人の立場に立って考えてみればわかる。【日本よりも古い時代から堂々たる文明と独立国を営んだ歴史を持つ朝鮮人】にとって、漢文用語でいう東海の東夷的(日本)が、にわかに偉そうぶって、〈おまえたちと俺たちとは先祖は同じだよ〉どうだ、うれしいだろう、という態度でいったところてを、誰が喜ぶか。」

    驚き顔

     こんな調子で話は続くのですが、司馬の云うとおり「韓国が日本の祖先の国」なら日本語と韓国語は似ているのではないかと思い、当時、NHK語学講座で『アンニョンハシムニカ』なる番組があったと記憶していますが、聞き始めました。

    悩む女の子2

     すると【予想に反し、それは日本語とかけ離れた言語だった】のです。しかも【英語やフランス語に比べ、音の響きが下婢ており、聴くに耐え得る言語ではありません】でした。同時に「まてよ…」と思ったものです。

    ポイント

     1500年以上前同じ民族だったドイツとイギリスの言語は、例えば、大衆車を英語では「フークス ワゴン」、ドイツ語では「フォルクス ワーゲン」と似ています。司馬のいうとおり「韓国が日本人の祖先の国」なら言語的な繋がりがあって良いはずなのに何故ないのか、という疑念が生じたのです。

    ポイント

     同時に、学校で教えられてきた故に私たちが受け入れてきた一般常識、

    「かつて日本には縄文人が住んでいたが、凡(およ)そ2300年前、半島から渡来人がやって来て縄文人を追いはらいあるいは混血し、彼らが本州、四国、九州の人々の祖先となった。そしてアイヌと沖縄の人々が縄文人の末裔である」

    正しいのか、という疑念が芽生えたのです。

    ポイント

    【司馬史観を是とすれば、遠い昔、私たちの祖先は半島からやって来た、となる】

    司馬遼太郎
    間違いだらけの司馬遼太郎

     事実、【そのような論が巷に溢れていました】が、この話が【正しいなら、なぜ日本語と韓国語はかくも違うのか】、その訳を知ろうと思い、あれこれ調べたのですが、この疑問を解き明かした本は遂にみあたりませんでした

    服部四郎
    服部四郎

     著名な言語学者・服部四郎氏は「日本語の系統に興味を持って言語学を始めた」(『日本語の系統』岩波文庫)とあったのですが、氏も答えを出せませんでした。今にして思えば、【過(あやま)てる古代史観に拘束されていたからだ】、となるのですが、分からず仕舞いで鬼籍に入ったのです。その後も、「韓国は日本人の祖先の国」は本当なのか、この疑念が頭から離れることはありませんでした。



     長い間、古代史はその道の専門家が語るものとされてきました。ところが明治以降、様々な分野から解明が試みられ、特に戦後は考古学、形態人類学、分子人類学などが長足の進歩を遂げそれに基づいた古代史論が登場しました。…

     21世紀になると分子人類学は長足の進歩を遂げ、9000万塩基対ともいわれるヒトのY染色体分析が出来るようになりました。…

    日本および周辺地域のY染色体頻度
    日本および周辺地域のY染色体頻度

     OとかDとかはY染色体の亜型・ハプログループといわれるものですが、その【パターンが民族の特徴を示しています】

     この図を見ると、【日本人とそれ以外の韓国人、北方シナ人(北京)、モンゴル人とはパターンは全く異なっています】。仮に、日本人男性の大多数が半島や大陸出身者なら、あるいは日本で増加して80%以上を占めるに至ったなら、そのパターンは彼らと似ているはずなのに、【両者は大きく違っています】

    ポイント

     即ち、私の見方【「日本人と彼らは別人種、別民族」が正しかった】、ということです。

     ですから【司馬の「韓国が日本人の祖先の国」は間違い】別人種、別民族なのだから「日本語と韓国語が通じないのは当たり前」となり、長らく解けなかった疑念が氷解したのです。…

    ポイント

     戦後の日本では「嘘」がまかり通り、この「嘘」を一番良く覚えた者頭の良い人であり成績優秀になり有名大学に入り大学教授、政治家、官僚、新聞、出版社、教師、会社幹部などになっていく

    驚き 2

     そして戦後70年が過ぎても、【わが国だけの特異現象「頭が良く成績優秀な者ほど愚か」というパラドックスから抜け出せていない】ようです。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    学校で教え込まされる自虐史観も、司馬史観も、根本的に同一です♥

    ですから、一事が万事司馬遼太郎が書き残してきた本は、疑ってかかる必要があります。

    そんな司馬遼太郎は、決して子供たちには読ませてはならない作家の一人ですね♥

    ところで、著者が言っている次の言葉は、私たち日本における最も根本的問題のひとつをよく表しています。

    「 戦後の日本では「嘘」がまかり通り、この「嘘」を一番良く覚えた者が頭の良い人であり、成績優秀になり、有名大学に入り、大学教授、政治家、官僚、新聞、出版社、教師、会社幹部などになっていく。

     そして戦後70年が過ぎても、わが国だけの特異現象「頭が良く成績優秀な者ほど愚か」というパラドックスから抜け出せていない・・・」


    同じようなことを、多数の識者が発言していますね♥

    「 日本の場合、教育の部分から変えていく必要があるんだけど、大学に行くと、かえってワケがわかんなくなっちゃう。大学になんて行かずに自分で勉強していれば、「大学で教えている世界史はおかしい」と、すぐにわかるはずなんだけど。
     東大や京大といった有名大学を卒業すれば、そこで教えられたことが「いかにおかしかったか」と言えても、そうじゃない大学(たとえば慶応大学)に行った人は、世界史をよく理解できていないのは自分の偏差値が低いからだと考えてしまう面があるわけです…
     大学はそういう意識、そういうビジネスをつくりだすことに成功した。その端緒がどこにあったのかをケインズ(マクロ経済学を確立したイギリスの経済学者)が教えてくれています。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    もしも、父親が泥棒だったとしたなら ~ 論語の「孝」



    「 世界史というと、教科書のことだと考える人が多数派です。世界史はひとつのものでしかなく、それが教科書に書いてあると思い込んでいる。そういう人は、自分が世界史を知らないのは教科書を勉強しなかったからだと考えている。受験の際は世界史は覚える範囲が広いからといって日本史を選ぶ人もいるし、いちど離れるとそれっきりになってしまう。だから中学校の世界史で止まっていて、そのうえ、そこで勉強したことを忘れている人が多い。
     抵抗せず、与えられたものを素直に覚えられるタイプの人が、いい点をもらってくる。これは頭の善し悪しじゃなくて、先生と性格が似てるか、先生の言うことをそのまま受け入れるかどうからしい。」


    詳しくは、こちらをご参照♥

    新聞社などに入社して上層部にいくのは、どんな人でしょう



    ということで、これからもできるだけ多くの良書をご紹介していきたいと思います♥

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国史
    Published on: Sun,  29 2015 00:00
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment