差別の中に平等あり、平等の中に差別あり

    平等(びょうどう) 仏教用語で、物事のあり方が真理の立場から見ればすべて同一であること。仏教には差別即平等・平等即差別といった独特の哲学的解釈がある。これは差別の中に平等あり、平等の中に差別ありとの意で、陶器は焼物として平等だが用法に茶碗・便器の差があるといった実態の総体把握である。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。...

    ゲノムや遺伝子といった「データ」から、将来、分かってしまうこと

    個性(こせい)とは、個人や個体の持つ、それ特有の性質・特徴。特に個人のそれに関しては、パーソナリティと呼ばれる。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 2014年10月4日、宮城県仙台市。 ...