実は、「仲間ハズレ」だった日本国憲法

    アイソーポス(ディエゴ・ベラスケス画)アイソーポス(古代ギリシャ語: Αἴσωπος、Aísōpos、紀元前619年 - 紀元前564年ごろ)は、古代ギリシアの寓話作家。奴隷だったと伝えられる。日本では英語読みのイソップ (Æsop, Aesop [ˈiːsɒp]) という名でイソップ寓話の作者として知られる。多くの寓話を残したが、現在伝わっている「イソップ寓話」すべてがアイソーポスの創作ではない。 「卑怯なコウモリ」(ひきょうなコウモリ)は、...

    かつて存在していた、「日本社会党」という恥ずべき集団。。。そして、今は・・・

    日本社会党(にっぽんしゃかいとう、にほんしゃかいとう 英語: Social Democratic Party of Japan)は、かつて存在した日本の政党。1945年に旧無産政党系の政治勢力を結集して結成され、1996年に社会民主党に改名した。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要...

    「数学」と「俳句」 ~ 日本人にとっての素数

    和歌(わか)とは、短歌型式の古典詩。古典短歌。広義には『万葉集』に所収される歌体の総称。「和歌」の訓は「やまとうた」である。和歌については、素盞嗚尊(すさのおのみこと)が以下の歌を詠んだのがはじまりであるという伝説がある。やくもたつ いづもやへがき つまごみに やへがきつくる そのやへがきを現在和歌といえばこの形式、すなわち五七五七七と句を連ね、三十一字でつづる短歌のことを指す。 古今和歌集仮名序...

    めちゃくちゃアタマの良い人は、「文系アタマ」には存在しません

    めちゃくちゃ〔「めちゃ」を強めた語。「滅茶苦茶」は当て字〕① まるで道理に合わないさま。筋道の通らないさま。めちゃめちゃ。 「 -な話」② 程度のはなはだしいさま。めちゃめちゃ。 「町は-に破壊された」 〔「 -おもしろい」などと,俗に副詞的にも用いる〕③ 非常に混乱したさま。めちゃめちゃ。 「話し合いが-になる」戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の...

    双六(すごろく)は、宗教の考え方を教えるためのものでした

    確率論(かくりつろん、英: probability theory, 仏: théorie des probabilités, 独: Wahrscheinlichkeitstheorie)とは、偶然現象に対して数学的な模型(モデル)を与え、解析する数学の一分野である。もともとサイコロ賭博といった賭博の研究として始まった。現在でも保険や投資などの分野で基礎論として使われる。確率論は16世紀から17世紀にかけてカルダーノ、パスカル、フェルマー、ホイヘンス等によって数学の一分野としての端...

    「同じ」「違う」「順番」という「論理思考」

    ちがひ【違い】 : 違うこと。違っている度合。相違。差。きちがい(英語: Mad、Lunatic)とは、本来は発狂した人間、端的に状態が著しく常軌を逸した人間を指す。漢字では気違い、気狂いと表記する。また、気が違う、気が狂う、気がふれる、狂人(きょうじん)、キチガイ、キ印(キじるし)とも表現する。インターネットスラングでは基地外、または略してキチ、基地と表記することもある。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教...

    中1数学で勉強できる「論理思考」

    ロジカルシンキング(logical thinking)とは、一貫していて筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方のことである。英語でlogical thinking と表記され、その日本語訳として「論理思考」あるいは「論理的思考」と置き換えられることが多いが、いずれも妥当であるかは議論の余地がある。論理思考から連想される、「論理学」は哲学、数学、計算機科学等の一部となる学問分野である。哲学としての論理学は、三段論法に代表されるア...

    量子力学で「誤解」されていること

    瞬間移動(しゅんかんいどう)は、超能力の一種で、物体を離れた空間に転送したり、自分自身が離れた場所に瞬間的に移動したりする現象、及び能力のことである。テレポートもしくはテレポーテーションともいう。念力の一種と考えられている。量子テレポーテーション(りょうしテレポーテーション、英:Quantum teleportation)とは、古典的な情報伝達手段と量子もつれ (Quantum entanglement) の効果を利用して離れた場所に量子状態...

    量子論と、キルケーと、日本国憲法第9条 ~ 魔術は実在するのでしょうか?

    『オデュッセウスにカップを差し出すキルケー』ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス魔術(まじゅつ)とは、仮定上の神秘的な作用を介して不思議のわざを為す営みを概括する用語である。魔法(まほう)とも。人類学や宗教学の用語では呪術という。『キルケー』エミール・レヴィキルケー(古希: Κίρκη, Kirkē, ラテン語: Circe)は、ギリシア神話に登場する魔女(ニュンペー)である。ホメーロスは彼女を女神と呼んでおり、本来は...

    トランプの「ジョーカー(Joker)」は、どうして強いの?

    ジョーカー(Joker)は、トランプの中に含まれる特別なカードである。「ババ」とも呼ばれる。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 では、ここで、【日本と正反対】といっていい【欧米的な精神】をよ...

    「朝日新聞」がフェイクニュースを繰り返す理由を、「数学」を使って考えてみる!!!

    対偶(たいぐう、英: Contraposition)とは、ある命題が成立する場合に、その命題の仮定と結論の両方を否定した命題も成立するという命題同士の関係性の事を言う。命題「AならばB」の対偶は「BでないならAでない」である。通常の数学では、命題「AならばB」の真偽とその対偶「BでないならAでない」の真偽とは必ず一致する(すなわち真理値が等しい)。数学では、元の命題「AならばB」の証明が難しくても、その対偶「BでないならAで...

    数学を知っているか否かが、「人生が充実」するかどうかの決め手です

    ケーニヒスベルク城ケーニヒスベルク城(ドイツ語: Königsberger Schloss, ロシア語: Кёнигсбергский замок)とは、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク(現:ロシアのカリーニングラード州首府カリーニングラード)に存在した城である。第二次世界大戦で破壊され廃墟になった。1968年にソビエト連邦政府によって完全に破壊され、その後は「ソビエトの家」と呼ばれる建物が長い間建設中となっている。第二次世界大戦で破壊された跡...

    朝日新聞は「数学の論理が理解できていない人々」の「集合」です

    契約(けいやく、羅: pactum, 仏: contrat, 英: contract)は、 二人以上の当事者の意思表示が合致することによって成立する法律行為のこと。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 我が国では、第二次...

    差別の中に平等あり、平等の中に差別あり

    平等(びょうどう) 仏教用語で、物事のあり方が真理の立場から見ればすべて同一であること。仏教には差別即平等・平等即差別といった独特の哲学的解釈がある。これは差別の中に平等あり、平等の中に差別ありとの意で、陶器は焼物として平等だが用法に茶碗・便器の差があるといった実態の総体把握である。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。...

    ゲノムや遺伝子といった「データ」から、将来、分かってしまうこと

    個性(こせい)とは、個人や個体の持つ、それ特有の性質・特徴。特に個人のそれに関しては、パーソナリティと呼ばれる。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 2014年10月4日、宮城県仙台市。 ...