皇室に忍び寄る「赤いクリスチャン」 ~ 賀川豊彦

    日の丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    さて、「大東亜戦争では、軍部が独走した」、なんて実しやかな嘘が存在しています。

    未だに多くの方々が、そんな誤った知識を持たれたままなんです。

    いわゆる「陸軍悪玉説」です♥ これは、です。デタラメなんです♥

    私たちの日本は諸外国によって戦争に引き込まれていきました

    そして、そんな諸外国と手を組む「裏切り者」が、日本の中枢に居たんです♥

    彼ら、「赤いユダ」の正体を実名で暴いていこうというのが、本書の狙いです。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 昭和二十一年半ばのことである。

     ソフト帽をかぶった身なりのいい初老の紳士が、宮城(きゅうじょう、昭和二十三年七月から皇居)の坂下門をくぐった。…

     元旦の新聞に神格否定の詔書(しょうしょ)が発表され、昨日まで「現人神(あきつかみ)」であった天皇が「人間宣言」をしてからまだ日が浅い。

    賀川豊彦
    賀川豊彦

     天皇がこの日、お召しになった紳士は【賀川豊彦(かがわとよひこ)】といって、プリンストン大学を卒業した【キリスト教社会主義者】である。戦前は【労農運動家として、無産政党運動家として、国内外でその名を知られた活動家】である。

    驚き顔

     賀川【天皇が「キリスト教について勉強するため」に招かれたいわば「神のご進講役」】だった。

    驚き顔

     かつて【賀川は、無産政党運動や「貧民街の聖者」として赤旗を振り、日本を“赤いキリスト教国家”に改変する首謀者】と見られていた。

    赤いキリスト教については、こちらもご参照♥

    本物の「教育勅語」、偽りの「キリストの教え」



     賀川が天皇に拝謁するなどという事態を想像する者は、戦前なら皆無だったろう。だが、いまはすっかり様子が違った。

     時計の針を五ヶ月ほど遡行(そこう)しなければならない。終戦の詔勅(しょうちょく)からまだ旬日(じゅんじつ)あまりという、八月二十六日のことである。

    東久邇宮稔彦
    東久邇宮稔彦

     【東久邇宮稔彦】(ひがしくにのみやなるひこ)首相は、【賀川を代表とする日本のキリスト教指導者数人とアメリカ人宣教師数人を皇居に招き】、次の要に語ったという。

    「わが国は、イエス・キリストの教える新しい倫理を必要としている。仏教も神道も、敵を許せとは教えてくれない。ーー日本が復興するためには、国民生活の基礎にイエス・キリストが必要である」(レイ・ムーア編『天皇がバイブルを読んだ日』)

    驚き顔

    61jLX4vrh2L.jpg

     東久邇宮は、当日の自身の日記にも賀川との会見を記した。

    「午後五時半参内(さんだい)。夕方、賀川豊彦に『戦時中国民の道義心が低下したから、キリスト教を通じ、道義心の向上に努力して貰いたい』と依頼した」(東久邇宮『日記』)

     東久邇宮【軍が彼らに加えた攻撃を詫び日本での今後の活動に大いに期待】すると添えた。

    驚き顔

     ついこの間、【二つもの原爆を落としたキリスト教徒に“道義心向上”の助けを求めるとはいかなる在念だったのかいま考えれば耳を疑いたくなるような話】だ。

    キリスト教徒が日本に対して行ったホロコーストに関してはこちらもご参照♥

    Tokyo was a holocausted city♥



     さらに宮は【賀川豊彦に入閣の要請まで行った】がさすがに実現せず、内閣参与に留まった。

    驚き顔

     【東久邇宮首相が記者団や国会の施政方針演説で語った「一億総懺悔(いちおくそうざんげ)」発言というのは、実は賀川の発案によるもの】だった、と言われている。

     賀川の案であれば、「懺悔」という文言が使われたことも頷けよう。…

    賀川豊彦
    賀川豊彦

     宮中で賀川は約二時間にわたって【天皇にキリスト教の基本的な教義を解説】し、また天皇も多くの質問をした。

     やがて、賀川は聖書(バイブル)の一節を引いて読み始め、天皇は耳を傾けて注意深く聞き入っていた。

     こうして、昭和天皇とキリスト教との強い絆が結ばれるとあとは【一気呵成(いっきかせい)、宮中には聖書が大量に運び込まれ、皇后もまた熱心な信者になるべく努力を開始した】。…

    驚き顔

     昭和二十一年四月から約一年の間、【旧約聖書五万一千八百十九冊新約聖書四十三万二千二十一冊はじめ無数の関係図書がニューヨークなどから送られ】てきた。それらはGHQ民間情報教育局指導による【聖書頒布(はんぷ)運動】の波に乗り、【全国各地に配布されていった】のである。

    驚き顔

     【マッカーサーは“軍服の法王”】であり、まさしく【“福音の紙爆弾”の落とし主】でもあった。…

    t02200162_0290021412955685393.jpg

     昭和二十年十二月の【「神道指令」で「政教分離」を信用したはずのGHQ自らが何もなかったかのように“福音の紙爆弾”を全国津々浦々に撒き散らした】個別の宗教への政治介入と言われても弁解はできない。

     日本聖書協会の会員たちはリュックサック一杯に聖書を詰め、買い出し列車に乗って普及に努めたのだった。』

    昭和天皇 (2)

    いかがでしょうか?

    皇室に忍び寄る「赤いキリスト教」のことが、良く理解できますね♥

    ところで、戦後間もない1948年のこと。

    東久邇宮と賀川豊彦などは、「世界連邦建設同盟」(現:世界連邦運動協会)を創設しました。

    この団体は、「地球上のあらゆる国を無くし唯一の統一政府に統合しよう」と企む運動をしています。

    つまり、地球上に唯一の独裁体制を創り出すことを目指しています。

    こんな妄想を抱く団体は、現在も活動を続けているんです。

    以下は、Wikiからの抜粋です。

    世界連邦運動(せかいれんぽううんどう、World Federalist Movement、WFM)は、世界の全ての国家を統合した世界連邦の成立を目指す国際的な非政府組織である。

    世界連邦運動はモントルー宣言に基づき以下をその活動原則としている。

    ・全世界の諸国、諸民族を全部加盟させる。
    ・世界的に共通な問題については、各国家の主権の一部を世界連邦政府に委譲する。
    ・世界連邦法は「国家」に対してではなく、1人1人の「個人」を対象として適用される。
    各国の軍備は全廃し、世界警察軍を設置する。
    原子力は世界連邦政府のみが所有し、管理する。
    ・世界連邦の経費は各国政府の供出ではなく、個人からの税金でまかなう。

    ◇すなわち、現在国家単位で与えられている国連への参加資格を個人単位に移すことを主眼としている。

    日本では終戦直後に尾崎行雄ら有志の議員が「世界連邦建設に関する決議案」を国会に提出。1948年には世界連邦建設同盟が結成され尾崎行雄が会長に、【賀川豊彦】が副会長となって活動を開始した。また、名誉会長には戦後初の総理大臣【東久邇稔彦】が、第五代会長には湯川秀樹が就任している。世界連邦建設同盟は現在世界連邦運動協会と名を変えて活動している。また、協会の活動を推進するために以下の団体がある。

    世界連邦日本国会委員会
    世界連邦日本宗教委員会
    世界連邦日本仏教徒協議会
    世界連邦全国婦人協議会
    世界連邦宣言自治体全国協議会
    世界連邦推進日本協議会
    世界連邦文化教育推進協議会

    ◆世界連邦日本国会委員会の歴代会長

    初代 松岡駒吉
    第2代 片山哲
    第3代 北村徳太郎
    第4代 笹森順造
    第5代 清瀬一郎
    第6代 益谷秀次
    第7代 船田中
    第8代 福田篤泰
    第9代 櫻内義雄
    第10代 植木光教 → 自由民主党。東京大学時代は学生運動に関わる。クリスチャンでもあったため、東大YMCA代表も務めた。
    第11代 村田敬次郎 → 自由民主党。学生時代にキリスト教の洗礼を受ける。
    第12代 石川要三 → 自由民主党。河野洋平グループ
    第13代 森山眞弓 → 自由民主党。女性初の官房長官。過激なフェミニスト
    第14代 【中野寛成】 → 民主党在日韓国人への参政権付与を主張
    第15代 【鳩山由紀夫】 → 民主党宇宙人
    第16代 【横路孝弘】(現職) → 民主党。大学時代の親友に江田五月がおり、日本社会主義青年同盟の学生班に揃って所属。

    そういえば、日本を戦争へと導いた「赤いユダ」=木戸幸一の三女・井上和子彼女はクリスチャンでした。

    井上和子

    こちらもご参照♥

    西尾幹二のインターネット日録  書評:昭和天皇 七つの謎 


    いかがでしょうか?

    国家同士の戦争が終わり、一見平和な世の中が、私たちの日本では続いてきました。

    でも、実は水面下では、現在も侵略は延々と続いています♥

    支那の尖閣諸島侵略は、あくまでも表面的な事象です。

    支那・朝鮮の反日も、あくまでも表面的な事象です。

    もちろん、許せるはずは、ありませんがw

    でも、もっと深刻なことが、地球上では繰り広げられていますね♥

    共産主義や社会主義は、ユダヤ人が生み出したものです。根っこには、ユダヤ教的考え方があります。それは、キリスト教も同じです♥色々な宗派があっても、些細な解釈の違いであって、根本的な思想に違いはありません。その共産主義や社会主義が表面上の姿を変えたものが、リベラリズムであり、グローバリズムです。

    これらは、簡単に言えば、「同一の宗教」です。

    日本共産党

    日本において、戦争反対から革命運動へと企む人々の姿を見て下さい。

    まさに、革命教の信者の姿ですね♥

    PN2015052601001708_-_-_CI0003.jpg
    革命教の信者

    最近では、こんなバカモノまで・・・

    bg1.jpg

    201508030615437c1.png

    CI7HxNLUYAA8PJL.jpg

    53673498-s.jpg

    そして、案の定、こんな姿も見かけるように成りました♥

    共産主義者

    すべて、革命思想の人たちです♥ 他人の革(皮)を剥いで命を奪い財産を収奪する思想の持ち主です♥

    そういった革命思想が根っこにあるキリスト教が、私たち日本の皇室に忍び寄っているんです。

    キリスト教が、どのような宗教なのかは、歴史を紐解けば、すぐに判ります♥

    以下、簡単にご説明させて頂きます。

    時はまさに大航海時代15世紀末スペインとポルトガルの間に、トルデシリャス条約が結ばれます。当時両国が盛んに船団を送り込んでいた「新世界」における紛争を解決するため、教皇アレクサンデル6世の承認によってヨーロッパ以外の新領土の分割方式を取り決めたものです。

    160.jpg

    ここで重要なのはキリスト教のトップに君臨する「ローマ教皇」さまが、スペインとポルトガルというたった2つの国に対して、私たち日本人も含むすべての人々の共有財産である、この地球を勝手に領有することを認めたっていうところです。植民地にしても良いとキリスト教のトップの「ローマ教皇」さまが決定しお墨付きを与えたんです♥

    私たちの日本は、ポルトガル側に勝手に入れられていました。ですから、日本にポルトガル人が最初にやってきたんです♥

    160 2

    それでは、スペインやポルトガルの敬虔なキリスト教徒の方々は、世界中で、一体何をやってきたのでしょう

    隣人であるはずのアフリカ大陸やアメリカ大陸やアジアの人々に対して何をやってきたのでしょう

    こちらもご参照♥

    世界で南北方向の緯度20度を持つ国では、言語は分裂しています♥



    もう、お分かりですね♥ キリスト教徒は、彼らが口にすることとは正反対で、残虐に横暴に非人道的に隣人に接してきたんです♥

    要するに、キリスト教徒は、残虐なんです♥

    wor1507060030-p1.jpg

    このことは、7月の南米訪問時に、ローマ教皇認める発言をしていますね♥ 非常に長々と続く演説の中に、ほんの僅かですが発言しています(例によって、朝日新聞なんかは、ここだけを取り上げて記事にしちゃってますがw)。

    それでは、見てみましょう♥(全文は、下部にある『TIME』のリンク先からご覧になれます)

    Here I wish to bring up an important issue.
    (ここで私は、重要な問題提起を望みます。)

    Some may rightly say, “When the Pope speaks of colonialism, he overlooks certain actions of the Church”.
    (「ローマ教皇は植民地主義について話すとき、教会のある種の行為を無視する」と確かに口にする人がいるかもしれません)

    I say this to you with regret: many grave sins were committed against the native peoples of America in the name of God.
    (私は遺憾の意をもって、こう述べます。神の名の下に、アメリカ(大陸)の先住民に対して、幾多の重大な罪が犯されました、と。)

    My predecessors acknowledged this, CELAM has said it, and I too wish to say it.
    (私の前任者も、これを認めましたし、、CELAM(Consejo Episcopal Latinoamericano:ラテンアメリカ司教会議)も述べたことがありますし、そして私もまた、それを述べたい。)

    Like Saint John Paul II, I ask that the Church “kneel before God and implore forgiveness for the past and present sins of her sons and daughters”.
    (聖ヨハネ・パウロ二世のように、私は教会に求める、「神の前に跪き、神の子による過去と現在の罪に対する許しを哀願せよ」、と。)

    I would also say, and here I wish to be quite clear, as was Saint John Paul II: I humbly ask forgiveness, not only for the offenses of the Church herself, but also for crimes committed against the native peoples during the so-called conquest of America.
    (私も同様に述べるであろう。そして、聖ヨハネ・パウロ二世もそうであったように、ここに非常に明確にしておきい。教会それ自体の罪だけにとどまらず、いわゆるアメリカ(大陸)征服中に行われた先住民に対する犯罪に関しても、私は慎んで許しを乞いたい。)


    『TIME』Read Pope Francis’ Speech on the Poor and Indigenous Peoples (July 10,2015)

    以上です。たった、これだけなんです圧倒的に少ないんです。ですから、この演説の主題は、もっと別のところにあります。

    それでは、なんて言っているんでしょう?

    hououennzetu.png
    詳しくはこちらから♥ ⇒ ローマ法王南米を歴訪中=過剰な資本主義を強く批判

    ご理解いただけましたでしょうか?

    これって、「キリスト教社会主義」ですね♥ まさに、革命思想です^^

    こちらもご参照♥ ⇒ キリスト教社会主義

    こちらもご参照♥ ⇒ 解放の神学

    そんな発言をするローマ教皇さまが、6月にお会いになったのは、この方でした。

    wor1506110025-p1.jpg

    一体、何を企んでいるんでしょうね♥

    キリスト教には警戒が必要ですね♥

    つい先日も、このような残虐な事件が、キリスト教徒によってなされました♥

    米黒人教会銃撃 ディラン・ルーフ容疑者を逮捕「ヘイトクライム」憎悪犯罪か

    犯行を行ったのは、21歳の男の子です。
    o-DYLANN-ROOF-900.jpg

    キリストの教えに従わず、隣人を無差別殺戮したんです。

    彼の父親は、こういう感じです♥
    29DDE61000000578-0-image-m-5_1434981897818.jpg

    29C9EC9C00000578-0-image-m-20_1434982678502.jpg
    画像はこちらからお借り致しました♥

    キリスト教徒の残虐さが良く分かりますねw

    ところで、トルデシリャス条約を承認した教皇アレクサンデル6世は、有名ですから、こんなドラマにもなっています♥

    ボルジア家 愛と欲望の教皇一族




    「中世ルネサンス期を通じて最も淫蕩で名高いローマ教皇は、アレクサンデル六世です。ボルジア家の出身で、彼ほど聖職者とはいえない人間はいなかったのですが、既に枢機卿時代に他の教会のお偉方と一緒になって高貴な婦人や貴族の令嬢を招いては怪しげな舞踏会や夜会を開き、その際には夫や父親といった男性親族はすべてシャットアウトされました。この好色教皇にとって女性はつねに「女」であり尽きない性欲のはけ口だったのです。例えば、情婦のヴァンノッツア・カタネイは事実上の妻の役割で4人の子供をもうけました。また、そのあとジュリア・ファルネーゼという16歳の少女を美的観賞用として愛人にし、その他にもたくさんの娼婦たちが競って彼の周りに群がっていました。バチカン宮殿のなかに梅毒が蔓延したのも何の不思議もないことでした。」
    こちらもご参照♥

    性病の歴史 

    ご参考までに、私たちの日本の「隣人」のお国でのキリスト教は、こんな感じです♥

    韓国のキリスト教



    そんなキリスト教のトップ「ローマ教皇」さま植民地支配の許可した、その証であるトルデシリャス条約の条約調書の原本が、なんとユネスコの記憶遺産に登録されちゃっています♥

    記憶遺産
    詳しくはこちらから♥

    そこには、こんな風に記載されています。

    「Modification of a demarcation line dividing the world between Spain and Portugal resulted in the birth of Brazil as its eastern end fell within the Portuguese zone. 」

    「結果、ブラジルが生まれた」・・・こう書かれています。でも、違いますね♥ もともと、ブラジルには、キリスト教でもなく、ヨーロッパの白人でもない人々が住んでいたんです。原住民の子孫は、現在も保護区にお住まいです。

    これが、ユネスコの記憶遺産に登録されているんですよw

    可笑しいですね?

    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国史
    Published on: Tue,  18 2015 00:00
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment