キツネ狩り

    アルフレッド・コワルスキーの絵画『狩人』
    アルフレッド・コワルスキーの絵画『狩人』

    キツネ狩り(Fox hunting)とは、キツネを対象としたスポーツハンティングブラッド・スポーツとよばれるもののひとつである。

    伝統的にアカギツネを標的とし、猟犬として訓練されたイングリッシュ・フォックスハウンドや馬を用いて集団でキツネを追跡し、殺すスポーツハンティングである。 キツネ狩りは一般の猟とは違い銃でキツネを撃ったりはせず、田園地帯を馬に乗って夢中でキツネを追い回すことを楽しむ

    キツネ狩りのシーズンは11月の第1月曜日からと決まっていた。それ以外に9月に「子狐狩り(カブ・ハンティング)」と呼ばれる経験の浅い狩猟者によるトレーニング期間があった。ラットランド、ノーサンプトンシャー、レスターシャーなど、イギリス中部の田園地帯で盛んだった。

    キツネ狩りは娯楽であると同時に有益な軍事訓練であると見なされていた。軍務に就いている者はキツネ狩りのシーズンに休暇を与えられた。また、ジェントルマンにとっては数少ない運動とスリルが味わえる場であり、舞踏会や食事会などの余興を伴った社交の場でもあった。故に、本格的なキツネ狩りは非常に金のかかる娯楽だった。

    キツネ狩りはフィールドと呼ばれる競技参加者、使用人、そして40-50頭の猟犬と管理者によって行われる。管理者(マスター)は名士であり、名目上猟全体の指揮を執る。実際の手引はハンツマン(猟犬係)と呼ばれる猟犬の育成を任されている使用人が行う。

    まず、早朝に使用人が狩猟場の中の目星をつけておいたキツネの巣穴を塞ぐ。これは追われたキツネが巣穴に潜るのを防ぐためである。昼前に騎乗した競技参加者、猟犬とその管理者が集合場所に集まり、その後カヴァーと呼ばれるキツネが潜んでいそうな茂みに移動する。次にカヴァーの中からキツネを追い出すため猟犬を放つ。出てきたキツネを発見したら見張り役は「タリホー」と叫び、声に合わせてハンツマンは猟犬たちを追跡に向かわせ、競技参加者がその後を追う。

    最終的にキツネは猟犬に殺される殺されたキツネは猟犬に食べられるが尻尾や足を切り落として景品にする場合もあった

    16世紀頃のイギリスで、森林の減少によりそれまでの狩猟対象としていたシカが減少したため、キツネを対象とした狩猟が考えだされた。

    オーストラリア、カナダ、フランス、アイルランド、イタリア、アメリカなど様々な国で行われてきた。2002年にスコットランドで禁止された。2004年11月にイングランドとウェールズで狩りの形態を変えて施行。イギリスでは2005年まで合法的に実施されていた

    狩猟の対象となるアカギツネ
    狩猟の対象となるアカギツネ






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 「蠅」とは地方の党幹部高級官僚国有企業の経営者などだが、「キツネ狩り」という言葉がある。資産を持って海外に逃げた「蠅」を狩り出すことだ。』

    令完成
    令完成

    AI-CR514_CMANHU_M_20150813054714.jpg
    令完成氏が偽名を使って2013年、250万ドルを支払い購入したとされる邸宅(カリフォルニア州ルーミス)

    詳しくはこちらをご参照♥

    中国の「キツネ狩り」に難題、汚職官僚連れ戻しは一苦労

    wall.png

    『 どうやって狩り出すか。

    悩む女の子2

    まず、留学生を使う。留学生の出身はだいたい高級官僚ないしは党の幹部であり、大使館に登録しているから連絡先がわかる。この連中をトレースし、そこから亡命者の居場所を洗い出す。そして、中国にいる彼らの縁戚を片っ端から捕まえ本人に宛てて手紙を書かせるその手紙を持って大使館員が亡命者を訪問し手紙を渡して読ませる

    驚き顔

     手紙には何が書いてあるか。

    悩む女の子2

    「一刻も早く帰って、今までの悪行の償いをしてくれ。かすめた財産を全部、国に返してくれ。それをやってくれないと私は生涯、牢獄から出られない」

     このような内容である。大物になれば捕まる縁戚は1人、2人ではない。3人も4人も抑えつけ、そういう手紙を書かせるのである。

    驚き顔

     ここのポイントは郵便ではなく大使館員が直接訪ねて手紙を渡すことだ。「中国政府はおまえの所在をちゃんと突き止めている」というデモンストレーションである。これは怖いその怖さに拍車をかけるのはアメリカで「キツネ狩り」にFBIが協力していることだ。

    FBI 1
    連邦捜査局本部のフーヴァービル

     数年前にある投資顧問会社が破綻し、8人の日本人幹部のうちの7人がアメリカに逃げた。FBIが日本の警察に力を貸して7人を探し出し、FBI職員が本人のところにいって「国に帰るときに手錠腰紐付きで行くか、それとも成田に行って手錠腰紐付きになるか、どちらにする」と告げた。だから全員、帰ってきて、成田で逮捕された。

    fbi 2

     FBIのやり方は強烈である。例えば吉本興業がある大物芸人の首を切った理由はヤクザとつながりがあったからだが、これはFBIが吉本にたれ込んだ

    驚き顔

     日本国内の芸能市場が小さくなる中で、吉本興業は

    「このままでは駄目だ。国際化しなければいけない。アメリカに店を出したい」

    と考えていた。そこにつけこんでFBIが

    「おたくの大物芸人に山口組のエージェントがいる。その首を切らないでアメリカに進出しようなんてことを考えたらひどい目に遭うぞ」

    と警告した。

    伸介

    吉本は震え上がって売れっ子だった芸人を永久追放せざるを得なかったのである。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    支那のキツネ狩りに関しては、もう国際常識になっているとおり、「外貨の持ち逃げ」が大問題になっていますね♥

    たとえば、こんな風に♥

    周知のように、3兆8400億ドルあるとされる中国の外貨準備は空っぽ。虎の子のドルは、高級幹部や国有企業の経営者によって海外へあらかたが持ち出されている。

    加えて無謀な海外投資、プロジェクトへの出資や外国企業の買収などで外貨準備が底をついた。

    かろうじて保有する米国債券は、ドルと人民元交換の担保であり、全面的に引き揚げるわけにはいかない。だから中国はいま猛烈に外国の金融機関から外貨建てでカネを借り入れている。

    対外プロジェクトにも支払い遅延が生じはじめ、海外で中国企業が展開する大型プロジェクトが資金不足で中断、挫折、撤退が相次いでいる。


    詳しくはこちらをご参照♥

    人民元が紙くずになると確信している中国の一般国民



    要するに、支那当局が発表している外貨準備は、かなりデタラメだって、みんなが知っているんです♥

    重要ポイント

    そんなデタラメな支那の外貨準備ですが、支那自らが公表している数値を見ても、明らかに激減し始めていますね♥

    sinagaikajyunnbu.png
    画像はこちらから♥ ⇒ 2015/08/27 人民元のジレンマ ~実勢に合わせて人民元を調節する圧力~ 熊野 英生

    中国 バブル

    これは、以前にもご説明したとおり、まさにセオリー通りの動きなんです♥

    詳しくはこちらをご参照ください♥

    アジア諸国の植民地からの独立に反対していたのは、中国です



    さきほどのグラフでは、2015年7月までの支那の外貨準備でしたが、直近では、さらに激減しちゃっています♥

    日本経済新聞 ロゴ

    中国、外貨準備高5カ月連続減少 9月末421兆円

    2015/10/7 19:40

    【北京=大越匡洋】中国人民銀行(中央銀行)は7日、9月末の外貨準備高が3兆5141億ドル(約421兆円)と前月末に比べ432億ドル減ったと発表した。減少幅は過去最大だった8月の半分以下に縮小したが、外貨準備高の減少は5カ月連続だ。人民銀は人民元安の加速を食い止めるため外貨準備を取り崩して元買い・米ドル売りの為替介入を続けている。

     人民銀が元相場を買い支えるために元買い・米ドル売りの為替介入を実施するには、米ドルを手元に用意する必要がある。中国は外貨準備で持つ米国債など米ドル建て債を売却しているとみられ、これが外貨準備高の減少につながっている。

     中国の外貨準備高は2014年6月末に4兆ドル近くまで膨らんだ。しかしその後は米利上げ観測や中国経済の減速懸念によって海外からの資金流入が細り外貨準備高は減少傾向に入った。

     さらに中国は今年8月、人民元の売買の基準となる対ドルレート「基準値」の算出方法を改め、その水準を切り下げた。このことが市場で「通貨切り下げで輸出をテコ入れしなければならないほど中国景気は悪い」との警戒感を膨らませ、元相場の先安観が広がった。

     人民銀は過度の元安を抑えるため、大規模な元買い・米ドル売り介入を余儀なくされており、8月末の外貨準備高の前月末比の減少額は939億ドルと過去最大になった。人民銀も主な原因について「為替市場での操作」として介入を認めた

     習近平国家主席は9月の訪米前の米紙の書面インタビューに対し、外貨準備高の減少について「過剰に反応する必要はない」と答えた。人民元の国際化が進むなか、外貨準備高も右肩上がりに増加し続けるのではなく、状況に応じて増減するのが正常だとの立場だ。

     一方で中国当局は過度の元安を抑止する姿勢が鮮明だ。人民銀は15日から銀行に準備金の積み立てを義務付ける元売り規制を強化する。スワップやオプションなどすべての為替デリバティブ(金融派生商品)を対象とする。銀行は元売り・外貨買いの取引で準備金を積み立てるコストを顧客に転嫁する見通しで、元売りを抑える効果がある。

     市場では元の先安観が依然として根強い海外資金の逆流が加速し、減速する中国景気の足を引っ張る恐れもある。


    以上はこちらから♥

    中国、外貨準備高5カ月連続減少 9月末421兆円

    外貨準備の話なのに、わざわざ円安になっているところで円建てで表示するところが、日本経済新聞の劣化を示す良い例ですけどw

    そんなに支那を大きく見せたいんでしょうか♥

    ところで、支那の国家としての財産状況が、どうなっているかご存知でしょうか?

    中国の対外資産負債残高とその構成(2014年末)
    画像はこちらからお借りいたしました♥ ⇒ 「発展段階説」から見た中国の国際収支

    国家全体として見た場合に、外貨準備が異常に大きいってことが、見てとれますね♥

    で、支那の外貨準備が、ちょこっと変わっていまして。。。

    中国の外貨準備の特色

    中国の外貨準備(「公的準備資産」)は2015年7月末で37,254.48億ドルと世界第1位の水準を誇る。第2位の日本が12,423.16億ドルであり、その約3倍の水準である。しかし、国全体で見ると様相が少し変わってくる。2015年3月末の中国の対外資産負債残高表を見ると、総資産は63,808億ドルであり当時の公的準備資産37,848億ドルはその59.3%を占める。これに対し同時点の日本の対外資産総額は953兆1670億円(約79,400億ドル)と中国を上回り外貨準備149兆7250億円は全体の15.7%に過ぎないまた純資産額日本が349兆4610億円(約29,000億ドル)であるのに対し中国は14,038億ドルである。…

    中国の国全体の対外総資産に占める外貨準備の比率が高いのは、過去に外貨集中制がとられていて、外貨を獲得した主体は銀行に外貨を売却する義務があったからでもあるが、外貨集中制が撤廃された後も、人民元高期待が続く中、外貨保有主体が外貨を売却して人民元を購入しようとしたため、銀行間市場で売却される外貨を人民銀行が買い入れざるを得ず、外貨準備が増大し続けたからでもある。この結果、中国では外貨保有に伴う為替リスクは人民銀行に偏在している。2005年7月に人民元が管理された変動相場制に移行して以来、人民元の為替相場はドル、ユーロ、円など主要通貨に対して大きく上昇している外貨準備には、金利収入はあるにしてもかなり大きな為替差損が生じているはずであるしかし、人民銀行のバランスシート上、このような為替差損は明示されない。人民銀行のホームページで公表されている「通貨当局資産負債表」の資産サイドに「外匯」(外貨)という項目がある。人民銀行の説明によると、この項目が「外匯占款」を示すものであり、「外匯占款」とは中央銀行が外貨資産を購入した際に交換に供給した人民元の金額をあらわしている。すなわち、外貨購入時の簿価で計上されていることになる。従って、人民銀行のバランスシートでは為替差損は認識されない


    以上はこちらから♥

    【15-09】外貨準備統計の変更

    もう、おわかりですね♥

    為替の評価損がカウントされていないんです♥

    重要ポイント

    支那の中央銀行が、抱えている為替損失が、計上されていない。

    支那では、国営銀行の不良債権も隠されていますから、中央銀行にも隠された損失があるなら、とんでもないことですね♥

    人民元は、ただの紙切れになってしまうってことなんです♥

    こちらもご参照♥

    偽札が氾濫する国




    最後に、本家本元、元大英帝国の「キツネ狩り」復活について。。。

    産経ロゴ

    英伝統のキツネ狩り復活か 労働党政権が「残酷」で禁止…保守党大勝で10年ぶり

    2015.5.17 14:39
    .
     英紙インディペンデントは16日、英国貴族らが伝統スポーツとして長年続けてきたキツネ狩りが10年ぶりに復活する見通しだと伝えた。2005年に施行された全面禁止法が、禁止反対派の多い与党保守党の総選挙での大勝で廃止される公算が大きくなったためという。

     300年の歴史を持つキツネ狩りはハンターが猟犬と共にキツネを追い回して殺す。「残酷」との批判から当時の労働党政権下で禁止された。ただ伝統文化の継承を訴える声も強く、国論を二分する騒動となった。

     7日に行われた総選挙で、保守党は下院で単独過半数を獲得。同紙によると党内に禁止維持派もいるが、棄権が見込まれる党もあることなどから同法廃止の賛成多数が得られる情勢だという。廃止を審議する時期などは不明。(共同)


    以上はこちらから♥

    英伝統のキツネ狩り復活か 労働党政権が「残酷」で禁止…保守党大勝で10年ぶり.

    これが、英国流ジェントルマンです♥

    300年の伝統を持つ残虐な遊びと同様、世界中の至る所に「植民地」をつくり原住民狩りをしてきた伝統もありますね♥

    こちらもご参照♥

    突然、平和な島国にやってきた「プロテスタントの帝国」 ~ マオリ族の戦い



    何も本質は、変わっていませんね^^

    中には、こういう人も、少しはいるようですけれども。。。

    キツネ狩り反対

    詳しくはこちらをご参照♥

    ポール・マッカートニー、イギリス伝統のキツネ狩りは「残酷で不必要」

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国際
    Published on: Tue,  03 2015 00:00
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment