軍国主義とファシズムは、反対語なんです ~ 丸山眞男の嘘

    ジョセフ・グルー
    ジョセフ・クラーク・グルー(Joseph Clark Grew、1880年5月27日 - 1965年5月25日)は、アメリカ合衆国の外交官。日米開戦時の在日本アメリカ合衆国大使で知日派として知られ、日本の政財界に強力なパイプを持ち、日本の本土決戦回避に尽力した。終戦後にグルーを中心としたジャパンロビーは圧力団体のアメリカ対日協議会を組織した。



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『  【軍国主義とは軍事が国策の最優先事項になる体制のこと】です。軍国主義とは危険思想というより【穏健思想】だということです。

    驚き顔

     一般の人が想像する【近代国家ができる際には、ほとんどの国が軍国主義を経験しています】

    驚き顔

     だって、軍隊がなければ外国から侵略されるし、マフィアなどの組織にやりたい放題されるかもしれない。武器を持って天下統一するというのはまともな国だし、【平和が欲しければ軍国主義をやらなければダメ】なんです。』

    驚き顔

    犯罪組織が国家を乗っ取る事例は、すでに存在しています。
    軍隊が弱いと、こうなっちゃうっていうことなんです♥

    こちらをご参照♥

    フォーリンアフェアーズリポート

    mafiakokka.jpg

    マフィア国家の台頭 融合する政府と犯罪組織



    丸山眞男
    丸山眞男

    『 軍国主義は平和主義の反対だというのは【丸山眞男という人が流したデマです】からね。ここはあえて名前を出させてもらいます。

    こちらもご参照♥

    内田樹の限界



     では、【軍国主義の反対語は何かといえば、ファシズムなんです】軍国主義とファシズムは混同されがちですが、【実際は正反対のもの】なんですよ。

    驚き顔

     ファシズムというのは、【一国一党で、国家の上に独裁党が乗っかっている体制】なんです。たとえば戦前のアメリカ大使のジョセフ・グルーの日記には、「大政翼賛会で日本は一国ゼロ党になったこれでは一国一党のファシズムはできない」というようなことが書いてあります(大政翼賛会は1940年に結成された組織。全政党が解散してこれに加わった)。そういう【現実を無視してしまい、戦前の日本はファシズムだったというレッテル貼りをしたかっただけ】なんですよ。



     【ファシズムというのは、国の上にナチスや共産党やバース党がある体制のこと】です(バース党は一時期、イラクを支配していたことでも知られるアラブ地域内の民族政党)。

    社会主義 独裁者

     【戦後日本の左翼文化人は、ソ連や中国がファシズムであることを隠そうとして、戦前の日本をファシズムだったと決めつけました】

    驚き顔

     ファシストは、国家主義だとか民族主義だとか軍国主義だとかいって煽りますが、【ファシズムと軍国主義は相入れないもの】です。その証拠に、【すべてのファシズム国家で軍部は支配党の宿敵】になっています。ナチスは国防軍に悩まされ続けたし、いまの中国共産党も人民解放軍をどうやって押さえこむかに苦心し続けています。

    驚き顔

     【原理的にはあり得ない】のに、【戦前の日本を軍国主義でファシズムだというのは、原理をわかっていない人の駄弁に過ぎません】ファシズムと軍国主義、国家主義は相入れない一方軍国主義と国家主義は親和性が高いものです。そういうことを本当はわかっていたからこそ【丸山眞男は「超国家主義」なんてことを言いだした】わけですよ。



    こちらをご参照♥

    池田信夫 blog 超国家主義の論理と心理

     この「超」って何かっていえば、渋谷の女子高生チョベリバーとか言ってるぐらいの意味しかないんです。

    驚き顔

    超うざいの超くらいだということです。

    Byd0Yf7CAAAcug3.jpg

    言葉の定義もしっかりしないままレッテル貼りをしていたのが戦後の学界の問題点なのに、丸山眞男の影響力は政治学に限らず歴史学の世界でもいまだにまだすごいですからね。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    丸山眞男のトンデモなさが、良く分かりますね♥

    そのトンデモなさを見事に継承しちゃっている一人が、内田樹です♥

    内田樹

    こちらもご参照♥

    内田樹の限界



    ところで、ファシズム国家の支那が、これまたトンデモないことをやっていましたね?

    W020150831783876419921.jpg

    ファシズム国家の支那「反ファシズム」w これって、完全に自己否定ですね♥

    ヒトラーやスターリンが、「反ファシズムだ!」って言っているようなものです♥

    パロディみたいで、すっごく笑っちゃいましたw

    こちらもご参考♥

    ☆「私的憂国の書」さん / ファシズム国家と誹謗中傷プロパガンダには情報と教育で反論せよ / 道徳の教科化に向けたパブコメにご協力を

    で、そんなファシズム国家である支那は、人民解放軍キチンと管理できていません

    人民解放軍

    支那の軍隊は、もともと軍閥です。軍閥というのは、武装した暴力団のことです♥

    地域ごとに、それぞれ武装暴力団が組を構えていて、それぞれに親分がいて、利権集団となっている。

    これが、支那の軍隊の姿です。そのバラバラになっている親分さんたちが、中央、つまり北京の支那共産党の下に、「形式上」従っているだけに過ぎません♥

    ですから、軍のクーデターも、実際に起こっていますね♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    解体中共結束迫害  いよいよ始まる中国共産党の解体ショー



    中央のコントロールが効かない武装暴力団の人民解放軍

    だから、先日、こんな発言が習近平から飛び出しました♥

    30万人
    中国、兵力30万人削減表明

    朝日新聞なんかは、なぜか好意的に書いているようですけど、これって敵対する軍閥への締め付けに過ぎませんね♥

    さて、どうなることでしょう?

    そもそもコントロールの効かない武装暴力団の各親分さんに、組員を減らせって言ったところで、簡単に言う事を聞く訳がありません♥ 組員組織が大きいってことは、それだけ「シノギ」も「上納金」も多い訳ですから。何が起こるか、楽しみですね~

    こちらもご参照♥

    中国人にとって、「戦争」も商売なんです♥



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 世界史
    Published on: Thu,  17 2015 00:00
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment