FC2ブログ

    「日銀の独立性」を勘違いしてしまう日本人

    日本銀行旧小樽支店金融資料館日本銀行旧小樽支店金融資料館(にっぽんぎんこうきゅうおたるしてんきんゆうしりょうかん、英字表記:The Bank of Japan Otaru Museum)は、北海道小樽市にある資料館。元は日本銀行の小樽支店として機能していた建物であり、2003年から日本銀行の広報施設として再オープンした。建物は現在、小樽市指定文化財に指定されている。入場料無料。所在地は北海道小樽市色内1丁目11番16号。1900年前後、当...

    森友学園問題で、「厳重注意処分」を受けても「出世する」、財務省のスターリン

    岡本薫明(おかもと しげあき)岡本 薫明(おかもと しげあき、1961年2月20日 - )は、日本の財務官僚。財務省大臣官房長、財務省主計局長を経て、財務事務次官。2017年財務省主計局長。2018年森友学園問題に絡み文書厳重注意処分。同年財務事務次官。☆財務次官に改ざん当時の官房長 麻生氏「人事権は俺に」:朝日新聞デジタル戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報...

    (問) 現在、私たち日本の「おカネ」は、2種類ありますが、さて、それは何と何?

    金(かね)の基本的な意味としては、金属(金、銀、銅など)の総称や金属製品の総称であるが、お金(おかね)で貨幣としての黄金も指すようになった。なお、近世の上方では、貨幣として銀を用いたので、「おかね」には「金」ではなく「銀」の字をあてた。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し...

    「減税」をすればするほど、どうなるのでしょう?

    【減税】法律の改正によって税負担額を減少させること。免税点や諸控除の引き上げ,税率の引き下げなどによって行なわれるものを一般減税,特定の所得を課税の対象から除くなど,特定の者にだけ利益を与えるものを政策減税と呼ぶ。減税は必ずしも税負担の絶対額の減少あるいは税負担率の減少を意味しない。たとえば所得課税の場合,減税が行なわれても,所得が増大することによって税負担額が増大することは起こりうるし,累進税率...

    「宗教改革」、「市民革命」、「共産主義革命」に共通するのが「暴力の容認」です

    サン・バルテルミの虐殺 フランソワ・デュボワ(1529-1584), ローザンヌ美術館サン・バルテルミの虐殺(サン・バルテルミのぎゃくさつ フランス語:Massacre de la Saint-Barthélemy)は、1572年8月24日にフランスのカトリックがプロテスタントを大量虐殺した事件である。虐殺跡を視察する母后カトリーヌ・ド・メディシス戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し...

    とうとう「嫌われ恐怖症」に陥った朝日新聞

    嫌われ恐怖症『自分に自信が無い』 『周りからどう見られているのかが気になる』 『常に周りに気を遣っている』 『比較的よく「いい人だ」と言われる』『人に嫌われるのがたまらなく怖い』そんなあなたは間違い無く嫌われ恐怖症の罹患者だろう。 これは主に、そこそこの交友関係を持ち、逆に自分への信頼、すなわち自信が全く無い人間に潜伏、または発症する、地獄の悪疫であり、 極端に重篤化すれば、冗談でも誇張でも無く一直線...

    「年金破綻論」のウソ

    年金(ねんきん、英: pension、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度(ねんきんせいど)も指す。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょ...

    実は「日本経済新聞」は、経済・金融を正しく理解していないんです

    日本経済新聞(にほんけいざいしんぶん、題字:日本經濟新聞、英語: The Nikkei)は、日本経済新聞社の発行する新聞(経済紙)であり、広義の全国紙の一つ。略称は日経(にっけい)、または日経新聞(にっけいしんぶん)。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必...

    メディアの資質をチェックする「リトマス試験紙」

    リトマス(英: litmus)は、リトマスゴケ(Roccella 属)などある種の地衣類から得られる紫色の染料。複数の化学物質の混合物である。CAS登録番号は1393-92-6。主に試験薬として用いられる。リトマス紙では、酸性・アルカリ性が簡単に判定できるため、物事を見極める尺度の比喩表現としても使われる。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私た...

    私たちの日本で、「姓」が無いのは誰でしょう?

    姓(せい)とは、東アジアの漢字文化圏で用いられる血縁集団の名称。その範囲は地域や時代によって変動し、氏や名字といった他の血縁集団名と様々な階層関係にあった。近代以降、ヨーロッパなどの他の文化圏の血縁集団名、家系名の訳語としても用いられている。姓は、名字・苗字(みょうじ)や氏(うじ)とも言い(姓と氏・名字という語は本来の別々の意味を有するが、現在ではほぼ同一の言葉として使われている)、明治時代以降は...

    大切なペットを、「ゼッタイに」、そこら辺にいる獣医師に任せてはダメな理由❤

    BSE問題(ビーエスイーもんだい)とは、2000年代の初頭に発生した、BSE(牛海綿状脳症、Bovine Spongiform Encephalopathy)に関する一連の出来事、事件、またそれらのメディア報道によって発生した社会問題である。BSEをめぐる畜産業(食肉産業)や外食産業にくわえ、一般生活者を巻き込んだ社会現象となった。報道の過熱によって、日本でのBSE感染患者は一人も出なかった(海外で日本人感染者一人)にもかかわらず、BSEが発生し...

    テレビ朝日と朝日新聞の社命で働く「セックス・スレイブ(性奴隷)」

    手配師(てはいし)とは、人材斡旋を業とする者に対する日本における呼称の一つである。古くは請負師ともいい、手段や業態が適法であるか否かに関わらず手数料を取って人材を周旋する者一般を指して用いられた。 戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があり...

    文部科学省と朝日新聞の「癒着」

    癒着(ゆちゃく)とは炎症により、本来離れているべき組織同士が臓器・組織面がくっついてしまうこと。不本意な意味で使われる。逆に本意として離れていた組織に別の組織を固定させることを「生着させる」という。比喩的用法 : 企業や政界などにおいて、本来距離を置くべき存在であるものが、好ましくない状態で強く結び付いていることを、批判的に「癒着」と呼ぶ(民間企業と行政機関・公務員または政治家が慣れ合うなど)。タ...

    テレビ朝日の「セ・リーグ」と「パ・リーグ」

    セクシャルハラスメント(英語: sexual harassment)は、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉であり、相手の意に反する「性的言動」によって不利益を受けたり、労働環境などが害されるハラスメントである。日本では、略してセクハラと言われることもある。パワーハラスメント(和製英語: power harassment)とは、社会的な地位の強い者(政治家、会社社長・役員、大学教授など)が、「自らの権力(パワー)や立場...

    「犯罪報道」と「報道犯罪」 ~ まんまと利用される朝日新聞

    犯罪報道(はんざいほうどう)とは犯罪の報道のこと。報道犯罪(ほうどうはんざい)とは報道による犯罪のこと。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 いったい【「加計」問題】、あるいは【「加計」事...

    「パヨク」と「ゲバルト」 ~ 暴力こそ。。。

     ゲバルト(Gewalt) :  「暴力」を意味するドイツ語の単語(発音は「ゲヴァルトゥ」)。日本では特に左翼学生運動の用語として使われ、「ゲバルト棒(ゲバ棒)」や「内ゲバ」といった言葉の語源と言われる。 戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があ...

    「国賊」 朝日新聞の山下龍一が隠す、テロリストの川野純治らによる「ひめゆりの塔事件」

    ひめゆり学徒隊ひめゆりの塔事件(ひめゆりのとうじけん)は、1975年7月17日に沖縄県糸満市で発生した、日本の新左翼系過激派による皇太子明仁親王(当時)および同妃美智子に対する2つのゲリラ事件の総称である。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があり...