西洋人の認識の仕方を学んで、そこから抜け出せない日本人

    cdabce4a.jpg
    エリザベス2世(英語: Elizabeth II、1926年4月21日 - )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主であり、王室属領と海外領土の元首である。また、イングランド国教会の首長。イギリスの君主としてはウィンザー朝の第4代女王でもある。実名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー(英語: Elizabeth Alexandra Mary)。1952年2月6日の即位を以て、イギリス連邦に加盟する独立国家である7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦、パキスタン、セイロンの女王となった。1956年から1992年までの間に、独立を果たしたり、共和制へと移行したりしたことにより、連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は、度々移り変わっていった。2014年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に加え、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスが女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。またクック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、その一部となっている国・地域の中にも女王を元首としているところが存在する。エリザベス2世のこれまでの63年間という在位期間は、イギリスの君主としては、63年7か月に亘って在位したヴィクトリア女王に次いで、史上2番目の長さである。2007年12月20日には、高祖母たるヴィクトリア女王を抜いて、イギリス史上最高齢の君主となった。

    133895805559013202382_PH6_5-1.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    さて、大東亜戦争で、私たちの日本は、アメリカと戦って敗れました。

    日米に巣くうソ連の手先・共産主義者たちによって、日本は戦争へと引き込まれました

    そもそも、そこに至るまでの数百年の歴史を紐解けば、「大英帝国」と「ロシア帝国」の飽くなき覇権争いが背景にあります♥

    ロシア帝国はその後、ユダヤ人の手によって革命を起こされ、社会主義のソビエトが誕生しました。

    ちなみに、当時ユダヤ人の役割を見抜いていたヒトラーも、同様に社会主義です。

    ロシア帝国、その後のソビエト、そして大英帝国が覇権を争った最終地点こそ、私たち日本を含む大東亜でした。

    もちろん、出遅れたアメリカも、覇権争いに参加します。そして、日米が戦争へと・・・

    では、大英帝国は、それまでの間に、一体何をしてきたのでしょうか

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 イギリス人に対するビルマ人の抵抗は…、第一次から第三次まで果敢に戦われましたが1886年に植民地にされると、それから4年間イギリス小さな反抗も許さなかったそうです。反抗が起こった地方の指導者関係者そして家族まで、すべて処刑しています。

    驚き顔

     昔、ローマ帝国の時代には、ローマ軍の兵士一人殺されると、その村の村人を並ばせ、そこから10人に1人の割合で犠牲者を選び出して処刑したものですが、イギリス10人のうちから5人を選んで処刑したといいます。アウンサン・スーチー女史のお父さん、「ビルマ建国の父」といわれるアウンサン将軍もそのやり方で殺されています。もちろん、武器狩りも行われました。

    6345-GenAungSan1.gif
    アウンサン将軍

     いちばん嫌らしいのはイギリスが【ビルマをインド人に統治させたこと】です。これは恐ろしいことなんですね。自ら統治しないで、他人にやらせるわけです。そのため、毎年10万人単位で、【インド人を大量にビルマに入植させた】。毎年10万人ですからね、こんなことやられたら、たまりません。

    驚き顔

     だから、ラングーン(ヤンゴン)の人口構成は、インド系が54%、中国系が7%、イギリス人などが4%、そして【当のビルマ人は36%】と、ざっと3分の1になってしまっています。そして、ビルマに入り込んだインド人や華僑は【ビルマ人を労働者として使った】。商才もビルマ人よりはるかに秀れていたからです。

    驚き顔

     1930年代には、【国土の半分以上が外国人の所有】に帰し、ビルマ人は小作に落ちていったといいます。インド人や華僑の大量投入【イギリスの政策】でビルマ人をだめにすると同時に経済的にも弱体化させることになりました。

    驚き顔

     植民地にしたところの民族をさらに異民族に支配させるという、こういう汚いやり方を続けてきたのがイギリス人です。そういう歴史が【イギリスの歴史】なのです。…

    ad_157409766-e1427771434755.jpg

     このような真の歴史は、「近代世界システム」なんていっている本の中には出てきません



     全然、出てこない。そして、欧米だけが「正義」で、アジア人には序列を付ける。日本は近代化したせいで、「経済的にはまあよろしいが、戦争だけはだめだといってみたり、「あれは白人に抵抗した戦争だから認められないといってみたり…。安倍総理が何かいうと「右翼だ」と決めつける

    驚き 4

     日本の戦争をどう理解するか、どう解釈するか――というのは、【これからの日本にとって非常に重大な案件】になります。したがって、われわれも本来のものの見方に戻らなければなりません。…

    日本を取り戻す

     西洋の文明にはある種の閉鎖性があります。主我的な価値観ですから、「外」を見る彼らの目は一種、【歪んでいます】。日本人は彼らのそうした認識の歪みによって、これまでずいぶん禍(わざわい)を蒙ってきました。日本人自身が経済的にも、商業的にも高い位置に立てば、西洋人のもっている認識の歪みはよりよく見えるようになるはずなのに、そうなれないのは西洋人の認識の仕方を学んでそこから抜け出せない日本人が知識階級にも、指導階級にも圧倒的に多いからです

    驚き 4

     そんな状態だから、【先の戦争の正面の敵はじつはイギリスだった】という真理見抜けなくなってしまうのです。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    西洋人の認識の仕方を学んで、そこから抜け出せない日本人。

    本当に多いですね♥ 困ったものですね♥

    敗戦後、まだ現在のように経済大国になる前の、私たちの日本が一番最初に援助した国、それがビルマでした。



    こちらもご参照♥

    日本人の心 「貧者の一灯」




    そして、最近も、安倍総理が頑張っていますね♥

    000088531.jpg

    000088532.jpg

    詳しくはこちらから♥

    日・ミャンマー首脳会談 平成27年7月4日

    日ミャンマー
    画像はこちらからお借り致しました♥

    ところで、ビルマ、ミャンマーと聞いて思い浮かべるのは、恐らく、この人ではないでしょうか?

    すーちー1

    ノーベル平和賞受賞者ミャンマーのアウン・サン・スーチーです。

    実はこの人、アメリカとイギリスに最も良いようにされている人なんです♥

    アウンサン・スーチーについては、こちらを参照ください♥

    完全な「バナナ」



    そして、支那もまた、悪さばかりしていますね♥

    習近平 (2)

    ミャンマー、違法伐採で中国人153人に終身刑

    wor1507230046-p1.jpg
    カチン州・州都の法廷に移送された違法伐採容疑の中国人=23日(ロイター

    このような、おかしな世界を正すことが出来るのは、私たち日本人しかいません♥

    ヨーロッパを中心とした西洋も、支那を中心とした東洋も、無理なんです♥

    古来より脈々と歴史を受け継いできた、西洋でも東洋でもない、私たちの日本が、世界を正しい方向へと導けるんです♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    ポルトガル人を見下した日本人のおばあちゃん♥



    そのためにも、本当の日本を取り戻しましょう♥

    日本を取り戻す

    安倍総理、頑張って♥

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 世界史
    Published on: Sat,  22 2015 00:00
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    ななし  

    No title

    西欧人というのは、民族毎に特性を見抜いて扱いを変えるんですよね。この民族の特性毎に扱い方を変えるのは狡猾だけど巧みなやり方。民族別にそれぞれやらせる仕事を分けて割り当てたりするのは差別なのだけど、西欧人の中では、民族によって特徴や能力が全く異なっていると言うのは前提になっているんですね。そして差別しているという自覚がしっかり有ってやる。だから差別を無くそうという運動も自覚的にできる。欧米人が差別を無くそうと言う時、お年寄りや子供を守ろうと言うようなニュアンスがあるのは、そのせい。違うからバランスを取ろうと言っているわけで、日本人が差別を無くそうと言う時のように、違いは無いはずだから同じに扱おうというのではない。それ故、白人は黒人にゲタをはかせて取り立てて、実際には見下しているというような事をします。それでも特別に扱っているから差別していないと彼らは言うのです。

    2015/08/22 (Sat) 02:00 | EDIT | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: No title

    ご訪問ありがとうございます。
    すごく分かり易い解説です。アメリカの人種差別についても、いまだに根強いものがありますけど、もともと奴隷制を支持していたのがリベラルな民主党で、奴隷解放を唱えていたのが保守的な共和党だったという事を知らず、まったくアベコベに認識されている日本人が多くいます。人種差別・男女差別、こういった排他的な区分けをするのが白人の思想であって、人種差別撤廃や五族協和を唱えた本来の日本人の思想こそ、世界に誇れる立派な思想だったと思っています。

    2015/08/22 (Sat) 05:32 | REPLY |   

    Post a comment